アポロ計画とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 計画 > アポロ計画の意味・解説 

アポロ計画 Apollo Program

アメリカ宇宙計画1961年5月ケネディ35大統領宣言により開始された。この計画七つ段階分けられ、1~6段階無人飛行技術的要素を含むテストが行われた。1969年7月16日アームストロングコリンズオルドリンの3飛行士アポロ11号乗り込みサターン5ロケットで月に向かい7月20日アームストロング月面人類最初第一歩を印した。「これは一人人間にとっては単なる一歩だが、人類にとっては偉大な第一歩である」は、彼が月面着地した時の言葉である。11号に続いてコンラッドビーンゴードン12号に、シェパードミッチェルルーサ14号に、スコット、アーウイン、ウオードンが15号に、ヤングデュークマティーン16号に、そしてサーナンシュミットエバンス最後17号に搭乗して月面着陸した。アポロ計画で1972年12月終了するまでに合計400kg近い月面岩石土壌収集され、膨大な量の写真月面軌道上から撮影された。また、宇宙線太陽風検出を含むさまざまな実験観測月面行われた。アポロ宇宙船は、一人乗り司令船(Command Module)、機械船(Service Module)および二人乗り月着陸船Lunar Module)からなっていた。

アポロ計画

12人の宇宙飛行士を月へ送り出したアポロ計画の始動

「アポロ計画」は、本来、有人宇宙船月軌道上にのせる計画でした。しかし、1961年ケネディ大統領(当時)の演説により、月面有人宇宙船着陸成功させる計画変更されました。アポロ計画では最後17号まで合計6回の月面着陸成功し、12人の宇宙飛行士月面送りました。

人類が月におり立つ(アポロ11号)
人類が月におり立つ(アポロ11号)

アポロ宇宙船を打ち上げた、全長110mのサターンロケット

アポロ宇宙船は、サターンV型ロケット打ち上げられました。全長110m、最大直径10m、打上げ重量2941tのロケットで、月までの往復77km飛行できる能力がありました。アポロ宇宙船司令船、機械船、月着陸船3つの部分分かれており、ジェミニ計画蓄積した技術をもとに、自力軌道修正できる制御ブースター備え付けていました。

サターンロケットの打ち上げ(アポロ11号)
サターンロケット打ち上げ(アポロ11号)

「人類の偉大な一歩」を記録したアポロ11号の月面着陸

1969年7月20日午後4時18分、ニール・アームストロング船長エドウィン・オルドリン飛行士は、月着陸船イーグルで「静かの海」に着陸しました。人類ではじめ地球以外の天体到達したのです。人類としてはじめ月面に立ったアームストロング船長第一声は、「これは1人人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な一歩である」でした。2人月面21時間36滞在し、月の石などの資料収集したのち、無事に地球帰還しました。

月面活動をおこなうオルドリン飛行士。向こう側に見えるのはアポロ11号の月着陸船。
月面活動をおこなうオルドリン飛行士向こう側見えるのはアポロ11号月着陸船

月面にしるされた人類の偉大な一歩
月面にしるされた人類偉大な一歩

司令船の爆破事故を克服したアポロ13号、奇跡の生還

1970年4月11日打ち上げられたアポロ13号は、月へ向かう途中司令船の酸素タンク爆発するという事故を起こしました。被害電気生命維持装置などにおよび、飛行士の命にもかかわる大事故でした。船内飛行士地上NASAクルーとの綿密連携奮闘で、アポロ13号は、月面への着陸あきらめ月の軌道を回ったのち、6日後に無事、地球帰還しました。この奇跡の生還は、『アポロ13』という映画にもなり、大ヒットしました。

無事に帰還したアポロ13号の宇宙飛行士たち。先頭はジム・ラベル船長。
無事に帰還したアポロ13号宇宙飛行士たち。先頭ジム・ラベル船長


アポロ計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/30 01:00 UTC 版)

アポロ計画(アポロけいかく、Apollo program)とは、アメリカ航空宇宙局(NASA)による人類初のへの有人宇宙飛行計画である。1961年から1972年にかけて実施され、全6回の有人月面着陸に成功した。




  1. ^ Charles Murray, Catherine Bly Cox (2004) (英語). Apollo. South Mountain Books. pp. p. 39. ISBN 978-0976000808. 
  2. ^ Charles Murray, Catherine Bly Cox (2004) (英語). Apollo. South Mountain Books. pp. p. 45. ISBN 978-0976000808. 
  3. ^ Michael R. Beschloss, "Kennedy and the Decision to Go to the Moon," in Roger D. Launius and Howard E McCurdy, (eds.) (1997) (英語). Spaceflight and the Myth of Presidential Leadership. University of Illinois Press. pp. p. 45. ISBN 978-0252066320. 
  4. ^ Michael R. Beschloss, "Kennedy and the Decision to Go to the Moon," p. 55.
  5. ^ "Discussion of Soviet Man-in-Space Shot," Hearing before the Committee on Science and Astronautics, U.S. House of Representatives, 87th Congress, First Session, April 13, 1961.
  6. ^ Sidey, Hugh (1963) (英語). John F. Kennedy, President. Atheneum. pp. p. 114. 
  7. ^ Kennedy to Johnson, "Memorandum for Vice President," April 20, 1961.
  8. ^ Johnson to Kennedy, "Evaluation of Space Program," April 21, 1961.
  9. ^ John F. Kennedy, "Special Message to the Congress on Urgent National Needs", May 25, 1961
  10. ^ Charles Murray, Catherine Bly Cox (2004) (英語). Apollo. South Mountain Books. pp. pp. 3 - 4. ISBN 978-0976000808. 
  11. ^ NASA Langley Research Center's Contributions to the Apollo Program, NASA Langley Research Center.
  12. ^ John F. Kennedy,"Address at Rice University on the Nation's Space Effort"
  13. ^ Report of the Apollo 204 Review Board, Findings and Recommendations
  14. ^ 初期には月周遊船 (Lunar Excursion Module, LEM) とも呼ばれていた。
  15. ^ Chariots for Apollo, Ch 7-4
  16. ^ Charles Murray, Catherine Bly Cox (2004) (英語). Apollo. South Mountain Books. pp. p. 240. ISBN 978-0976000808. 
  17. ^ アポロに比べて貨物や乗員が地表に近いスペース・シャトル計画では、大量の水を散布して音響を抑制する方式が採用され、現在のスペース・シャトルでも継続して使用されている。Cf. Sound Suppression Water System
  18. ^ James Papike, Grahm Ryder, and Charles Shearer (1998). “Lunar Samples”. Reviews in Mineralogy and Geochemistry 36: 5.1–5.234. 
  19. ^ Burrows, William E. (1999). This New Ocean: The Story of the First Space Age. Modern Library. p. 431. ISBN 0375754857. OCLC 42136309. 
  20. ^ NASA to boldly go... with Lockheed Martin - space - September 1, 2006 - New Scientist Space
  21. ^ Technology Review: Part Apollo, Part Boeing 787
  22. ^ NASA is borrowing ideas from the Apollo - USATODAY.com
  23. ^ Burrows, William E. (1999). This New Ocean: The Story of the First Space Age. Modern Library. p. p. 429. ISBN 0375754857. 
  24. ^ 引田惣弥『全記録 テレビ視聴率50年戦争―そのとき一億人が感動した』講談社、2004年、103-105頁、226頁。ISBN 4062122227
  25. ^ http://www.nasa.gov/mission_pages/apollo/40th/
  26. ^ a b "Houston, We Erased The Apollo 11 Tapes". National Public Radio, July 16, 2009.
  27. ^ a b Borenstein, Seth for AP. "NASA lost moon footage, but Hollywood restores it". Yahoo news, July 16, 2009.
  28. ^ アル・ゴア (2007年3月17日). “An Inconvenient Truth Transcript”. Politics Blog -- a reproduction of the film's transcript. 2007年7月29日閲覧。







アポロ計画と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アポロ計画に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アポロ計画」の関連用語

アポロ計画のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

マリナー1号

飛行機やロケットの無重力実験

宇宙飛行士

宇宙日本食

日本の人工衛星

日本の人工衛星

STS-52

だいち





アポロ計画のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2018.
JAXAJAXA
Copyright 2018 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアポロ計画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS