ソユーズとは?

ソユーズ

別名:ソユーズ宇宙船
英語:Soyuz

ロシア連邦保有する有人宇宙船旧ソ連時代から「ソユーズ計画」として開発が進められている。2011年現在の型は2002年初飛行を行った「ソユーズTMA」である。

ソユーズ本体は3人乗りで米国スペースシャトルなどに比べると非常に小さい。機体は高い完成度を持つとされ、国際宇宙ステーションISS)と地球との間で人員輸送に用いられる他、既に宇宙観光などの商業用途にも使用されている。

2011年6月7日には、日本人宇宙飛行士古川聡搭乗する「ソユーズTMA02M」が、カザフスタン発射台から打ち上げられた。打ち上げ成功し、予定された軌道に乗った。ソユーズは国際宇宙ステーションISS)へのドッキングなどのミッションを行う。

関連サイト
ソユーズ宇宙船について - 宇宙ステーション・きぼう 広報情報センター

ソユーズ [2]ロシア Soyuz

結合の意
旧ソ連有人宇宙船1967年1号から81年40号まで打ち上げられた。

ソユーズ

分類:ロケット


名称:ソユーズ(ソユーズ、ソユーズLソユーズUソユーズU2ソユーズM)(Soyuz)
打ち上げ国名機関:ロシア(CIS)
開発機関会社:ソ連科学アカデミー
打ち上げ場所:バイコヌール宇宙基地
運用開始年:1964年10月12日(ボスホート1号)

1957年ロシア(旧ソ連)は人類史初めての人工衛星スプートニク1号打ち上げ世界をおどろかせました。アメリカとの宇宙レースを、以後しばらくの間ロシアリードできたのにはある工夫がありました。一挙に大きなロケット作るではなくナチス・ドイツ占領後に手に入れたV−2号の技術応用した比較小型ロケットを、横に束ねてやろうというのです。
ソユーズ・ロケットは、1964年ガガーリンによる世界初有人宇宙飛行実現したボストーク・ロケット改良型で、アメリカではそれぞれA-2(SL-4)、A-1(SL-3)と呼ばれています。どちらも有人宇宙船からとった愛称ですが、ソユーズ・クラスの改良型は1967年1号初飛行した有人宇宙船ソユーズよりも以前1964年初飛行した有人宇宙船ボスホート号や、試験的にはさらに前からも使われていました。

1.どんな形をし、どんな性能持っているの?
1段目は、発射時の燃料を含む総重量は101t、直径2.95m、全長27.8m、4基のエンジン推力101.633t。ゼロ段に相当するブースターは各重量42.75t、直径2.68m、全長19.6mで、1段目と同じ燃料構成エンジン4基の各推力は101t。2段目は、直径2.66m、全長6.74m、総重量25.4tで、推力30.408t。0~2段すべて、燃料液体酸素酸化剤ケロシン燃料とする液体ロケットです。
全体打ち上げ総重量は297.4t、積載物(ペイロード)収容部をのぞく全長34.54m、直径2.95m、発射時の実効推力は411t。高度200kmの軌道に、7.05tのペイロードを運ぶことができます

2.打上げ飛行順序はどうなっているの?
0段のブースター発射118噴射し切り離されます。その後も1段目は噴射をつづけ、286秒間の噴射後、2段目ならびにペイロードから分離されます。2段目は250秒間の噴射ののちに、ペイロード分離します。

3.どんなものを打ち上げたの?
ボスホートやソユーズに加えさまざまな科学衛星軍事偵察衛星などに使われ、現在も、中規模積載物(ペイロード)打上げ主力となっています。

4.どのくらい成功しているの?
正確な数字わかりません

5.この他に、同じシリーズでどんな機種があるの?
L,U、U2、Mなどのバリエーションあります。L型はソ連時代有人飛行計画用に作られた着陸船地球軌道飛行実験に使われました。U、U2は、1段・2段の性能を向上、打ち上げ重量の向上をはかったものですが製造ライン問題から、1996年生産中止され、現在、ミール宇宙ステーションへの補給などには旧式のソユーズが使われています。M型は現在、開発中で、さらに打上げ能力が高まることから、高い緯度にあるため今まで機能制限されていた、ロシア本国内の発射基地プレセツクの活用期待されています。


ソユーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/05 00:17 UTC 版)

ソユーズロシア語: Союз)は、ソビエト連邦およびロシア連邦の1 - 3人乗り有人宇宙船である。2人乗りボスホート宇宙船に続くもので、ソ連の有人月旅行計画のために製作されたが、結局有人月旅行計画は実現されなかった。




  1. ^ a b 同盟から連邦へ - ロシアの次世代宇宙船「フィディラーツィヤ」の開発進む”. マイナビ (2016年7月13日). 2018年9月10日閲覧。
  2. ^ a b 安居院 文男 (2007年4月17日). “宇宙空間では、ケロシンは使わない=JAXAのご指摘”. PJ News. http://news.livedoor.com/article/detail/3122878/ 2010年6月20日閲覧。 
  3. ^ Commercial Launch America (PDF)
  4. ^ ボストチヌイの新宇宙基地、初の打上げは2015年”. sorae.jp (2010年4月13日). 2015年4月22日閲覧。
  5. ^ “露が極東に計画の宇宙基地、予算不足で着工遅れ”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2011年10月19日). オリジナルの2011年10月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111020080641/http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111019-OYT1T00959.htm 2011年10月19日閲覧。 
  6. ^ ロシア極東の新宇宙基地、ロケット第1号打ち上げに成功”. AFP通信 (2016年4月28日). 2016年4月28日閲覧。
  7. ^ 古川さん、カザフ草原に帰還…宇宙滞在167日 読売新聞 2011年11月23日閲覧。
  8. ^ 国際宇宙ステーションへのクルー交代/ソユーズ宇宙船交換ミッション JAXA 2012年11月19日閲覧
  9. ^ “宇宙船ソユーズ:打ち上げ失敗 飛行士2人緊急脱出 - 毎日新聞” (日本語). 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20181012/ddm/041/040/097000c 2018年10月11日閲覧。 
  10. ^ “Soyuz MS-11 Blasts Off to ISS From Baikonur Cosmodrome (VIDEO) - Sputnik International”. sputniknews.com. (2018年12月3日). https://sputniknews.com/science/201812031070336838-soyuz-iss-launch/ 
  11. ^ “Soyuz arrives at ISS on first manned mission since October failure AFP.com”. afp.com. (2018年12月3日). https://www.afp.com/en/news/15/soyuz-arrives-iss-first-manned-mission-october-failure-doc-1ba3qa8 
  12. ^ “Soyuz-FG launches Soyuz MS-11 - YouTube”. youtube.com. (2018年12月3日). https://www.youtube.com/watch?v=GMQrbmkM0OY 


「ソユーズ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ソユーズ」の関連用語

ソユーズのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ソユーズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JAXAJAXA
Copyright 2020 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのソユーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS