リードとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 批評家 > リードの意味・解説 

リード【Carol Reed】

読み方:りーど

[1906〜1976英国の映画監督。ドキュメンタリータッチの緊迫感あふれる作風知られる。作「邪魔者は殺せ「第三の男」など。


リード【Herbert Read】

読み方:りーど

18931968英国詩人批評家文芸批評美術批評のほか、政治問題にも言及詩集戦いの終わり」、評論芸術の意味」「芸術と社会」など。


リード【lead】

読み方:りーど

[名](スル)

うまくできるように相手を導くこと。また、先頭に立って集団を導くこと。「—のうまい捕手」「団員を—する」「流行を—する」「時代を—する」

競技競走などで、相手に差をつけて優位に立つこと。「五馬身の—」「赤組3点—している」

野球で、走者次の塁をうかがって塁から進み出ること。「—が大きすぎる

リレーで、前の選手からバトン受け取るときにあらかじめ走っておくこと。

社交ダンスで、男性が、体重移動手のサインなどによって女性を導くこと。

クレー射撃で、標的移動計算に入れて移動方向の先を撃つこと。狙い越し

カーリングで、1投目と2投目を担当する選手

リードクライミング

新聞・雑誌で、見出し次におかれる記事の内容要約した文章前文前書き

10 などに着け引き綱

11 電気引き込み線導線

12 ねじを1回転したときに軸方向に進む距離。

13セールスリード


リード【LEED】


リード【read】

読み方:りーど

読むことまた、コンピューターで、読み込むこと。


リード【reed】

読み方:りーど

リード楽器発音源となる、アシ・竹・金属などでできた薄片空気吹きつけることによって振動させ音を出す。簧(した)。


リード【Thomas Reid】

読み方:りーど

[1710〜1796]英国哲学者常識学派スコットランド学派)の代表者一人


リード [read]

データ読み込むこと。

リード<リード100>

リード(50cc)
通称名 リード<リード100
車名・型式 ホンダBB−AF48<ホンダBD−JF06>
全長×全幅×全高(m) 1.795×0.680×1.060
軸距(m) 1.255
最低地上高(m) 0.115
シート高(m) 0.735
車両重量(kg) 91<99>
乾燥重量(kg) 84<92>
乗車定員(人) 1<2>
最小回転半径(m) 2.0
エンジン型式 AF48E<JF06E>空冷2ストローク単気筒
総排気量(cm3) 49<101>
内径×行程(mm) 40.0×39.3<51.0×49.6>
圧縮比 7.1<6.5>
最高出力(kW[PS]/rpm) 4.3[5.9]/6,750<6.8[9.3]/6,750
最大トルク(N・m[kg・m]/rpm) 6.4[0.65]/6,000<9.9[1.0]/6,000
燃料消費率(?/L) 46.2(30km/h定地走行テスト値)
<43.1(60km/h定地走行テスト値)>
キャブレター型式 APBB1<APBC3>
始動方式 セルフ式(キック併設
点火形式 CDIバッテリー点火
潤滑方式 分離潤滑
燃料タンク容量(L) 7.5
クラッチ形式 乾式多板シュー式
変速機形式 無段変速式(Vマチック
変速比 1 速 2.750〜0.850<2.400〜0.790>
キャスター(度)/トレール(mm) 27°30´/68
タイヤサイズ 3.50-10 41J<100/90-10 56J>
3.50-10 41J<100/90-10 56J>
ブレーキ形式 油圧式ディスク
機械式リーディングトレーリング
懸架方式 テレスコピック
ユニット・スイング
フレーム形式 アンダーボーン

リード


リード

ねじのつる巻き線に沿って軸の回り一周するとき,軸方向に進む距離のことで、一条ねじの場合はリードとピッチ同一となり、多条ねじの場合はピッチ条数掛けた値がリードとなる。上述のように一条ねじではピッチ = リードとなるのでピッチとリードは混同され用いられる場合が多い。

リード

名前 ReadeReadReedReidLeadLeedLeedsRheadRiedWrede

リード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/01 14:38 UTC 版)

リード (Lead, Leed, Lido, Read, Reade, Reid, Reed)




「リード」の続きの解説一覧

リード(簧)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/29 04:21 UTC 版)

気鳴楽器」の記事における「リード(簧)」の解説

詳細は「有簧気鳴楽器を参照 有簧(リード)気鳴楽器は、一枚薄板または一対薄板に対して向けられた奏者の息によって音を出す楽器である。薄板気流周期的に遮断し空気運動引き起こす。有簧気鳴楽器はさらに2つ異なカテゴリー、単簧(英語版)(シングルリード)および複簧ダブルリード楽器細かく分けることができる。前者クラリネット族およびサクソフォーン族を含み後者の例はオーボエ族およびファゴット族である。 有簧気鳴楽器の例 ファゴット A♭クラリネット英語版ドゥドゥク サクソフォーン族 – 左から右へ、E♭アルトサクソフォーン湾曲型B♭ソプラノサクソフォーン、B♭テナーサクソフォーン

※この「リード(簧)」の解説は、「気鳴楽器」の解説の一部です。
「リード(簧)」を含む「気鳴楽器」の記事については、「気鳴楽器」の概要を参照ください。


リード (lead)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/22 23:56 UTC 版)

トランプ用語一覧」の記事における「リード (lead)」の解説

主にトリックテイキングゲームにおいて、トリック最初の1枚を出すこと。

※この「リード (lead)」の解説は、「トランプ用語一覧」の解説の一部です。
「リード (lead)」を含む「トランプ用語一覧」の記事については、「トランプ用語一覧」の概要を参照ください。


リード(ジェシー・リード)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/25 23:39 UTC 版)

ベロベロベースボール」の記事における「リード(ジェシー・リード)」の解説

指名打者タナカクニエ田中邦衛)とそっくりな外国人

※この「リード(ジェシー・リード)」の解説は、「ベロベロベースボール」の解説の一部です。
「リード(ジェシー・リード)」を含む「ベロベロベースボール」の記事については、「ベロベロベースボール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「リード」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

リード

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 05:26 UTC 版)

語源1

英語 lead

名詞

リード

  1. 先導していること、また試合などで優勢なこと。
  2. (陸上競技) リレーバトンを受ける際にあらかじめ走っておくこと。
  3. (野球) 投球前にあらかじめ次のの方向にある程度出ていること。
  4. (野球) 捕手投球組立考え投手へのサインを通じて導くこと。
  5. 新聞などで見出し後の内容まとめた数行文章のこと。

動詞

語源2

英語 reed

名詞

リード

  1. 管楽器発音体として使われる薄い板

「リード」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



リードと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「リード」に関係したコラム

  • 株式銘柄の分類一覧

    株式市場に上場している銘柄は、さまざまなタイプや条件に分類されます。上場している銘柄を分類することにより、そのグループの値動きの特徴をつかんだりすることができます。例えば、条件で分類する場合、時価総額...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2022 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2022 AMEI.OR.JP
HONDAHONDA
COPYRIGHT (C) 2022 Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All Rights Reserved.
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2022 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの気鳴楽器 (改訂履歴)、トランプ用語一覧 (改訂履歴)、ベロベロベースボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのリード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS