リレーとは? わかりやすく解説

リレー【relay】


リレー relay


リレー

名前 Lyle

リレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/07 14:18 UTC 版)

リレー (英語 relay)




「リレー」の続きの解説一覧

リレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/14 09:05 UTC 版)

BabyBus 運動会」の記事における「リレー」の解説

キキチームとミュウミュウチームに別れて競争する小福パパとママ応援し来てくれる途中でジャンジャンバトン渡そうとすると、バトン落ちてしまった。 そのあとテンテン気持ち良さそうに走っていて油断してしまい、結局キキチームの優勝となった

※この「リレー」の解説は、「BabyBus 運動会」の解説の一部です。
「リレー」を含む「BabyBus 運動会」の記事については、「BabyBus 運動会」の概要を参照ください。


リレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 13:38 UTC 版)

数独」の記事における「リレー」の解説

ある問題解答一部そのまま次の問題ヒントとして用いられる

※この「リレー」の解説は、「数独」の解説の一部です。
「リレー」を含む「数独」の記事については、「数独」の概要を参照ください。


リレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 00:42 UTC 版)

トレイル・オリエンテーリング」の記事における「リレー」の解説

リレーは、2人以上の競技者構成されるチーム対抗競技形式で、コースPreO部とTempO部から構成されるPreO部は次の2パターンのコース設定方法がある(1チーム3人として説明する)。 3人合わせて30コントロール設定されている(コントロール数は3の倍数)。第一走者は、30コントロールのうち、任意の10コントロール回答する第二走者は、第一走者回答していない20コントロールのうち、任意の10コントロール回答する第三走者は、第一第二走者回答していない10コントロール回答する競技者ごとに12コントロール設定されている。チームごとに各走者回答するコントロールは、運営者によって割り当てられている。 チーム単位で見ると、回答するコントロールの組み合わせは全チーム同じになっている。 PreOTempOルール個別競技のものと同様であるが、リレーならではのルールとして、競技時間チームとして与えられ時間配分チーム戦略委ねられる点がある。また、PreO部が1のルール行われると、第一第二走者回答するコントロール選択する自由度生じるため、より戦略性が増す。 世界選手権では国別対抗戦として、2015年まで3人分のPreO成績合算したものを採用していたが、2016年から3人1チームのリレーに変更となった

※この「リレー」の解説は、「トレイル・オリエンテーリング」の解説の一部です。
「リレー」を含む「トレイル・オリエンテーリング」の記事については、「トレイル・オリエンテーリング」の概要を参照ください。


リレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 11:27 UTC 版)

インラインスピードスケート」の記事における「リレー」の解説

施行距離トラック15周(3000m) 1チーム3人構成1人周回数は自由。リレーはフィニッシュラインを含む直線行い前の走者次の走者の腰を押すことで行う。

※この「リレー」の解説は、「インラインスピードスケート」の解説の一部です。
「リレー」を含む「インラインスピードスケート」の記事については、「インラインスピードスケート」の概要を参照ください。


リレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 15:40 UTC 版)

クロスカントリースキー」の記事における「リレー」の解説

1チーム構成3名と4名のいずれか走法クラシカルフリーのいずれか大会個別に選択される。4名の場合は2走法採り入れることができるほか、男女混合形式もある。チーム第1走者全員一斉にスタートし順次中継区間で次走者身体触れ責任受け渡しチーム最終走者フィニッシュ着順決勝する。 1名の責任距離は2.53.3、5、7.5、10、各キロメートルであり、「(1チームの人数) X (1名の責任距離) 」と表記する

※この「リレー」の解説は、「クロスカントリースキー」の解説の一部です。
「リレー」を含む「クロスカントリースキー」の記事については、「クロスカントリースキー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「リレー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

リレー

出典:『Wiktionary』 (2021/11/07 15:18 UTC 版)

語源

英語 relay

発音

名詞

リレー

  1. 要所要所に人や馬を配置して物などを渡していくこと。中継
  2. (陸上競技, 水泳, スケート, スキー) 一定距離複数選手分担してレース行い速さ競う競技
  3. (電子工学) 継電器
  4. 時間ごとに放送局変えて放送すること。

関連語

派生語

翻訳

動詞

活用


「リレー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リレー」の関連用語

リレーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リレーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2022. All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリレー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのBabyBus 運動会 (改訂履歴)、数独 (改訂履歴)、トレイル・オリエンテーリング (改訂履歴)、インラインスピードスケート (改訂履歴)、クロスカントリースキー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのリレー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS