消火とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 暮らし > 消火 > 消火の意味・解説 

しょう‐か〔セウクワ〕【消火】

読み方:しょうか

[名](スル)火を消すこと。火事を消すこと。「消防車出動して—する」「—活動

「消火」に似た言葉

消火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 08:19 UTC 版)

消火(しょうか)はと呼ばれる連鎖反応(燃焼)を止めること。火を消す、鎮火ともいう。


  1. ^ ものはなぜ燃えるのか”. 公式ウェブサイト. 消防庁 消防研究センター. 2020年8月9日閲覧。
  2. ^ “爆発で油田火災は消せるの?”. 朝日新聞 be (朝日新聞社). (2016年8月27日). http://www.asahi.com/articles/DA3S12527891.html 2016年8月27日閲覧。 
  3. ^ 上泉信綱伝の『訓閲集』(大江家兵法書を戦国風に改めた兵書)巻二「遊軍の法」に「火を消す時、焼ける火の後ろより消す時は利を得ず、火に向かって消すべし。砂・土をかけて消すべし」と記され、少なくとも戦国期から消火に利用されていることがわかる。


「消火」の続きの解説一覧

消火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 07:48 UTC 版)

電気火災」の記事における「消火」の解説

電気よるものあるため当然ながらでは感電危険性があり消火出来ない電気火災対応した化学消火剤が必要となる。一般家庭においては消火器設置率低く電気火災発生した場合決しで消火せず、速やかに119番通報する必要がある

※この「消火」の解説は、「電気火災」の解説の一部です。
「消火」を含む「電気火災」の記事については、「電気火災」の概要を参照ください。


消火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 03:47 UTC 版)

三國志V」の記事における「消火」の解説

自部隊及び隣接する8マス火を消す

※この「消火」の解説は、「三國志V」の解説の一部です。
「消火」を含む「三國志V」の記事については、「三國志V」の概要を参照ください。


消火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/08 06:03 UTC 版)

エチルtert-ブチルエーテル」の記事における「消火」の解説

2008年東京消防庁消防隊用資器材使用した消火実験結果を以下の様に報告したエタノール濃度高くなるほど消火に時間が必要となる。 エタノール含有率10%程度まではガソリン大きな差違は無い。 ETEB7 の消火にはガソリンと同様合成界面活性剤泡による消火が可能であるE30 に対しては、水溶性液体用泡および水成膜泡を使用すると、合成界面活性剤泡よりも短時間で消火が可能である。 泡消火後の燃料に泡放射10秒間継続することで再着火防止出来た

※この「消火」の解説は、「エチルtert-ブチルエーテル」の解説の一部です。
「消火」を含む「エチルtert-ブチルエーテル」の記事については、「エチルtert-ブチルエーテル」の概要を参照ください。


消火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 05:47 UTC 版)

山火事」の記事における「消火」の解説

航空機ヘリコプターによる散水消火弾投下消防車による放水他に樹木帯状伐採して防火帯形成して自然鎮火を待つといった方法があるが、近年アメリカ合衆国オーストラリアどのように落雷などにより自然に発生した山火事自然のサイクル一現象としてとらえ、人命影響しない限りむやみに消火しないといった方策をとる場合もある。 ロシアには、森林火災人家などに危害及ぼさないなど、消火にかかる費用対効果見られない場合は、火災監視するだけで消火しなくてもよいとする政令2014年-)が存在する空中消火 大規模な火災鎮火させることを目的として、ボーイング747Il-76C130ハーキュリーズなどを改造した大型の空中消火機材も存在する。ただし採算性低く747 スーパータンカーボーイング747改造)のように親会社エバーグリーン航空)の倒産から運用中止に追い込まれケース存在するスモークジャンパー アメリカロシアカナダでは迅速に消防士投入するためにパラシュート使ったスモークジャンパー英語版)を組織している。このスモークジャンパーは、現地到着後、木を切り倒して防火帯作るなどの作業にあたる

※この「消火」の解説は、「山火事」の解説の一部です。
「消火」を含む「山火事」の記事については、「山火事」の概要を参照ください。


消火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 09:57 UTC 版)

「火」記事における「消火」の解説

火は高温であり、さらに火事引き起こすこともあるから、消火を確実に行うことも重要である。火を扱う器具は消火の仕組み備えなければならない固体燃料消火したように見えて高温維持している場合があり、再び発火する危険性があるため、事後の処理に注意を要する現在の主力である気体燃料液体燃料の場合、それを供給する構造があるので、ここを操作して供給絶つことで容易に消火ができる。また、そのあと燃えさし生じない点でも簡便である

※この「消火」の解説は、「火」の解説の一部です。
「消火」を含む「火」の記事については、「火」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「消火」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

消火

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 11:38 UTC 版)

名詞

しょうか

  1. 火を消すこと。

関連語

類義語

翻訳


動詞

活用

サ行変格活用
消火-する

他動詞

  1. 火を消す

自動詞

  1. 火が消える

翻訳


「消火」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



消火と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

消火のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



消火のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの消火 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの電気火災 (改訂履歴)、三國志V (改訂履歴)、エチルtert-ブチルエーテル (改訂履歴)、山火事 (改訂履歴)、火 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの消火 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS