ヒュームとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 歴史 > 歴史家 > ヒュームの意味・解説 

ヒューム【David Hume】

読み方:ひゅーむ

[1711~1776]英国哲学者歴史家。ロック・バークリーとともにイギリス古典経験論代表する精神的実体因果関係客観性否定懐疑論立場をとった。著「人性論」「英国史」など。


ヒューム【fume】

読み方:ひゅーむ

《「フューム」とも》物質加熱昇華によって生じ粉塵煙霧蒸気揮発性粒子


ヒューム

名前 HomeHulmeHume

ヒューム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/03 15:33 UTC 版)

英語の姓など。複数の綴りが同じヒューム [hjuːm] と発音されるが、HomeホームHulme はハルムとも発音する。




「ヒューム」の続きの解説一覧

ヒューム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/28 08:58 UTC 版)

モンスターハンター (ファミ通文庫)」の記事における「ヒューム」の解説

トゥーク父親モンスター図鑑かつての持ち主

※この「ヒューム」の解説は、「モンスターハンター (ファミ通文庫)」の解説の一部です。
「ヒューム」を含む「モンスターハンター (ファミ通文庫)」の記事については、「モンスターハンター (ファミ通文庫)」の概要を参照ください。


ヒューム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/07 07:56 UTC 版)

近世哲学」の記事における「ヒューム」の解説

詳細は「デイヴィッド・ヒュームを参照 デビット・ヒュームは、バークリー観念論継承し自我さえも「感覚の束」であるとしてその実在性を否定した彼は主著人間本性論』において、あらゆる観念理性による基礎付け否定し当時自然科学知見に基づき観念形成過程分析した。ヒュームによれば人間の「知覚」は印象impression)と、そこから創出され観念idea)の二種類分けられるが、全ての観念印象から生まれる。印象は人の意識強く迫ってくるいきいきとしたものであるが、なぜそれが生じるの説明のつかないものであり、観念印象色あせた映像にすぎない。この観念結合することによって知識成立するが、知識には数学論理学のように確実な知識蓋然的知識二種がある。観念結合について「自然的関係」と「哲学的関係」の2種があり、前者は「類似」(similarity)・「時空近接」(contiguity)・「因果関係」(causality)があり、後者は量・質・類似反対および時空同一性因果がある。その上で、ヒュームは、因果関係特徴必然性にあるとしたが、一般に因果関係といわれるpとqのつながりは、人間繰り返し経験する中で習慣」(habit)によって心の中生じた蓋然性でしかない論じ理性による因果関係認識限界示したのであるロックは、経験的実在論基礎に、独我論懐疑論中道求めたのであるが、同じく経験から出発して当初の目的とは正反対の結論導き出されてしまったのである

※この「ヒューム」の解説は、「近世哲学」の解説の一部です。
「ヒューム」を含む「近世哲学」の記事については、「近世哲学」の概要を参照ください。


ヒューム (Hume)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/15 07:38 UTC 版)

ヴァナ・ディール」の記事における「ヒューム (Hume)」の解説

もっとも現実人間に近い。近代的国家バストゥーク共和国の主要構成種族ネーミングは英語、ドイツ語アラビア語日本語系。

※この「ヒューム (Hume)」の解説は、「ヴァナ・ディール」の解説の一部です。
「ヒューム (Hume)」を含む「ヴァナ・ディール」の記事については、「ヴァナ・ディール」の概要を参照ください。


ヒューム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/15 05:35 UTC 版)

啓蒙主義の歴史記述」の記事における「ヒューム」の解説

ヒュームはあらゆる観念理性による基礎付け否定した彼は理性的な認識蓋然的事実どうしの因果関係認識するにとどまるとした。しかし人間そのような蓋然的にすぎないものに依拠しつつ、なぜ普遍的な道徳法則設定することが可能かと言えば、それは共通の社会的基盤立った共感によるからであるとされた。このことはただ神学的な目的論のみならずあらゆる目的論的歴史学拒否するものであったしたがっ彼の歴史研究は、普遍的な歴史法則追求よりも社会そのもの記述向かった

※この「ヒューム」の解説は、「啓蒙主義の歴史記述」の解説の一部です。
「ヒューム」を含む「啓蒙主義の歴史記述」の記事については、「啓蒙主義の歴史記述」の概要を参照ください。


ヒューム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 13:33 UTC 版)

ゴルゴ13 (架空の人物)」の記事における「ヒューム」の解説

MI6部長であり、個人としてゴルゴ13への依頼回数最多ゴルゴルール抵触するような接触依頼繰り返して許せるような信頼関係があると思われるまた、作中ゴルゴが「ヒュームさん」と呼ぶ場面があり(『そして死が残った』)、『イングリッシュローズ』では彼の後継にあたる人物に、「ヒューム家のバラ見事だったということだな?」と彼の存在偲ぶ発言をしている。

※この「ヒューム」の解説は、「ゴルゴ13 (架空の人物)」の解説の一部です。
「ヒューム」を含む「ゴルゴ13 (架空の人物)」の記事については、「ゴルゴ13 (架空の人物)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ヒューム」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ヒューム」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ヒュームと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヒューム」の関連用語

ヒュームのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヒュームのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒューム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのモンスターハンター (ファミ通文庫) (改訂履歴)、近世哲学 (改訂履歴)、ヴァナ・ディール (改訂履歴)、啓蒙主義の歴史記述 (改訂履歴)、ゴルゴ13 (架空の人物) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS