当初の目的とは? わかりやすく解説

当初の目的

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 16:31 UTC 版)

カミオカンデ」の記事における「当初の目的」の解説

前述したとおりカミオカンデ建設の当初の目的は、大統一理論候補多く予想する陽子崩壊観測することであった中でも最もシンプルで有力であったSU(5)理論正しければ少なくとも年に数回陽子崩壊検出可能なように、さらには外国でも同様の実験が行われていたが、複数予想される崩壊形式分岐比も測定可能なように設計された。 予想される崩壊の中で主なものは、陽電子パイ中間子(π0)への崩壊で、π0はすぐに2つ光子崩壊し光子はさらに電子等を散乱したりする。これらの陽電子電子等の発するチェレンコフ光観測することにより、陽子崩壊検出しようとしたのであるSU(5)理論では陽子寿命は1030から1032年予測されていたが、陽子崩壊観測されず、陽子寿命1034年上であることが分った。これによりSU(5)理論否定され大統一理論修正を迫ることになった修正理論でも寿命長くなるものの陽子崩壊予想されているが、実験受け継いだスーパーカミオカンデにおいて2018年現在でも陽子崩壊観測されておらず、陽子寿命少なくとも1.6×1034年上であるとみられている。

※この「当初の目的」の解説は、「カミオカンデ」の解説の一部です。
「当初の目的」を含む「カミオカンデ」の記事については、「カミオカンデ」の概要を参照ください。


当初の目的

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/22 02:26 UTC 版)

ボタニカル・フォト」の記事における「当初の目的」の解説

もともと西洋植物図鑑ボタニカルアート表現されてきた。現在の植物図鑑写真植物の解説等をしているが、植物の分類は花だけではなく、根、種子等を比較して同定される。そのため、ボタニカルアートは、一枚多く画像表現可能で、植物図鑑として適した方法であった写真技法ボタニカルアート制作できれば、より正確な植物の表現可能になる考えられ、その表現技法開発目的とした。開発され技法は、考案され2003年に「ボタニカル・フォト」と命名された。 この技法完成した作品は、2004年から福井総合植物園「プラントピア」で毎年開催される展示会発表されてきた。特に2005年東京上野・国科学博物館での展示会注目された。

※この「当初の目的」の解説は、「ボタニカル・フォト」の解説の一部です。
「当初の目的」を含む「ボタニカル・フォト」の記事については、「ボタニカル・フォト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「当初の目的」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「当初の目的」の関連用語

当初の目的のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



当初の目的のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカミオカンデ (改訂履歴)、ボタニカル・フォト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS