個人としてとは? わかりやすく解説

個人として

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 05:00 UTC 版)

中田英寿」の記事における「個人として」の解説

イタリア語、英語が堪能でスペイン語ポルトガル語フランス語ロシア語でも簡単な会話ができるという。高校生のころからセリエAへの移籍考えてイタリア語勉強を始めイタリアへ渡って2か月後に通訳なしで会話できるようになっていた。さらにボルトンへの移籍会見では、50分間通訳通さず英語で応対イタリアにいるころから英語の家庭教師についており、英語のインタビューには英語で応じていた。 ファッション独特でファッションアイコンとして海外でも有名。2007年米誌ヴァニティ・フェア』で第68回ベストドレッサー男性部門の第8位に選ばれた。「服が好き」と公言しており、ミラノパリファッションショー出没することも多い。現役時代帰国する際のファッションファンマスコミ注目集め「成コレ」(成田コレクションの略)と呼ばれた海外ファッション誌GQ』に10ページに渡って特集されたこともある 。 クールなイメージ多くのCM出演したが、Jリーグデビュー当時前園真聖供に出演した日清ラ王一連のCMシリーズでは、どちらかといえばサッカー選手として絶頂時期であった前園クールな役割だったのに対し中田三枚目的な役割出演しており、今となっては大変珍しCMである。また、無類のゲーマーであり、子供の頃アクションゲームRPGなど、毎日朝から晩までゲームばかりしていたという。『イナズマイレブン2』の隠しキャラクターとして登場依頼引き受けた。『3』には自身プレーしたイタリア代表登場また、漫画好きでもあり、海外に住んでいたときも『週刊少年ジャンプ』『週刊少年マガジン』などの少年誌のほか、『週刊ヤングジャンプ』などの青年誌毎週欠かさず航空便送ってもらい、30年ぐらいかかしたことがなかった。中でもキャプテン翼』はサッカーをはじめきっかけになった。 『nakata.net TV』という自身のテレビ番組企画構成することで、自らが主体となってメディア利用するようになっていった。 2005年貧困問題訴えホワイトバンドプロジェクトのクリッキングフィルムに参加。当プロジェクト日本版は、中田所属事務所サニーサイドアップ協力している。ファッション性の高さもありバンド日本中流行したが、「バンドの購入寄付」ではないことがアナウンスされていなかったと批判された。同プロジェクト2008年10月末に解散した引退後は、旅をしながら様々な慈善活動参加した大の野菜嫌いでも有名で子供の時から食べられるのは潰したジャガイモトマトソースだけで、ハンバーガーは必ず野菜抜き注文をし、バンズケチャップ大量に塗って食べる。野菜食べない理由は「野菜食べて得られるものより、嫌いなもの無理して食べストレスの方影響が大きい」のと、野菜食べると蕁麻疹が出ることがあるからだという。

※この「個人として」の解説は、「中田英寿」の解説の一部です。
「個人として」を含む「中田英寿」の記事については、「中田英寿」の概要を参照ください。


個人として

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 05:07 UTC 版)

岡田克也」の記事における「個人として」の解説

支持者には「真面目でクリーン」といったイメージ捉えられることがあり、「ミスター・クリーン」と呼ばれることもある。その容姿などから「ロボコップ」、原理原則曲げない事から「原理主義者」とあだ名されることもある。 趣味読書映画鑑賞など。他にも音楽レトロなカセットテープ聞くことがあり、GACKTの「君に逢いたくて」を好んでいる。 10代からカエル置物収集している。日本国外出かけた際にも、「安価でどこの国にもあり、また、お土産何を買うかあらかじめ決めておけば悩まなくてもいいから」という理由で、かならず買い求めるようにしている。東京議員会館事務所には、カエル置物大量に飾られている。“カエル”には2つの意味があり、一つは海外へ出張しても、無事妻や子供達の元へ帰る』」という思いもう一つは「政権を『変える』」という意味込められているとされる今日では大手流通グループとなったイオンイオングループ)だが、岡田少年期四日市岡田家岡田屋呉服店)の個人商売発展させた、父が創業したジャスコ三重県中心とした地域企業から関西地方進出して、さらに日本全国へと拡大していく過程であり、父の苦労する姿のほうが印象に残っているという。 高校時代進学していた大阪教育大学附属高等学校池田校舎で、当時学園紛争巻き込まれ同校には後にハーグ事件をおこす西川純らが中心となって学園封鎖」の先頭に立っていた。大多数学生学園封鎖賛成していたが、岡田はごく少数封鎖反対派立場回り、「高校生将来日本背負うために今は勉強すべきだ政治問題学校持ってくることが本末転倒ではないか」と主張し譲らなかったという。 出身地四日市市中部地区四日市公害汚染地区であり、四日市ぜんそくによる犠牲者患者多数いた。四日市岡田家近鉄名古屋線西側堀木自宅があり岡田家金持ち食べ物良く岡田体格が良い健康体となったが、岡田軽度の咳が出た中部西小学校中部中学校同級生昭和28年度生まれ)から<オカラ克也>のニックネーム呼ばれていた。 大学時代勉強より読書夢中だった大学教養課程では佐藤誠三郎名物ゼミ所属し社会科学古典を週に何冊も読んだ当時衝撃受けた本としてドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』挙げ三兄弟の中でイワン共感覚えたという。 尊敬する歴史上の人物として織田信長をあげており、岡田曰く日本の歴史最高の人物だと思う。変革期激動期に、旧来の考えとらわれず信念に基づいて行動したタブーおそれない改革精神実行力見習いたいやり方荒っぽかったが、あの時代はあれしかなかったと思っている」と述べている。 妻の多津子村上水軍末裔家柄自由民主党村上誠一郎衆議院議員の妹である。父の村上信二郎53歳若さ亡くなっていて、村上家家訓は「国家大事に親兄弟屍を乗り越えて戦え」だった。職業医師である。日本最初の女医学校」である東京女子医科大学卒業した神経内科医である。岡田は、司法試験目指して東京大学法律相談所」と云うサークル所属していた。日本史年号暗記苦手な岡田法令記憶苦手で岡田司法試験敗北した。この東京大学法律相談所サークルにいた、村上誠一郎という友人第37回衆議院議員総選挙第38回衆議院議員総選挙出馬した衆議院議員総選挙選挙応援村上候補支援グループに、妹の多津子がいた。まだ東京女子医科大学女学生だったが、この時ばかりは実直な岡田行動素早かった。多津子の兄が選挙区ある愛媛県の愛媛2区選挙活動縛られている間に恋人同士としてデート重ねた岡田は、自分の妹との交際村上誠一郎耳に入った時は「俺の知らない間に自分の父親早く亡くなり父親代わりに育てた妹に手を出して」と、彼が激怒した回想している。 夫婦で、2男1女の3人の子供たちの四日市市立中部西小学校運動会参加していた。平成初期長女昭和61年生まれ)の誘拐未遂事件があり、四日市南警察署による家族へ警備強化された。

※この「個人として」の解説は、「岡田克也」の解説の一部です。
「個人として」を含む「岡田克也」の記事については、「岡田克也」の概要を参照ください。


個人として

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 14:24 UTC 版)

ハワード・フィリップス・ラヴクラフト」の記事における「個人として」の解説

20世紀代表する怪奇作家とも言えるラヴクラフトだが、生前パルプ・マガジン恐怖作家としてそれなりの人気を得ただけで、生活は生涯苦しかったギリシア神話知って7歳の頃から神話興味持ち詩を書くようになったほか、少年時代には化学天文学などにも興味を持つなど、知的に早熟な面を見せたものの、病弱だったため学校にはあまり行かず大学進学も、経済、健康の両面から諦めざるを得ず、のちには、わずかな遺産と、他作家の文章添削生計立て創作による収入わずかであった幼い頃父親をなくし、ラヴクラフト溺愛していた母も早世ラヴクラフト自身1度結婚はしたものの、家計支えていたのは妻のほうであり、その妻の事業失敗ノイローゼ新天地へ移動などですぐに別居生活となり、のち離婚している。このように家庭的に恵まれなかったためか、無類の手紙魔で、自分と同じパルプマガジン作家ファンとの文通人生多くの時間割いた。のちにクトゥルフ神話呼ばれるようになった宇宙史も、そのような同人文通の中で発展していったところが大きいといわれている。

※この「個人として」の解説は、「ハワード・フィリップス・ラヴクラフト」の解説の一部です。
「個人として」を含む「ハワード・フィリップス・ラヴクラフト」の記事については、「ハワード・フィリップス・ラヴクラフト」の概要を参照ください。


個人として

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 15:12 UTC 版)

ジョージ・ワシントン」の記事における「個人として」の解説

アメリカ合衆国建国の父として、首都州名などにその名を残しているアメリカ合衆国憲法下で最初のアメリカ大統領首都ワシントンD.C.ホワイトハウスでの政務を行うことのなかった唯一のアメリカ大統領でもある農園経営傍ら土地投機事業にも熱心であったとされる。これが、植民地人の西部進出制限する本国政策対立したため、反英感情高めひいては独立戦争遠因になったという見方もある。 司教ウィリアム・ミードワシントン飲酒ダンス観劇狩猟といったもの反対する敬虔な人物であるとしたが、ワシントン養子パーク・カーティスの著書にはワシントンダンス狩猟行ったという著述がある。その上酒好きで他の政治家仲間独自の酒を造っていた。 大統領権威下がということで握手をほとんどしなかった。 ワシントンその人を通して歯の問題に悩まされ続けた22歳時に最初の永久歯失い大統領に就任するまでにその残り下の1本になっていた。ジョン・アダムスによればワシントンブラジルナッツを歯で割って食べていたのが原因だというが、最近の歴史家の間では、天然痘マラリアなどの治療用いられ酸化水銀原因で彼は歯を失ったではないか考えられている。ワシントン多くの総義歯所有していたが、そのうちの4セットジョン・グリーンウッドによって作成された。一般的にワシントン総義歯木製だったと信じられているが、実際はそうではなかった。彼が大統領になるころには、総義歯カバ象の牙削って作られ、金のばねでおさえられていた。カバの牙でできたプレート本当の人の歯と、一部馬やロバの歯なども混ぜ埋め込ん作った。歯の問題によってワシントン恒常的に痛み覚えていたため、アヘンチンキ使用していた。このほかワシントン自身が所有する奴隷より歯を抜き、それで作られたセット入れ歯所有していたとされるこういった彼の苦痛現在の1ドル含め就任中に描かれ多くの肖像画表れ大統領3選が確実だったにも関わらず引退したのはクリア発声ができず、演説好まなくなったことが一因とされるアメリカ合衆国首都ワシントンD.C.コロンビア特別区)は彼にちなんで命名された。コロンビア特別区1790年議会での議決により建設されたが、新首都となる地帯湿地であり、19世紀まで大部分は湿地のままであった首都アメリカ合衆国憲法記述される間、南部賛成票を得るため妥協案として、北部大都市ではなく南部土地恒久的な首都として建設されることになったワシントンは、アメリカ陸軍士官学校敷地としてニューヨーク州ウェストポイント選定したアメリカ合衆国の太平洋側北西部位置するワシントン州彼にちなみ命名された。同州大統領の名を付けた唯一の州である。 アメリカ海軍には彼に敬意を表しその名を付けた艦艇多数存在するワシントンという名の艦艇歴代10存在しジョージ・ワシントンという名の艦艇歴代に4隻存在する。(ワシントン曖昧ページを参照ワシントンは、その肖像1ドル紙幣および25セントコインに使用されているワシントンDCジョージ・ワシントン大学彼にちなんで命名された。 ダンス愛好家であり、室内装飾プロでもあった。 1860年江戸幕府使節咸臨丸訪米した。使節メンバーである福沢諭吉ワシントンの子孫の近況知りたい思ったが、娘がいた筈でどうしているか知らないどこかの内室になっている様子案内人冷淡な答え返されたと『福翁自伝』で書き記している。前述の通りワシントン直系の子孫はおらずパチィも1773年死去しているが、ジャッキー息子ジョージ・ワシントン・パーク・カスティスの娘メアリー・アンナ・カスティスが存命ロバート・E・リー嫁いでいた。 1796年にリバティ・ホール・アカデミー(現在ワシントン・アンド・リー大学)へ当時私立の教育機関に対する寄付としては最高の$50,000寄付した。。

※この「個人として」の解説は、「ジョージ・ワシントン」の解説の一部です。
「個人として」を含む「ジョージ・ワシントン」の記事については、「ジョージ・ワシントン」の概要を参照ください。


個人として

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 03:12 UTC 版)

ネマト・シャフィク」の記事における「個人として」の解説

シャフィクには2番目の夫ラファエル・ヨーヴィネ(Raffael Jovine)との間に双子の子供と3人継子がいる。彼女は英語・アラビア語フランス語解する。そしてアメリカとイギリス国籍所持している

※この「個人として」の解説は、「ネマト・シャフィク」の解説の一部です。
「個人として」を含む「ネマト・シャフィク」の記事については、「ネマト・シャフィク」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「個人として」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「個人として」の関連用語

個人としてのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



個人としてのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの中田英寿 (改訂履歴)、岡田克也 (改訂履歴)、ハワード・フィリップス・ラヴクラフト (改訂履歴)、ジョージ・ワシントン (改訂履歴)、ネマト・シャフィク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS