キャプテン翼とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > キャプテン翼の意味・解説 

キャプテン翼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/04 01:02 UTC 版)

キャプテン翼』(キャプテンつばさ)は、高橋陽一による日本サッカー漫画。および、それを原作にした派生作品。サッカーに打ち込む少年達の姿を描き[1]、連載時に日本国内でサッカーブームを起こすと[2][3][4]、後にプロサッカー選手となる多くの選手達に影響を与えた[1][4][5]。略称は「キャプ翼」(キャプつば)[6]、「C翼」。




注釈

  1. ^ デビュー前から本作品が終了する1988年まで高橋の担当編集を務める[20]。『スーパージャンプ』編集長などを経て、2016年より集英社常務取締役を務める[21]
  2. ^ スポーツ漫画では現実の競技が持つ緊張感やスピード感、身体の迫力を表現するために、ページを大きく使ったコマ構成や時には現実離れした大胆な表現手法が用いられることがある[34]京都精華大学准教授で京都国際マンガミュージアム研究員の吉村和真は、その代表例として山田芳裕の陸上競技漫画『デカスロン』を挙げている[34]
  3. ^ 「南葛」という設定は、高橋が平松伸二のアシスタント時代に描いた『番長キーパー』で初めて登場している[22]
  4. ^ 大会方式については、作中の全国中学生サッカー大会では各都道府県ごとの代表47校が出場するが[87]、実在の全国中学校サッカー大会では各地域予選を勝ち抜いた代表32校が出場する[96]

出典

  1. ^ a b 小学館漫画賞事務局 『現代漫画博物館』 小学館2006年、241頁。ISBN 4-09-179003-8
  2. ^ 小学館漫画賞事務局 「別冊・資料編 漫画作家人名事典」『現代漫画博物館』 小学館2006年、46頁。ISBN 4-09-179003-8
  3. ^ a b c d 日本サッカー狂会 『日本サッカー狂会』 国書刊行会2007年、100頁。ISBN 978-4-336-04848-6
  4. ^ a b c 「人を、社会を動かすコミックの影響力」『編集会議』2007年8月号、宣伝会議、20-23頁。
  5. ^ a b c d 西村 1994、249頁
  6. ^ キャプツバ高橋氏「日向は本田と武藤、香川は翼」”. 日刊スポーツ (2015年11月11日). 2016年9月5日閲覧。
  7. ^ a b 海老原 2003、165-166頁
  8. ^ 三ツ谷 2009、164頁
  9. ^ a b c 斉藤 1996、152頁
  10. ^ a b 2014シーズンのプロモーションとして『キャプテン翼』とのコラボレーション決定”. Jリーグ (2014年3月12日). 2014年3月15日閲覧。
  11. ^ a b 「5分でわかるその後の『キャプテン翼』」『Sportiva』2009年6月号、集英社、64-65頁。
  12. ^ a b c d e f マンガの力(3)キャプテン翼の「洗脳」(上)”. asahi.com (2007年11月10日). 2013年12月21日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h i j k マンガの力(4)キャプテン翼の「洗脳」(中)”. asahi.com (2007年11月10日). 2013年12月21日閲覧。
  14. ^ キャプテン翼:シリーズ通巻100巻達成へ 国内累計発行部数は7000万部以上”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2017年6月1日). 2017年6月3日閲覧。
  15. ^ a b 週刊少年ジャンプ 1985、83-84頁
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m 「サッカーの面白さをマンガで伝えたかった スポーツマンガ家インタビュー1 高橋陽一」『編集会議』2004年1月号、宣伝会議、38-41頁。
  17. ^ a b c d e f g h 「"野球少年"全盛期にサッカーのナゼ?『キャプテン翼』高橋陽一の時代感」『編集会議』2007年8月号、宣伝会議、16-19頁。
  18. ^ a b c d e 中野晴行 「FIFAワールドカップサッカー南アフリカ大会開催&『キャプテン翼』30周年 サッカーマンガ・レジェンド再び」『ダ・ヴィンチ』2010年7月号、メディアファクトリー、104-105頁。ASIN B003NG7B8C
  19. ^ a b c d e 細江 2015、19-20頁
  20. ^ 細江 2015、22-23頁
  21. ^ a b 株式会社集英社 常務取締役 鈴木晴彦さんインタビュー”. まんが王国・土佐推進協議会 (2017年12月25日). 2018年5月8日閲覧。
  22. ^ a b c d 高橋、キャラメルママ 2003、284頁
  23. ^ a b c 高橋、キャラメルママ 2003、285頁
  24. ^ a b 西村 1999、221頁
  25. ^ 田邊雅之 (2013年9月18日). “高橋陽一(『キャプテン翼』作者)「カール・ハインツ・シュナイダー誕生秘話」(2/3)”. Number Web - スポーツ総合雑誌ナンバー. 2014年1月21日閲覧。
  26. ^ a b 田邊雅之 (2013年9月18日). “高橋陽一(『キャプテン翼』作者)「カール・ハインツ・シュナイダー誕生秘話」(3/3)”. Number Web - スポーツ総合雑誌ナンバー. 2014年1月21日閲覧。
  27. ^ 高橋、キャラメルママ 2003、281頁
  28. ^ a b c 細江 2015、21-22頁
  29. ^ a b c 高橋、キャラメルママ 2003、294頁
  30. ^ a b c d 漫画情報調査局 『大長編マンガ全貌調査』 メディアファクトリー 2000年、74-77頁。ISBN 4-8401-0007-1
  31. ^ a b 三ツ谷 2009、160頁
  32. ^ 杉本 1995、80-81頁
  33. ^ a b 杉本 1995、81-82頁
  34. ^ a b 吉村和真 「スポーツ漫画」『スポーツの百科事典』 田口貞善 編、丸善2007年、452-453頁。ISBN 978-4-621-07831-0
  35. ^ a b c 大城 1987、101頁
  36. ^ a b 杉本 1995、83頁
  37. ^ a b c 大城 1987、99頁
  38. ^ a b 海老原 2003、165頁
  39. ^ a b 大城 1987、102-103頁
  40. ^ a b c 松田恵示 『交叉する身体と遊び あいまいさの文化社会学』 世界思想社2001年、173頁。ISBN 4-7907-0872-1
  41. ^ 大城 1987、99-101頁
  42. ^ a b c 西村 1999、222-223頁
  43. ^ 大城 1987、103頁
  44. ^ a b c 海老原 2003、166頁
  45. ^ 細江 2015、21頁
  46. ^ 細江 2015、22頁
  47. ^ Mobage(モバゲー)大人気御礼、緊急特別対談!!~完全版 vol.2”. ゆでたまご公式サイト. 2014年3月6日閲覧。
  48. ^ a b 三ツ谷 2009、161-164頁
  49. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 「比較年表 『キャプテン翼』VS日本サッカー史」『Sportiva』2009年6月号、集英社、20-23頁。
  50. ^ 高橋陽一:100巻到達 キャプテン翼は「マンガ家としてのライフワーク」”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2017年7月2日). 2017年7月3日閲覧。
  51. ^ 美容師歴3年の新人が描く美容師マンガ、ヤンジャンで始動”. コミックナタリー (2010年2月4日). 2013年12月28日閲覧。
  52. ^ ヤンジャン次号、キャプ翼がリーガ・エスパニョーラに挑む”. コミックナタリー (2010年2月4日). 2013年12月21日閲覧。
  53. ^ キャプテン翼:シリーズ新作連載へ 五輪の頂点目指す”. MANTANWEB - 毎日新聞デジタル (2013年12月18日). 2013年12月21日閲覧。
  54. ^ 「最強ジャンプ」5月号(4月6日発売)で始まる「キャプテン翼KIDS DREAM」の翼”. スポニチ Sponichi Annex (2018年3月5日). 2018年4月6日閲覧。
  55. ^ 「満場一致で連載決定」ジャンプ発表会で編集長が新連載や島袋光年の読切紹介”. コミックナタリー (2018年3月5日). 2018年4月6日閲覧。
  56. ^ 週刊少年ジャンプ 1985、91-141頁
  57. ^ 高橋、キャラメルママ 2003、274頁
  58. ^ 高橋、キャラメルママ 2003、275頁
  59. ^ 『キャプテン翼短編集 DREAM FIELD 2』 集英社、2006年、62頁。ISBN 978-4088771106
  60. ^ 週刊少年ジャンプ 1985、147-177頁
  61. ^ a b 週刊少年ジャンプ 1985、22-29頁
  62. ^ キャプテン翼 GOLDEN-23 12”. 集英社マンガネット S-MANGA.net. 2014年1月22日閲覧。
  63. ^ a b 「キャプテン翼」最新刊特装版に小学生の翼描いた小冊子”. コミックナタリー (2010年10月19日). 2013年12月21日閲覧。
  64. ^ ジャンプ50周年でキャプ翼、キン肉マン、ろくでなしぶるーちゅなどGJPに”. コミックナタリー (2017年8月23日). 2018年3月13日閲覧。
  65. ^ 月刊ヤンジャン、「キャプテン翼」で高橋陽一がEXILE描く”. コミックナタリー (2010年5月25日). 2013年12月21日閲覧。
  66. ^ 「キャプテン翼」南葛と修哲による対抗戦当日の朝描く読切がグラジャンPに”. コミックナタリー (2018年4月25日). 2018年5月28日閲覧。
  67. ^ a b 高橋、キャラメルママ 2003、25-29頁
  68. ^ a b 高橋、キャラメルママ 2003、39-41頁
  69. ^ 高橋、キャラメルママ 2003、32-33頁
  70. ^ a b 高橋、キャラメルママ 2003、35-37頁
  71. ^ a b 高橋、キャラメルママ 2003、44-45頁
  72. ^ 高橋、キャラメルママ 2003、42-43頁
  73. ^ 高橋、キャラメルママ 2003、46-47頁
  74. ^ 高橋、キャラメルママ 2003、28頁
  75. ^ 高橋、キャラメルママ 2003、29頁
  76. ^ 週刊少年ジャンプ 1985、93頁
  77. ^ 高橋、キャラメルママ 2003、56頁
  78. ^ a b 高橋、キャラメルママ 2003、158-159頁
  79. ^ 田邊雅之 (2013年9月18日). “高橋陽一(『キャプテン翼』作者)「カール・ハインツ・シュナイダー誕生秘話」(1/3)”. Number Web - スポーツ総合雑誌ナンバー. 2014年6月7日閲覧。
  80. ^ 高橋、キャラメルママ 2003、175頁
  81. ^ 高橋、キャラメルママ 2003、198-199頁
  82. ^ 高橋、キャラメルママ 2003、164頁
  83. ^ 高橋、キャラメルママ 2003、191頁
  84. ^ 高橋、キャラメルママ 2003、316頁
  85. ^ 高橋、キャラメルママ 2003、78頁
  86. ^ 高橋、キャラメルママ 2003、126頁
  87. ^ a b 高橋、キャラメルママ 2003、127頁
  88. ^ 高橋、キャラメルママ 2003、181頁
  89. ^ 高橋、キャラメルママ 2003、319頁
  90. ^ 高橋、キャラメルママ 2003、24頁
  91. ^ 高橋、キャラメルママ 2003、162頁
  92. ^ a b c d e キャプテン翼J3狙う!南葛SC発足”. nikkansports.com (2013年12月15日). 2013年12月21日閲覧。
  93. ^ 「キャプテン翼CUPかつしか2016へ行こう!!」『サッカーダイジェスト』2016年1月14日号、日本スポーツ企画出版社、54頁。
  94. ^ 高橋、キャラメルママ 2003、108頁
  95. ^ a b c 特集1 大宮公園サッカー場がリニューアルオープンします (PDF)”. さいたま市. 2007年11月時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月21日閲覧。
  96. ^ 第44回 全国中学校サッカー大会 大会概要”. 日本サッカー協会. 2014年2月6日閲覧。
  97. ^ a b 西村 1999、223頁
  98. ^ a b 週刊少年ジャンプ 1985、85頁
  99. ^ 本田圭佑×キャプ翼「一番好きなのは日向小次郎ですね」”. サッカー瞬間誌 サポティスタ. 2010年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月21日閲覧。
  100. ^ a b キャプテン翼 激闘の軌跡”. J's GOAL. 2013年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月21日閲覧。
  101. ^ 斉藤 1996、159頁
  102. ^ 日本には強化の思想はあっても普及の思想がなかった”. サッカー瞬間誌 サポティスタ. 2011年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月21日閲覧。
  103. ^ 城島充 (2010年4月9日). “セルジオ越後 日本を叱り続けた男の人生”. Number Web - スポーツ総合雑誌ナンバー. 2013年12月21日閲覧。
  104. ^ アニメージュ編集部 『TVアニメ25年史』 徳間書店1988年、140頁。NCID BN11609509
  105. ^ 『キャプテン翼』 TVアニメ版のDVD-BOXが特別価格で再登場!”. CDJournal.com (2010年4月7日). 2016年8月25日閲覧。
  106. ^ a b c d #40「キャプテン翼の情熱」〜漫画家・高橋陽一”. BS日テレ - 百年旅行〜Jリーグのある風景. 2010年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月21日閲覧。
  107. ^ てれとの歴史 1981-2000年”. テレビ東京. 2012年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月21日閲覧。
  108. ^ キャプテン翼J (1994〜1995)”. allcinema. 2013年12月21日閲覧。
  109. ^ キャプテン翼J 見どころ・あらすじ”. TOKYO MX. 2013年12月21日閲覧。
  110. ^ アニメ「キャプテン翼」”. テレビ東京. 2013年12月21日閲覧。
  111. ^ 「キャプテン翼」18年にアニメで復活!設定は現代”. 日刊スポーツ (2017年12月13日). 2018年4月3日閲覧。
  112. ^ DVD キャプテン翼 THE MOVIE 特集”. 東映ビデオ株式会社. 2009年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月13日閲覧。
  113. ^ アニメージュ編集部 『劇場アニメ70年史』 徳間書店、1993年、109-118頁。NCID BN13099662
  114. ^ 新・キャプテン翼(1989)”. allcinema. 2013年12月21日閲覧。
  115. ^ キャプテン翼 最強の敵! オランダユース(1995)”. allcinema. 2013年12月21日閲覧。
  116. ^ キャプテン翼”. コトバンク. 2014年1月18日閲覧。
  117. ^ キャプテン翼”. バンダイ. 2014年1月18日閲覧。
  118. ^ キャプテン翼激闘の記録”. コナミ. 2014年1月18日閲覧。
  119. ^ キャプテン翼(キャプ翼)〜つくろうドリームチーム〜”. KLab株式会社. 2014年1月18日閲覧。
  120. ^ 【速報】KLab、『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』を発表…必殺技・対戦・原作の追体験が楽しめる作品に”. Social Game Info (2017年3月25日). 2017年4月1日閲覧。
  121. ^ a b PS版「キャプテン翼」もうすぐ発売”. ちゆ12歳 (2002年5月9日). 2014年1月18日閲覧。
  122. ^ 【あの開発者はここにいた!】第2回: 伝説の名作『キャプテン翼』を手掛けた鶴田道孝氏に聞く!”. Game Deets.com (2016年6月9日). 2016年8月20日閲覧。
  123. ^ a b c 「キャプテン翼」小学生時代の翼の活躍が、全3巻の小説に”. コミックナタリー (2013年12月5日). 2014年1月18日閲覧。
  124. ^ キャプテン翼:人気サッカーマンガが初の小説化 全3巻で翼の小学生時代描く”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2013年12月5日). 2014年1月18日閲覧。
  125. ^ a b c 「キャプテン翼」舞台化!神技シーンも最新デジタル技術やダンスで再現”. コミックナタリー (2017年2月28日). 2017年2月28日閲覧。
  126. ^ サッカー漫画の名作『キャプテン翼』が初の舞台化「五感で楽しめる舞台を」”. ORICON NEWS (2017年2月28日). 2017年2月28日閲覧。
  127. ^ “初の舞台化 VRで“神技”表現”. 毎日新聞. (2017年2月28日). http://mainichi.jp/articles/20170228/dyo/00m/200/000000c 
  128. ^ 「キャプテン翼」が超体感ステージに!VR駆使して舞台化、総合演出はEBIKEN”. ステージナタリー (2017年2月28日). 2017年2月28日閲覧。
  129. ^ キャプテン翼30周年コンピに国内外サッカーアンセム収録”. ナタリー (2010年4月28日). 2014年3月15日閲覧。
  130. ^ キャプテン翼 激闘の軌跡”. 任天堂ホームページ. 2014年3月15日閲覧。
  131. ^ キャプテン翼スタジアム、6月オープン 高橋氏の念願”. asahi.com (2010年5月14日). 2013年12月21日閲覧。
  132. ^ 「キャプテン翼スタジアム横浜元町」が2014年2月1日にオープン!”. サッカーキング (2013年12月30日). 2014年3月15日閲覧。
  133. ^ 事業概要 FUTSAL”. 株式会社フロムワン. 2016年8月20日閲覧。
  134. ^ 葛飾に「キャプテン翼」銅像 作者出身地、3月お目見え”. asahi.com. 2013年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月21日閲覧。
  135. ^ キャプテン翼の銅像完成 東京・葛飾の公園”. 日本経済新聞 (2013年3月30日). 2013年12月21日閲覧。
  136. ^ 『キャプテン翼』キャラクター銅像先行特別公開”. 葛飾区 (2014年2月24日). 2014年3月15日閲覧。
  137. ^ キャプテン翼像に「若林源三」登場-「仲間が増え翼君も喜ぶ」と原作者”. 葛飾経済新聞 (2014年3月1日). 2014年3月15日閲覧。
  138. ^ キャプテン翼の街”. NHKアナウンスルームBLOG (2014年2月17日). 2014年7月5日閲覧。
  139. ^ a b 「キャプテン翼」も応援、作者出身地で走るバス”. 読売新聞 (2014年6月13日). 2014年7月5日閲覧。
  140. ^ 「キャプテン翼」のラッピングバス 東京・葛飾で”. 日本経済新聞 (2014年6月13日). 2014年7月5日閲覧。
  141. ^ https://store.shopping.yahoo.co.jp/n-kotobuki/1.html?__ysp=44OR44OG44Kj44K544Oq44O8IOOCs%2BODiOODluOCrSDnv7zjgrXjg5bjg6w%3D
  142. ^ http://www.nankatsu-sc.com/6724.html
  143. ^ a b 「キャプテン翼 DREAM PROJECT 2014」始動!!”. 集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト. 2014年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月15日閲覧。
  144. ^ Jリーグ×キャプテン翼 DREAM SHOOT”. キャプテン翼 DREAM PROJECT 2014. 2014年3月15日閲覧。
  145. ^ a b パチンコ「キャプテン翼」イベントでお披露目”. ニッカンアミューズメント (2015年7月19日). 2015年8月29日閲覧。
  146. ^ a b c キャプテン翼 巨大ステンドグラスが浦和美園駅に出現 新たな名所に”. 毎日新聞 (2018年3月11日). 2018年3月31日閲覧。
  147. ^ 浦和美園駅構内に「キャプテン翼」モチーフのステンドグラス 登場人物や名場面”. 浦和経済新聞 (2018年3月12日). 2018年3月31日閲覧。
  148. ^ a b 「『キャプテン翼』がなければJリーグも存在しなかった 川淵三郎(日本サッカー協会名誉会長)」『Sportiva』2009年6月号、集英社、22-23頁。
  149. ^ a b 西村 1999、225頁
  150. ^ 西村 1999、226頁
  151. ^ a b 瓜生吉則 「開拓者『キャプテン翼』」『マンガの居場所』 夏目房之介 編著、NTT出版2003年、256-257頁。ISBN 4-7571-5039-3
  152. ^ a b c d 未来のサッカー日本代表誕生のきっかけとなりたい――「イナズマイレブン」クロスメディアプロジェクト発表会”. ITmedia +D Games (2008年5月14日). 2013年12月21日閲覧。
  153. ^ a b c d 【動画追加】据え置きゲーム機版の準備も! 『イナズマイレブン』がゲーム×マンガ×アニメ×カードゲームで多面展開”. ファミ通.com (2008年5月14日). 2013年12月21日閲覧。
  154. ^ 『キャプ翼』世代の子供たちが『イナイレ』世代に”. サッカー瞬間誌 サポティスタ. 2011年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月21日閲覧。
  155. ^ 来日中のアンリ「キャプテン翼のお陰でサッカー選手になれた」…就活女性にエールも”. サッカーキング (2011年12月1日). 2013年12月21日閲覧。
  156. ^ 「フレイに聞く「あれはGKの物語?」」『Sportiva』2009年6月号、集英社、67頁。
  157. ^ a b c d Sports Graphic Number PLUS』ナンバー35周年特別号 スポーツマンガ最強論、文藝春秋2015年、25-27頁。ISBN 978-4-16-008209-0
  158. ^ Forget Pele, Maradona and Beckenbauer, meet the inspiration behind Torres' career... Japanese cartoon Captain Tsubasa”. DailyMail (2012年12月10日). 2013年12月21日閲覧。
  159. ^ フェルナンド・トーレス「若林が好きだった」”. サッカー瞬間誌 サポティスタ. 2012年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月21日閲覧。
  160. ^ キャプテン翼展 独占インタビュー”. キャプテン翼 DREAM PROJECT 2014 (2014年6月11日). 2014年7月5日閲覧。
  161. ^ Alexis se inspira en "Los Súper Campeones"”. lacuarta.com (2009年11月24日). 2013年12月21日閲覧。
  162. ^ James Rodriguez Is the Best Player of This World Cup”. The New Republic (2014年6月29日). 2014年7月5日閲覧。
  163. ^ 小宮良之 (2014年7月4日). “日本のアニメで育った得点王候補、ハメス・ロドリゲス”. スポルティーバ 公式サイト web Sportiva. 2014年7月5日閲覧。
  164. ^ 話題に事欠かないポドルスキ、“キャプテン翼スパイク”でプレー「ファンなので」”. ゲキサカ (2017年7月29日). 2018年2月5日閲覧。
  165. ^ a b c d e f g h マンガの力(5)キャプテン翼の「洗脳」(下)”. asahi.com (2007年11月10日). 2013年12月21日閲覧。
  166. ^ a b 荻島弘一 (2006年7月1日). “ストライカー育成にFWアニメスターを”. nikkansports.com. 2013年12月21日閲覧。
  167. ^ a b 高橋、キャラメルママ 2003、300頁
  168. ^ a b 浜田 2010、52-53頁
  169. ^ a b 浜田 2010、54-55頁
  170. ^ 植田朝日 『俺のトーキョー! FC東京ラブストーリー』 イースト・プレス2011年、90-91頁。ISBN 978-4-7816-0577-7
  171. ^ a b 開幕試合オープニングイベントでフィールドの貴公子『三杉 淳選手』を特別招待!”. F.C.TOKYO. 2001年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月22日閲覧。
  172. ^ 南葛シューターズ結成8周年&南葛TVvol.3”. 南葛シューターズ オフィシャルブログ (2013年6月28日). 2013年12月21日閲覧。
  173. ^ 一平くんが東京都女子フットサルエントランスリーグ参戦の南葛シューターズを激励”. サッカーキング (2013年5月4日). 2013年12月21日閲覧。
  174. ^ フットサルリーグ熱戦 沼津でフェスタ”. 静岡新聞 (2013年10月29日). 2013年12月21日閲覧。
  175. ^ a b 人気漫画のチーム名で再出発”. NHKニュース. 2013年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月21日閲覧。
  176. ^ a b c 松山 光選手 コンサドーレ札幌に新加入のお知らせ”. コンサドーレ札幌オフィシャルサイト. 2014年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月22日閲覧。
  177. ^ 札幌に「キャプテン翼」松山光が加入 好選手輩出に一役”. スポニチ Sponichi Annex (2014年1月19日). 2016年8月20日閲覧。
  178. ^ 松山光プロジェクト”. コンサドーレ札幌オフィシャルサイト. 2016年8月20日閲覧。
  179. ^ a b Q&A: Stephen Chow”. Premiere Magazine. 2006年8月時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月21日閲覧。
  180. ^ a b 高橋、キャラメルママ 2003、287頁
  181. ^ a b c 在サマーワ連絡事務所より サマーワ「キャプテン翼」大作戦 -給水車が配る夢と希望-”. 外務省 (2004年12月). 2013年12月21日閲覧。
  182. ^ イラクに対するTV番組『キャプテン翼』の提供について”. 外務省 (2006年3月2日). 2013年12月21日閲覧。
  183. ^ ‘Captain Majed’ to be aired in Iraq”. Middle East Online (2006年3月2日). 2013年12月21日閲覧。
  184. ^ a b ドラえもん&マリオ、キャプ翼のツインシュートも!リオ閉会式をWebで公開”. コミックナタリー (2016年8月22日). 2016年8月23日閲覧。
  185. ^ Shinzo "Super Mario" Abe's animated Tokyo 2020 pitch wows Rio”. CBS News.com (2016年8月22日). 2016年8月23日閲覧。
  186. ^ Japan’s Shinzo Abe Pops Up as Super Mario for Olympics Closing Ceremony”. TIME (2016年8月22日). 2016年8月23日閲覧。
  187. ^ El primer ministro de Japón se convierte en Super Mario para presentar Tokio 2020”. El País (2016年8月22日). 2016年8月23日閲覧。
  188. ^ a b 長谷邦夫 『ニッポン漫画家名鑑-漫画家500人のデータブック』 データハウス1994年、199頁。ISBN 4-88718-196-5
  189. ^ 竹内、小山 2006、112頁
  190. ^ 「キャプテン翼」の単行本の巻末に載ったファンレターまとめ”. ちゆ12歳 (2009年4月24日). 2016年3月13日閲覧。
  191. ^ a b 竹内、小山 2006、113頁
  192. ^ 斎藤環 『戦闘美少女の精神分析』 太田出版2000年、178頁。ISBN 4-87233-513-9
  193. ^ 宮台、大塚、石原 1993、184-185頁
  194. ^ 竹内、小山 2006、114-115頁
  195. ^ 時代が漫画に追いついた!『キャプテン翼』を“実演”したJリーガー”. フットボールチャンネル (2013年10月10日). 2013年12月28日閲覧。
  196. ^ 「『キャプテン翼』がくれたもの Jリーガーからのメッセージ」『Sportiva』2009年6月号、集英社、67頁。
  197. ^ 海江田保雄 「『キャプテン翼』とグローバル文化」『よくわかるスポーツ人類学』 寒川恒夫 編、ミネルヴァ書房2017年、95頁。ISBN 978-4-623-08015-1
  198. ^ 宮台、大塚、石原 1993、196頁
  199. ^ 田中直毅 『手ざわりのメディアを求めて 消費社会の現在』 毎日新聞出版1986年、302頁。ISBN 4-620-30352-6
  200. ^ a b c 竹宮恵子 『竹宮恵子のマンガ教室』 集英社2001年、58-61頁。ISBN 4-480-88803-9
  201. ^ 西村 1999、224頁




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「キャプテン翼」の関連用語

キャプテン翼のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



キャプテン翼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキャプテン翼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS