福翁自伝とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 自叙伝 > 福翁自伝の意味・解説 

ふくおうじでん〔フクヲウジデン〕【福翁自伝】

福沢諭吉自叙伝明治32年(1899)刊。平易談話体で、自伝と、明治啓蒙期の時代相を語ったもの。


ふくおうじでん フクヲウジデン 【福翁自伝】


福翁自伝

作者福沢諭吉

収載図書アンソロジー 人間情景 4 こんな人たち
出版社文芸春秋
刊行年月1992.12
シリーズ名文春文庫


福翁自伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 05:53 UTC 版)

福翁自伝』(福翁自傳、ふくおうじでん)は、幕末維新明治洋学者教育者である福澤諭吉晩年の口語文体による自叙伝である。




  1. ^ 富田正文校訂 『新訂 福翁自伝』、岩波書店岩波文庫〉、1978年、ISBN 4-00-331022-5 の「幼少の時」の章にある「門閥制度は親の敵」(14頁)を参照。近代デジタルライブラリーに収録。外部リンクの『福翁自伝』の「幼少の時」の章(10頁)を参照。
  2. ^ 福翁自傳 百二十頁
  3. ^ 部落問題研究所『表現の自由と「差別用語」』(部落問題研究所出版部, 1985)p.150
  4. ^ 『差別表現と糾弾』(解放出版社, 1988)p.210
  5. ^ 1953年版『福翁自伝』校注者はしがき。


「福翁自伝」の続きの解説一覧



福翁自伝と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「福翁自伝」の関連用語

福翁自伝のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



福翁自伝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの福翁自伝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS