世界国尽とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 世界国尽の意味・解説 

せかいくにづくし【世界国尽】


せかいくにづくし【世界国尽】

地誌。三冊。福沢諭吉著。明治二年(一八六九)刊。世界の地理知識暗誦しやすいように七五調文章で記したもの


世界国尽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/28 22:33 UTC 版)

『世界国尽』(せかいくにづくし)は、福澤諭吉の著書のひとつ。正式名称は、『世界國盡』1869年明治2年)の初冬に発行された。世界地理の入門書である。地理以外に、その国の歴史を説明している箇所もある。




注釈

  1. ^ 福澤は『福澤全集緒言』において『世界国尽』について以下のように説明をしている。
    世界国尽
    幾千百年来蟄居ちつきよの人民がにわかに国をひらい世界せかいまじわらんとするには、ずその世界せかい何物なにものにしていずれの方角ほうがくに位するやを知り、その地名ちめいを知りその遠近えんきんを知るは最も大切たいせつなることにして、前年は唐天竺からてんじくとて世界の末端はてと心得たりしに、今は唐天竺からてんじくほか欧羅巴ヨーロツパ亜米利加アメリカ等も出現しゆつげんし来り、したがつて人の眼界がんかいは旧時に幾倍いくばいして広からざるを得ず。眼界がんかいの広きはりもなおさず世界をせまく思うことなれば、かく全国民ぜんこくみんをして世界せかいること日本国内をると同様どうようならしめんと欲し、これついては江戸の各処かくしよに在る寺小屋てらこや手本てほんに、江戸方角ほうがく又は都路みやこじとて、府下東西南北の方角ほうがく地名ちめい等を記し、東海道五十三つぎ順序じゆんじよを五字七字の口調くちようもて面白おもしろ書綴かきつづり、児童じどうをしてその手本てほんの文字を手習てならいすると共にその文句もんく暗誦あんしようして自然しぜん地理ちりを覚えしむるの慣行かんこうにして、江戸方角ほうがく都路みやこじと云えば江戸中の貴賤貧富きせんひんぷかかわらず毎戸毎人まいこまいひとこれを知らざる者なき程の次第なれば、余は之を見てひと首肯うなずき、よし〱日本国中の老若男女ろうにやくなんによをして世界の地理風俗ちりふうぞくを知ること江戸の方角地名ほうがくちめい、東海道の五十三つぎ暗誦あんしようするがごとくならしめんとの一案を起し、にわか書林しよりんに就て江戸方角、都路の版本はんぽんを求め、幾度いくども之を熟読暗誦じゆくどくあんしようして、すなわちその口調くちようならうてつづりたるものは世界国尽せかいくにづくしなり。本文ほんもんのみにては尽さゞるが故に頭書かしらがきを加えて、およそ各地の風俗歴史ふうぞくれきし等の荒増あらましを記したれども、文章ぶんしようきわめて通俗つうぞくを主としていやしく難字なんじを用いず、まぎれもなき寺小屋流てらこやりゆう体裁ていさいなりと信ず。 — 福澤諭吉、『福澤全集緒言』、79-80頁[3]

出典

  1. ^ a b c デジタルで読む福澤諭吉 世界国盡. 一”. 慶應義塾大学メディアセンター. 2017年8月25日閲覧。
  2. ^ 福沢 1981, pp. 103-186。
  3. ^ 『福澤全集緒言』、79-80頁
  4. ^ 桑原 1979, pp. 89-90を参照。
  5. ^ 桑原 1979, pp. 89-117を参照。特に、94 - 95頁に楽譜が掲載されている。96 - 100頁に第1番から第26番までの歌詞が収録されている。
  6. ^ 桑原 1979, pp. 114-115を参照。特に、115頁には『首書絵入世界都路』の序文の一部が掲載されている。


「世界国尽」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「世界国尽」の関連用語

世界国尽のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



世界国尽のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世界国尽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS