近代デジタルライブラリーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 公共機関 > 国立国会図書館 > 近代デジタルライブラリーの意味・解説 

近代デジタルライブラリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 16:58 UTC 版)

近代デジタルライブラリー(きんだいデジタルライブラリー、英語: Digital Library from the Meiji Era[4])は、国立国会図書館明治大正昭和前期の資料を公開するインターネット上の電子図書館。2016年5月末をもって、「国立国会図書館デジタルコレクション」と統合された。(電子図書館事業を参照)  


  1. ^ a b 近代デジタルライブラリーの概要”. 国立国会図書館. 2014年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月6日閲覧。
  2. ^ a b 国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載について”. 国立国会図書館. 2014年8月6日閲覧。
  3. ^ a b 国会図書館、「近代デジタルライブラリー」終了 「デジタルコレクション」に引き継ぎ”. ITmedia (2015年7月21日). 2015年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月24日閲覧。
  4. ^ Digital Library from the Meiji Era” (English). National Diet Library. 2015年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月24日閲覧。
  5. ^ 「国立国会図書館デジタル化資料」と「近代デジタルライブラリー」の違いは何ですか。”. 国立国会図書館. 2012年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月30日閲覧。
  6. ^ ヘルプ・画像ビューア”. 国立国会図書館. 2012年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月30日閲覧。
  7. ^ 「印刷する」ボタンによるPDFファイル作成に、出力コマ数の制限があるのはなぜですか。”. 国立国会図書館. 2012年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月30日閲覧。
  8. ^ 国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載手続が簡便になりました”. 国立国会図書館. 2014年8月6日閲覧。


「近代デジタルライブラリー」の続きの解説一覧

近代デジタルライブラリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/28 22:32 UTC 版)

西洋事情」の記事における「近代デジタルライブラリー」の解説

西洋事情 / 福沢諭吉著,慶應義塾出版局1872年 福沢全集 巻1西洋事情初編)」 / 福沢諭吉著,時事新報社明治31年 福沢全集 巻1西洋事情外編)」 / 福沢諭吉著,時事新報社明治31年 福沢全集 巻1西洋事情二編)」 / 福沢諭吉著,時事新報社明治31年 福沢全集 巻1緒言」 / 福沢諭吉著,時事新報社明治31年 表 話 編 歴 福澤諭吉著作著作単行本増訂通語 - 西洋事情 - 操法 - 西洋旅案内 - 条約十一国記 - 西洋衣食住 - 兵士懐中便覧 - 訓蒙窮理図解 - 洋兵明鑑 - 掌中万国一覧 - 英国議事院談 - 清英交際始末 - 世界国尽 - 啓蒙手習文 - 学問のすゝめ - 童蒙をしへ - かたわ娘 - 改暦弁 - 帳合之法 - 日本地図草紙 - 文字教 - 会議弁 - 文明論之概略 - 学者安心論 - 分権論 - 民間経済録 - 福澤文集 - 通貨論 - 通俗民権論 - 通俗国権論 - 民情一新 - 国会論 - 時事小言 - 時事大勢論 - 帝室論 - 兵論 - 徳育如何 - 学問独立 - 全国徴兵論 - 通俗外交論 - 日本婦人後編 - 士人処世論 - 品行論 - 男女交際論 - 日本男子論 - 尊王論 - 国会前途 - 国会難局の由来 - 治安小言 - 地祖論 - 実業論 - 福翁百話 - 福澤全集緒言 - 福澤全集 - 福澤先生浮世談 - 修業立志編 - 福翁自伝 - 女大学評論 - 新女大学 - 福翁百余話 - 明治十年 丁丑公論 - 瘠我慢の説 この項目は、書籍関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(PJ出版PJ書物/P書物)。項目が文学作品の場合には {{Lit-stub}} を、漫画の場合には {{Manga-stub}} を貼り付けてください。 この項目は、日本の歴史関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:日本/P:歴史/P:歴史学/PJ日本史)。

※この「近代デジタルライブラリー」の解説は、「西洋事情」の解説の一部です。
「近代デジタルライブラリー」を含む「西洋事情」の記事については、「西洋事情」の概要を参照ください。


近代デジタルライブラリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 03:59 UTC 版)

文明論之概略」の記事における「近代デジタルライブラリー」の解説

文明論之概略 / 福沢諭吉著,福沢諭吉1875年 福沢全集 巻3「文明論之概略」 / 福沢諭吉著,時事新報社明治31年 福沢全集 巻1緒言」 / 福沢諭吉著,時事新報社明治31年 表 話 編 歴 福澤諭吉著作 著作単行本増訂通語 - 西洋事情 - 操法 - 西洋旅案内 - 条約十一国記 - 西洋衣食住 - 兵士懐中便覧 - 訓蒙窮理図解 - 洋兵明鑑 - 掌中万国一覧 - 英国議事院談 - 清英交際始末 - 世界国尽 - 啓蒙手習文 - 学問のすゝめ - 童蒙をしへ - かたわ娘 - 改暦弁 - 帳合之法 - 日本地図草紙 - 文字教 - 会議弁 - 文明論之概略 - 学者安心論 - 分権論 - 民間経済録 - 福澤文集 - 通貨論 - 通俗民権論 - 通俗国権論 - 民情一新 - 国会論 - 時事小言 - 時事大勢論 - 帝室論 - 兵論 - 徳育如何 - 学問独立 - 全国徴兵論 - 通俗外交論 - 日本婦人後編 - 士人処世論 - 品行論 - 男女交際論 - 日本男子論 - 尊王論 - 国会前途 - 国会難局の由来 - 治安小言 - 地祖論 - 実業論 - 福翁百話 - 福澤全集緒言 - 福澤全集 - 福澤先生浮世談 - 修業立志編 - 福翁自伝 - 女大学評論 - 新女大学 - 福翁百余話 - 明治十年 丁丑公論 - 瘠我慢の説 .mw-parser-output .asbox{position:relative;overflow:hidden}.mw-parser-output .asbox table{background:transparent}.mw-parser-output .asbox p{margin:0}.mw-parser-output .asbox p+p{margin-top:0.25em}.mw-parser-output .asbox{font-size:90%}.mw-parser-output .asbox-note{font-size:90%}.mw-parser-output .asbox .navbar{position:absolute;top:-0.75em;right:1em;display:none} この項目は、書籍関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(PJ出版PJ書物/P書物)。項目が文学作品の場合には {{Lit-stub}} を、漫画の場合には {{Manga-stub}} を貼り付けてください

※この「近代デジタルライブラリー」の解説は、「文明論之概略」の解説の一部です。
「近代デジタルライブラリー」を含む「文明論之概略」の記事については、「文明論之概略」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「近代デジタルライブラリー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

近代デジタルライブラリーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



近代デジタルライブラリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの近代デジタルライブラリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの西洋事情 (改訂履歴)、文明論之概略 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS