浮世とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 浮世 > 浮世の意味・解説 

ふ‐せい【浮世】

はかないこの世の中。うきよ。


うき‐よ【浮(き)世/憂き世】

《もとは「憂き世」の意》仏教厭世観から、いとうべき現世。つらいことの多い世の中無常この世。「—をはかなむ

散ればこそいとどはめでたけれ—になにか久しかるべき」〈伊勢・八二〉

死後の世に対して、この世の中。現実生活。人生。「—の荒波もまれる」「—の義理

つらいことの多い男女の仲

「—をばかばかり水のはまべにてなみだになごりありやとぞみし」〈かげろふ・中〉

漢語「浮世(ふせい)」を「うきよ」と解して》定めのない、はかない世の中はかない世なら、浮かれて暮らそうという俗世気持ちを含む。→浮世(ふせい)

「—は風波一葉よ」〈閑吟集

「夢の—の、露の命の、わざくれ、なり次第よの、身はなり次第よの」〈隆達節

近世初期から、現世肯定し、享楽的世界をいう》遊里また、遊里で遊ぶこと。

「にはかに—もやめがたく」〈浮・二十不孝・一〉

他の語の上に付いて、当世風今様の、または好色風流などの意を表す。「—絵」「—姿」「—話」

[補説] 本来は、形容詞「憂(う)し」の連体形憂き」に名詞「世」の付いた「憂き世」であったが、漢語「浮世(ふせい)」の影響を受けて、定めない人世世の中をいうように変化し、「浮き世」と書かれるようになった


浮世

読み方:うきよ

  1. 現世のことをいふ。移り変りのはげしい人生といふ意味。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

浮世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/22 02:52 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「浮世」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「浮世」を含むページの一覧/「浮世」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「うきよ」が役に立つかも知れません。

関連項目





浮世と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「浮世」の関連用語

浮世のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



浮世のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの浮世 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS