世界図絵とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 世界図絵の意味・解説 

世界図絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/21 15:19 UTC 版)

世界図絵』(Orbis Pictus)もしくは『目に見える世界図絵』(Orbis Sensualium Pictus)はチェコの教育者コメニウスが1658年に出版した子供向けの教科書である。ラテン語の教科書であると同時に、百科事典に近いものでもあり、子供を対象とした最初の絵本と考えられている[1]


  1. ^ Epstein, Connie C. (1991). The Art of Writing for Children. Archon Books. p. 2. ISBN 0-208-02297-X 
  2. ^ 成田國英『教育方法論』一藝社、2004年、p.59。ISBN 9784901253123


「世界図絵」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「世界図絵」の関連用語

世界図絵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



世界図絵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世界図絵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS