世界土壌資源照合基準とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 世界土壌資源照合基準の意味・解説 

世界土壌資源照合基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/22 01:28 UTC 版)

世界土壌資源照合基準(World Reference Base for Soil Resources、略:WRB、世界の土壌資源―照合基準―)は、土壌図の記録作成、土壌の命名のための国際的な土壌分類方法である。現在有効な版は、2014年の第3版を2015年にアップデートした版である[1]国際科学会議メンバーの世界土壌科学連合英語版(旧:世界土壌科学会議)のワーキンググループが編纂している。


  1. ^ IUSS Working Group WRB. “World Reference Base for Soil Resources 2014, Update 2015”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  2. ^ H.-P. Blume, P. Schad (2015年). “90 Years of Soil Classification of the IUSS”. IUSS Bulletin 126, 38–45. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。


「世界土壌資源照合基準」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「世界土壌資源照合基準」の関連用語


2
2% |||||

世界土壌資源照合基準のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



世界土壌資源照合基準のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世界土壌資源照合基準 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS