折たく柴の記とは? わかりやすく解説

おりたくしばのき〔をりたくしばのキ〕【折たく柴の記】

読み方:おりたくしばのき

新井白石自叙伝3巻享保元年(1716)成立父祖ことから始め将軍徳川家宣(いえのぶ)を補佐した事績などを、平易な和漢混交文記したもの。


折たく柴の記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/17 01:52 UTC 版)

折たく柴の記』(おりたくしばのき)は、江戸時代中期に新井白石1657年明暦3年) - 1725年享保10年))が書いた随筆。3巻3冊。成立は享保元年(1716年)頃と言われる。『折焚柴の記』とも書く。新井白石は江戸中期の旗本学者で、将軍徳川家宣期の正徳の治と呼ばれる政治を主導した。


  1. ^ a b c d e 日本古典文学大辞典編集委員会 『日本古典文学大辞典 第1巻』 岩波書店、1983年10月、525-526頁。 
  2. ^ 宗政五十緒 (1957). “「『折たく柴の記』 新井白石」論(上)”. 日本文学 (日本文学協会) 10: 759-766. doi:10.20620/nihonbungaku.6.10_759. 
  3. ^ 宗政五十緒 (1958). “「『折たく柴の記』-新井白石」論(下)”. 日本文学 (日本文学協会) 1: 17-18. doi:10.20620/nihonbungaku.7.1_17. 


「折たく柴の記」の続きの解説一覧



折たく柴の記と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

折たく柴の記のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



折たく柴の記のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの折たく柴の記 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS