接触とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 接触 > 接触の意味・解説 

せっ‐しょく【接触】

読み方:せっしょく

[名](スル)

近づいて触れること。触れ合うこと。「手と手が—する」「—事故

他の人と交渉をもつこと。「外部との—を断つ」「内密のうちに—する」


接触

作者森岡浩之

収載図書星界の断章 1
出版社早川書房
刊行年月2005.7
シリーズ名早川文庫JA


接触―タッチ

作者川又千秋

収載図書三百小説
出版社嶋中書店
刊行年月2004.11
シリーズ名ワンショット・ノベル


接触

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/13 06:27 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「接触」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「接触」を含むページの一覧/「接触」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「接触」が役に立つかも知れません。

関連項目



接触

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 04:56 UTC 版)

プラスキ砦の戦い」の記事における「接触」の解説

北軍はヒルトンヘッド島に施設建設した後、プラスキ砦を包囲する準備を始めた。北軍遠征隊次にタイビー島を占領した北軍プラスキ進軍1861年11月24日始まった南軍がタイビー島を放棄していたと偵察した後、艦隊司令デュポンがタイビー島灯台で3隻の砲艦による水陸協働襲撃命じた2時間艦砲射撃の下で、南軍哨兵灯台に火を点けて撤退したUSSフラッグのクリストファー・ロジャーズ中佐13隻のボート水兵海兵の上陸部隊を率いて上陸して灯台マーテロー塔占拠し双方星条旗を靡かせた。その夜人員減らした中隊が、岸の南軍欺くために見せかけの焚き火炊いた2日後デュポン陸軍シャーマン将軍が自ら視察し11月29日工兵隊指揮官であるギルモア将軍が、ニューハンプシャー第4連隊の3個中隊を伴い抵抗受けずに島全体占領した海軍兵站部隊を動かし12月20日までに陸軍が「恒久的な占領」を行うために十分な物資確保していた。 サバンナ入った最後の封鎖破りイギリス蒸気船フィンガルだった。その武器弾薬積んだ貨物船11月半ば晴れた夜にサバンナ川河口のワッソー・サウンド入り口到着したが、翌朝深い霧紛れて砂州上流に進行できた。その後2度封鎖破って脱出しようとしたが失敗しその後装甲艦転換された。この船の積み荷プラスキ砦が得たのは、24ポンドブレイクリー砲2門と、大量の歩兵イギリス製エンフィールド銃だった。北軍デュポン地元船舶が使う代替水路閉鎖しようとして、サバンナ川水路に石を積んだ船を沈めウィルミントン島の南にあるウォーソー・サウンドと、スキダウェイ島にあるオサボー・サウンドという南の入り江2つには砲艦詰めさせた。 11月26日タットノール旗艦CSSサバンナがリゾリュートとサンプソン伴いプラスキ砦の大砲支援下に出撃した。砂州外で北軍船舶に「勇敢で短時間の」攻撃行い、敵を海の方向追い出したタットノール戦隊補給のためにサバンナ川上流に退き2日後に同じ3隻で砦に6か月分の物資届けた。ただし「北軍艦船による活発な抵抗」はあった。サバンナ一部航行不能となったが、港に戻ったサンプソンかなりの損傷を受けており、サバンナ川哨戒戻って来たのは翌年11月半ばになってからだった。

※この「接触」の解説は、「プラスキ砦の戦い」の解説の一部です。
「接触」を含む「プラスキ砦の戦い」の記事については、「プラスキ砦の戦い」の概要を参照ください。


接触

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/24 19:31 UTC 版)

星界の断章」の記事における「接触」の解説

星界の紋章 読本』(早川書房1999年 ISBN 4-15-208211-9)に発表アーヴによるハイド星系発見経緯

※この「接触」の解説は、「星界の断章」の解説の一部です。
「接触」を含む「星界の断章」の記事については、「星界の断章」の概要を参照ください。


接触

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 00:58 UTC 版)

還付金詐欺」の記事における「接触」の解説

接触方法としては、直接電話をかけてお金受け取れる説明する手口と、郵送した文書で還付伝え手口がある。

※この「接触」の解説は、「還付金詐欺」の解説の一部です。
「接触」を含む「還付金詐欺」の記事については、「還付金詐欺」の概要を参照ください。


接触

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/02 23:54 UTC 版)

アラウシオの戦い」の記事における「接触」の解説

マクシムス陣営コンスル格のレガトゥス(副官)マルクス・アウレリウス・スカウルス率い哨戒任務中の別働隊が、キンブリ族先鋒遭遇したローマ兵はキンブリ族圧倒されて潰走し、スカウルス捕虜となってキンブリ族ボイオリクス王の前に引き立てられた。スカウルスが「ローマ軍打ち破られる前に自国帰れ」と傲然と言い放ったため、怒ったボイオリクス王はこの敵将生きたまま木の入れて焼き殺した。別働隊壊滅聞きマクシムス大カエピオローヌ左岸に渡るように命じた大カエピオはようやく不承不承アラウシオ近くに移動しローマ全軍が敵を対峙した。ボイオリクス王はマクシムス和平交渉開始した

※この「接触」の解説は、「アラウシオの戦い」の解説の一部です。
「接触」を含む「アラウシオの戦い」の記事については、「アラウシオの戦い」の概要を参照ください。


接触

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/07 14:47 UTC 版)

通過 (天文)」の記事における「接触」の解説

通過間には、小さな円(小さ天体天体面)の円周が、大きい円(大き天体天体面)の1点に触れる時に、4回の「接触」がある。接触は以下のような順番で起こる。 第1接触 : 小さい方の天体面が完全に大きい方天体面の外側にあり、中に入っていく。 第2接触 : 小さい方の天体面が完全に大きい方天体面の内側に入り、さらに中に入っていく。 第3接触 : 小さい方の天体面が完全に大きい方天体面の内側にあり、外に出て行く第4接触 : 小さい方の天体面が完全に大きい方天体面の外側に出て、さらに外に出て行く

※この「接触」の解説は、「通過 (天文)」の解説の一部です。
「接触」を含む「通過 (天文)」の記事については、「通過 (天文)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「接触」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

接触

出典:『Wiktionary』 (2021/11/09 00:46 UTC 版)

名詞

せっしょく

  1. 近づいて触れること。軽くかすめること。
  2. の人と交渉を持つこと。連絡を取ること。工作などのためにひそか近づくこと。

発音(?)

せ↗っしょく

翻訳

語義1

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
接触-する

「接触」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



接触と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

接触のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



接触のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2022.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの接触 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのプラスキ砦の戦い (改訂履歴)、星界の断章 (改訂履歴)、還付金詐欺 (改訂履歴)、アラウシオの戦い (改訂履歴)、通過 (天文) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの接触 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS