知見とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 知見の意味・解説 

知見

読み方:ちけん

知識見識などのこと。物事ついてよ知りよく理解すること。とりわけ見聞によって得られ知識のこと。

「知見」の語は、「専門家の知見」といった言い方用いられることもあるが、「知見を得るもしくは「知見を広げる」といった言い回し用いられる場合が特に多い。

知見の語はたいて名詞として用いられるが、「知見」には「見て知る」という意味合いもあり、この意味において「知見する」というような動詞用法用いることもできる。ただし今日一般的な文脈では「知見する」という動詞用法用いられることは稀といえる

「知見」の語義には「見る」「見聞する」という体験のニュアンス含まれると言い得る。とはいえ現場外で得た情報(たとえば書物を通じて学んだ知識や、人づてに聞いた話、ウェブ上得た情報など)は「知見」に該当しない、とまでは言いがたい

「知見」に似た語に「知識」や「見識」といった語がある。あえて比較対象するなら、「知見」には体験・経験経て知ったこととい意味合い含み、「知識」は「知っていること」「よく知っていること」という点に特に焦点当てており、「見識」は知識と共に見解判断見通す力持ち合わせているという意味合い多分に含む。

ち‐けん【知見/×智見】

読み方:ちけん

実際に見て知ること。また、見聞して得た知識。「―を広める」

見解見識。「―を異にする

智見仏語事物に対する正しい認識また、知識によって得た見解。正智見


知見

名字 読み方
知見ちけん
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

知見

読み方
知見ちけん
知見ちみ

知見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/01/10 08:26 UTC 版)



知見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/01 08:56 UTC 版)

DVA動体視力」の記事における「知見」の解説

石垣宮尾論文から、動体視力加齢影響に関してDVA5歳?10歳にかけて急速に発達し20歳ごろにピークとなり、その後加齢とともに低下することが明らとなっている。鹿児島県に住む40歳以上の地域住民321名を対象にした調査では、前後KVA動体視力中年後期5564歳)から低下するに対し横方向DVA動体視力老年前期65 - 74歳)から低下する傾向があることが指摘されている。 また、上下方向DVA左右方向DVAよりも劣るという報告がある。愛知工業大学石垣研究室におけるパーソナルコンピュータによるDVA研究から、上下方向DVA左右方向の約8割となり、斜め方向DVAは、左右方向上下方向のちょう中間程度になることが発見[要出典]されているコントラスト感度など、他のヒト視覚機能は、斜め方向能力が最も劣る[要出典]というものが多い。その点において、斜め方向DVA左右上下中間であるというこの知見に関してさらなる研究が必要であるこのほか視力矯正レーシック手術DVA動体視力及ぼ影響については、奈良県立医科大学付属病院22名の患者(と疑似レーシックコンタクトレンズ装着によるスポーツ選手8名)を対象測定行い、「術前後のDVA数値には有意差無かった」との報告出ている。このことからDVA動体視力角膜網膜ピント調整に起因するではなく早く移動する対象物眼球運動によって正確に網膜黄斑部保持する能力中心ではないか考えられている。

※この「知見」の解説は、「DVA動体視力」の解説の一部です。
「知見」を含む「DVA動体視力」の記事については、「DVA動体視力」の概要を参照ください。


知見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/05 08:21 UTC 版)

マルチタスク (心理学)」の記事における「知見」の解説

1960年代以来心理学者人間マルチタスクに関する実験研究行ってきた。 スタンフォード大学研究者 クリフォード・ナスは、マルチタスク習慣頻繁に継続する能力向上するではないか考えた研究の結果人間マルチタスクをするとき、脳の中の別々の領域で処理を行っており、同時に並行処理しているわけではなく、それを短時間で頻繁に切り替え行っていることがわかった。そして、それぞれの理に関して集中して行うことができなくなっていることがわかった。たとえば2つ作業マルチタスキングした場合それぞれ50%の処理能力維持するわけではなく8095%も低下する傾向となる。マルチタスク明らかに生産性低下させていることを示した音楽聴きながら作業することについては、音楽を聴くときに使われる脳と作業するときに使われる脳は、全く別の領域であることがわかった周り他の雑音遮断でき、作業集中するのに役立つ。 中には複数作業短時間でこなす能力有している(と思える)人も存在するが、実際は作業順序考えた上で単一の作業集中して短時間でこなし、終了後思考迅速に切り換え次の作業を行うことでこなしており、マルチタスクをしているわけではない

※この「知見」の解説は、「マルチタスク (心理学)」の解説の一部です。
「知見」を含む「マルチタスク (心理学)」の記事については、「マルチタスク (心理学)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「知見」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「知見」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



知見と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「知見」の関連用語

知見のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



知見のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2023 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの知見 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのDVA動体視力 (改訂履歴)、マルチタスク (心理学) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの知見 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS