手腕とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 腕前 > 手腕の意味・解説 

しゅ‐わん【手腕】

読み方:しゅわん

物事をうまく処理していく能力腕まえ。「―を買われる」「政治的―」


手腕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 00:49 UTC 版)

アンタル・ドラティ」の記事における「手腕」の解説

ドラティはオーケストラ・ビルダーとしての才覚見込まれいくつかの危機に瀕したオーケストラその手腕や人徳によって救済し失われかけた名声取り戻すのに力を尽くしたドラティ自作上演し、あるいは録音したオーケストラもある。一方でじっとしている失神してしまうので常に動き回りながら指揮をしたという奇妙な一面もある。 ダラス交響楽団1945年 - 1948年)【実質的にゼロから創り上げたミネアポリス交響楽団1949年 - 1960年フィルハーモニア・フンガリカ1957年 - 2001年)【創設当初から指導にあたり世界初ハイドン交響曲全集コダーイ管弦楽曲全集などを録音することによってこのオーケストラの名前を轟かせた】 BBC交響楽団1963 - 1966年)【告別演奏会で《5楽章交響曲》と《マドリガル組曲》を上演ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団1966年 - 1970年)【BISレーベルに《交響曲第1番》と《交響曲第2番「平和の訴え」》を録音演奏旅行行なうワシントン・ナショナル交響楽団1970年 - 1977年)【破産危機や団員のストライキから救出ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団1975年 - 1979年デトロイト交響楽団1977年 - 1981年)【世界的水準取り戻させた】

※この「手腕」の解説は、「アンタル・ドラティ」の解説の一部です。
「手腕」を含む「アンタル・ドラティ」の記事については、「アンタル・ドラティ」の概要を参照ください。


手・腕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/18 21:45 UTC 版)

アルディ (アルディピテクス)」の記事における「手・腕」の解説

アルディには残りにくい細かい部位含めてかなり良好な手の骨保存されていた。かつて人類類人猿共通祖先類人猿に近いと考えられていたときは、それは類人猿がやるような「ナックル歩行」をやっていた可能性考えられていたが、アルディの手構造明らかにそれと違っていた。 体に比して手は大きく現代人女性大差はない手の指長いのは類人猿同じだが、類人猿違って手のひらが短い。ナックル歩行をしていたと見なせる痕跡見出せず、手で体重支えときには手のひらをつくようにしていたと考えられており、樹上ではそういう四足歩行をしていたと見られている樹上生活もしていたといっても、腕の長さ類人猿明らかに異なる。腕の長さを脚の長さ割って100をかけた数値を出すと、ゴリラチンパンジー100を超える。これに対してアルディの場合は90で、現代人(約70)ほどでなくとも類人猿との違い見られる

※この「手・腕」の解説は、「アルディ (アルディピテクス)」の解説の一部です。
「手・腕」を含む「アルディ (アルディピテクス)」の記事については、「アルディ (アルディピテクス)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「手腕」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

手腕

出典:『Wiktionary』 (2021/11/07 09:42 UTC 版)

名詞

しゅわん

  1. と腕。かいな
  2. 腕前技量

「手腕」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



手腕と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「手腕」の関連用語

手腕のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



手腕のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアンタル・ドラティ (改訂履歴)、アルディ (アルディピテクス) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの手腕 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS