団員とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 団員の意味・解説 

だん‐いん〔‐ヰン〕【団員】

読み方:だんいん

団体構成する人。団に所属する人。


団員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/14 22:15 UTC 版)

団員(だんいん)




「団員」の続きの解説一覧

団員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 16:46 UTC 版)

史上最強の弟子ケンイチの登場人物」の記事における「団員」の解説

水沼みずぬま) 声 - 川中子雅人 16歳空手家。兼一に不良から助けられたことから、兼一を目標として陣営参加アラン須菱弟子になってから必殺技バックマシンガンアタック)を習得アラン出会い鬼幽会に入門した当初は力こそ全て思っていたが、兼一と逆鬼により「真の強さ」を教えられ目を覚ますその後、"闇"の流派狩りにより鬼幽会は潰され、師であるアランその際にティーラウィット・コーキンから彼を庇って意識不明。その復讐のためにDオブD参戦する初戦の対ブラックフォース戦にて先鋒として出場健闘するも重傷負い戦線離脱。しかしその戦い振りDオブD雰囲気飲まれかけていた新白チーム闘志に火をつけた。 松井(まつい) 声 - 鳥海勝美 初期からいるメンバー1人旗持ち応援団っぽく「〜じゃい」などと特徴的なしゃべりをする。通信簿に「人の話を聞いていない」とよく書かれる彼の主義は「旗は魂だから絶対に地面につけない」で敵陣隠密潜入するときですら堂々と掲げたまま、旗がないと自信をなくす。 上岡(かみおか) 初期からいるメンバー1人ハーミット殴りかかったり、ガン飛ばしたりと不良っぽい性格結果論だが新島に命を救ってもらったことがあり忠誠心は高い。 木元(きもと) 連合の初期メンバー表立った活躍していないものも水沼同等に頻繁に登場する下っ端の中で大柄で長ラン細目特徴倉本 五郎くらもと ごろう) 連合の初期メンバー1人表立った活躍していない。常に帽子被っているデスパー島には行っていない。 白鳥 かおる(しらとり かおる) 声 - 皆川純子 元ラグナレク・キサラ隊所属キサラ腹心登場当初は美形男性だと思われていたが、実は女性セミレギュラーだがファンブック年齢身長などのデータ載っていないフルネーム判明している)。テコンドー使い手で、攻撃威力のみならキサラ上回るラグナレクとの最終決戦武田たちと共に負傷した態で駆けつけ下級兵掃討参加した新白連合に合流して以降は総督として新島認めている態度取っており、兼一のことも白浜隊長と呼ぶキサラを巡って宇喜田対決し圧倒する。しかしそれでも侠気見せた宇喜田に対して思いを寄せるが、宇喜田からは男性だと思い込まれている。

※この「団員」の解説は、「史上最強の弟子ケンイチの登場人物」の解説の一部です。
「団員」を含む「史上最強の弟子ケンイチの登場人物」の記事については、「史上最強の弟子ケンイチの登場人物」の概要を参照ください。


団員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 02:27 UTC 版)

松竹歌劇団」の記事における「団員」の解説

団員は、時代により「女生」、「女生徒」、「生徒」と呼ばれ序列制度確立してからは、上から大幹部」、「大幹部待遇」、「幹部」、「準幹部」、「ベスト・テン」、「技芸員に格付けられた。はじめて幹部制が設けられたのは1931年体制2組制としたときで、筆頭水の江瀧子、竹組筆頭小倉みね子であった。史誌による記録上では大幹部置かれたのは戦時中松竹女子挺身隊」に改組されたときで、川路龍子南里のふたりが任命された。大幹部待遇以上は松竹本社直接契約結んだ原則として松竹音楽舞踊学校卒業した者が団員となったが、そうした制度厳密ではなかった初期の頃には、養成所経ず直接入団入部)する者もいた。高田舞踊団解散に伴い移籍した吉川秀子や、すでに歌手として有名な存在鳴り物入り入部だった小林千代子などがこれにあたる。なお、吉川と共に入部した益田隆後に日劇ダンシングチーム演出振付家)は男性であるが、移籍当初は舞台上がっていた。舞台完全に女性のみで占められるうになるのは、「東京松竹楽劇部」から「松竹少女歌劇部」へ変わってからのことである。

※この「団員」の解説は、「松竹歌劇団」の解説の一部です。
「団員」を含む「松竹歌劇団」の記事については、「松竹歌劇団」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「団員」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

団員

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 08:34 UTC 版)

名詞

だんいん

  1. 団体構成する人。

発音(?)

だ↗んいん

「団員」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



団員と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

団員のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



団員のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの団員 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの史上最強の弟子ケンイチの登場人物 (改訂履歴)、松竹歌劇団 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの団員 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS