ロシアの宇宙開発とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ロシアの宇宙開発の意味・解説 

ロシアの宇宙開発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/09 06:49 UTC 版)

ロシアの宇宙開発ではロシアでの宇宙開発について述べる。




  1. ^ ゼニート3F / スペクトルR、打上げ成功”. Космоград. 2012年7月25日閲覧。
  2. ^ バイコヌール宇宙基地”. 宇宙情報センター. JAXA. 2012年7月25日閲覧。
  3. ^ ロシア政府、ミールの来年2月の廃棄を決定”. AstroArts. 2012年7月25日閲覧。
  4. ^ ロシア連邦宇宙機関”. 宇宙情報センター. JAXA. 2012年7月25日閲覧。
  5. ^ 冨田信之 (2008年5月6日). “ロシアの新宇宙活動(2)-- 安全保障会議におけるプーチン大統領の挨拶 ---”. 宙の会. 2012年7月25日閲覧。
  6. ^ 宇宙基地で極東活性化を目指すロシア: 宇宙基地は過多ではないのか”. ロシアNOW. 2012年7月25日閲覧。
  7. ^ 羅老号、今後2回再発射行う”. 中央日報日本語版 (2009年8月26日). 2012年7月25日閲覧。
  8. ^ ロシア 衛星測位システム 完全復旧”. The Voice of Russia (2011年10月3日). 2012年7月25日閲覧。
  9. ^ ロシア連邦宇宙局、年内に測位衛星「グロナス」を2基打ち上げへ”. MORNINGSTAR (2011年2月24日). 2012年7月25日閲覧。
  10. ^ 小泉悠 (2014年6月17日). “ロシアの宇宙ビジネス”. ユーラシア研究所. 2015年1月28日閲覧。
  11. ^ ロシア連邦宇宙庁が廃止、来年に国営宇宙開発企業「ROSKOSMOS」が誕生へ”. Sorae.jp (2015年12月31日). 2015年2月4日閲覧。
  12. ^ 各国の有人宇宙開発動向”. 宇宙航空券旧開発機構 (2010年4月30日). 2012年7月25日閲覧。
  13. ^ 「有人計画偏重から実利重視へ」、ロシア宇宙庁長官”. AFP (2011年8月14日). 2012年7月25日閲覧。
  14. ^ ロシア、今年の宇宙開発予算は3100億円に”. Klug (2011年1月12日). 2012年7月25日閲覧。
  15. ^ 露、極東部隊に対空ミサイルS400を配備”. CRIonline (2011年2月19日). 2012年7月25日閲覧。
  16. ^ 新S-400型ミサイル 実験の第一段階に成功”. The Voice of Russia (2011年2月18日). 2012年7月25日閲覧。
  17. ^ ロシア参謀総長、東欧軍備めぐり欧米を非難”. AFPBBNews (2007年12月15日). 2012年8月19日閲覧。
  18. ^ 米、東欧MD中止 対露核軍縮 年内合意に道”. 中国新聞 (2009年9月18日). 2012年8月19日閲覧。
  19. ^ シャトル引退で宇宙を独占するロシア、飛行士運賃を大幅値上げ”. TheWallStreetJournal (2011年7月7日). 2012年7月25日閲覧。
  20. ^ ロシアのソユーズ、仏領ギアナから初の打ち上げ”. 朝日新聞社 (2011年10月21日). 2012年7月25日閲覧。
  21. ^ インド、グロナスの利用でロシアの重要パートナーになるかも知れない”. ノーボスチ通信社 (2011年11月11日). 2012年7月25日閲覧。
  22. ^ ロシア インドのグロナスへの関心に期待”. The Voice of Russia (2011年11月10日). 2012年7月25日閲覧。


「ロシアの宇宙開発」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ロシアの宇宙開発」の関連用語

ロシアの宇宙開発のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ロシアの宇宙開発のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロシアの宇宙開発 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS