打ち上げとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 打ち上げ > 打ち上げの意味・解説 

うち‐あげ【打(ち)上げ/打(ち)揚げ】

空高上げること。「気象衛星の—」

芝居相撲などの興行を終えること。

事業仕事などを終えること。また、その終了を祝う宴。

打ち上げ花火」の略。

能楽囃子(はやし)や歌舞伎鳴り物の手法の一つで、演奏一段落つけるために調子を一段高めて奏するもの。

簾(すだれ)を巻き上げ出入りするようにつくった駕籠(かご)。打ち上げ簾打ち上げ乗り物


うち‐あげ【打上・打揚】

〔名〕

① 波などが打ち上げること。

新撰六帖(1244頃)三「みさごゐる浜の真砂打上に波ぎは見えて寄る藻くづかな〈藤原光俊〉」

打っ上方上げること。花火ロケットなどを打ち上げること。

東京年中行事(1911)〈若月紫蘭八月暦「今の川開と云へば、単に花火打揚(ウチアゲ)を意味し

演劇用語。

(イ) 能楽囃子(はやし)で、連続して演奏した末に、大・小鼓、またはそれに太鼓加えて、一段落付け手法一種で少し調子上げて演奏される。この手でいったん囃子止めるのと、さらにはやし継いでゆくものとの二種がある。

わらんべ草(1660)二「打上、つづみの少うちよりわきうたふもの也」

(ロ) (イ)から転用された歌舞伎鳴り物一つ。特に、長唄囃子拍子事(ひょうしごと)の段落用いられる手法で、太鼓入り囃子一段と高めひとくぎりつけるもの。また、幕切れせり上げなどで効果音のつけを早打ちすることをもいう。

歌舞伎夢物語盧生容画(1886)三幕此の模様打ち上げの鳴物にて、幕」

弓術で、歩射草鹿(くさじし)、円物(まるもの)などを射ようとするとき、弓を引くため、矢を弦にくわせて持ちあげること。

(5) 花札遊びで、下座にいて持っていれば役になるやむなく上座方に打ち出すこと。

(6) 囲碁で、相手の石のダメをすべて詰め盤上から取り除くこと。

(7)うちあげはなび打上花火)」の略。

俳諧季寄新題集(1848)秋「細工火 はな火のこと也。此外うち上げなどいふ」

(8)うちあげすだれ打上簾)」の略。

*続視聴1830)初集一〇(古事類苑・器用三〇)「乗物目名〈略〉打揚と云は、左右引戸なく簾を揚て上下せらるるを云」

(9) (「あげ」が「終了」「完成」などの意をもって

(イ) 刀剣などを造りあげること。

歌舞伎四天王楓江戸粧(1804)三立拝見するさへ鍛冶冥加(みゃうが)、打ち上げの儀は思ひもよらず」

(ロ) 相撲芝居などの興行を終えること。〔相撲講話1919)〕

(ハ) 事業仕事などを終えること。また、その終了を祝う宴。

*青い殺人者(1966)〈石原慎太郎〉六六「滞日中の外国大観光団が日本での旅程の打ち上げを」


打ち上げ

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

打ち上げ

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

打ち上げ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/04 14:35 UTC 版)

打ち上げ(うちあげ)




「打ち上げ」の続きの解説一覧



打ち上げと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「打ち上げ」の関連用語

打ち上げのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



打ち上げのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの打ち上げ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS