スペースプレーンとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > スペースプレーンの意味・解説 

スペースプレーン【spaceplane】


スペースプレーン

高度2万mから宇宙機を発射

宇宙活動拡大にともない地上宇宙行き来はますます活発化しますが、輸送費用大幅削減するまったく新し輸送システムとして「スペースプレーン」が考えられています。構想中のスペースプレーンは2段式で、1段目の大型高速ジェット機宇宙機を乗せて飛行機のように離陸します。高度2mで宇宙機離脱ロケットエンジン大気圏脱出し、1段目は地上帰還します。宇宙機には翼があり、軌道上で仕事を終えると、スペースシャトルのように大気圏滑空滑走路へ着陸します。両機ともに何度も使用することが可能で、従来ロケットにくらべ非常に経済的輸送システムといえます。

再利用可能な2段式スペースプレーン
再利用可能な2段式スペースプレーン

輸送コストを大幅に削減

1段目の高速ジェット機は、長さ65m、翼の幅が30m、重量140tで、マッハ6の超音速機です。空気中の酸素利用するジェットエンジンであるため、ロケットのように大量酸化剤をかかえる必要はありません。そのため軽量エンジン圧力が低く、操縦性安全性が高くなります。また上に乗る宇宙機は、長さ39m、翼の幅17m、重量130tで、8tの荷物を積むことが可能で、さまざまな資材運搬できます

分離したスペースプレーンのイメージ図
分離したスペースプレーンのイメージ図


スペースプレーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/25 02:00 UTC 版)

スペースプレーン英語: Spaceplane)は、航空機と同様に特別な打ち上げ設備を必要とせず、自力で滑走し離着陸および大気圏離脱・突入を行うことができる宇宙船。広義の意味として、スペースシャトルのように翼を持ち、飛行機のように滑空して着陸する機体全てを指すこともある。






「スペースプレーン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スペースプレーン」の関連用語

スペースプレーンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スペースプレーンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JAXAJAXA
Copyright 2021 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスペースプレーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS