宇宙飛行とは? わかりやすく解説

宇宙飛行

原題:Space Flight
製作国:ロシア
製作年:1935
配給:ロシア映画社
スタッフ
監督:Vasili Zhuravlyov 
脚本:Aleksandr Filimonov 
撮影:Aleksandr Galperin 
音楽:Val. Kruchinina 
その他:Konstantin Tsiolkovsky 
キャスト(役名
Sergei Komarov セルゲイ・コマーロフ (セルゲイ・コマロフ )
Vasili Kovrigin  (ヴァシリー・コヴリギン)
Nikolai Feoktistov  (ニコライ・フェオクチストフ)
Vassili Gaponenko  (ヴァシリー・ガポネンコ)
K. Moskalenko  (K・モスカレンコ
解説
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されいますのでご注意ください
月旅行テーマに、ロシア1935年製作されSF映画ロケット技術に関する理論的原理確立し、“宇宙飛行の父”と呼ばれた在野宇宙物理学コンスタンチン・ツィオルコフスキー顧問招き当時最先端科学成果精密に具現化している。

宇宙飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/10 03:44 UTC 版)

宇宙飛行(うちゅうひこう、英語: Spaceflight)とは人工の構造物を宇宙空間で飛行させること、もしくはその技術である。


  1. ^ Charles Coulston Gillispie. Dictionary of Scientific Biography, Published 1980 by Charles Scribner's Sons. ISBN 0684129256 
  2. ^ a b 旅客機のように水平に離着陸する宇宙輸送機「スペースプレーン」”. web archive, JAXA (2006年5月8日). 2006年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月2日閲覧。
  3. ^ a b 100 km. ALTITUDE BOUNDARY FOR ASTRONAUTICS...”. FAI国際航空連盟 (2004年6月21日). 2010年1月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年7月2日閲覧。
  4. ^ Delta-v計算機”. strout.net (1998年4月14日). 2008年7月2日閲覧。
  5. ^ Pioneer (Moon)”. NASA. 2008年7月2日閲覧。
  6. ^ Advanced Rocketry, Records, Achievements & Competitions”. hobbyspace.com. 2008年7月2日閲覧。
  7. ^ Roger R. Bate; Donald D. Mueller, and Jerry E. White (1971). Fundamentals of astrodynamics. New York. Dover Publications. ISBN 0-486-60061-0 
  8. ^ The Apollo program”. NASA (2004年1月30日). 2008年7月2日閲覧。
  9. ^ Orion Crew Exploration Vehicle”. NASA. 2008年7月2日閲覧。
  10. ^ kliper key elements”. russian space web. 2008年7月2日閲覧。
  11. ^ parom”. russian space web. 2008年7月2日閲覧。
  12. ^ JSEA 日本宇宙エレベーター協会”. JSEA 日本宇宙エレベーター協会. 2008年7月2日閲覧。
  13. ^ MGS Aerobraking”. NASA. 2008年7月5日閲覧。
  14. ^ マーキュリー計画”. JAXA. 2008年7月5日閲覧。
  15. ^ John F. Kennedy Space Center - The Gemini Program”. NASA, ケネディ宇宙センター. 2015年4月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年7月5日閲覧。
  16. ^ The Apollo 15 Flight Journal - Splashdown Day”. NASA (2008年3月22日). 2012年1月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年7月5日閲覧。
  17. ^ マレーシア人宇宙飛行士、無事帰還”. sorae.jp (2003年6月5日). 2008年7月5日閲覧。
  18. ^ 春原剛 『誕生 国産スパイ衛星 独自情報網と日米同盟』日本経済新聞社、2005年5月21日。ISBN 978-4532165147 
  19. ^ X-15 Hypersonic Research Program”. NASA. 2008年7月5日閲覧。
  20. ^ STS-1 History”. NASA. 2008年7月5日閲覧。
  21. ^ Shuttle Enterprise at Center of Museum's Space Hangar”. NASA (2004年10月29日). 2008年7月5日閲覧。
  22. ^ Space Shuttle Overview: Endeavour (OV-105)”. NASA. 2008年7月5日閲覧。
  23. ^ スペースシャトル「コロンビア号」の事故調査状況について”. JAXA (2003年5月7日). 2008年7月5日閲覧。
  24. ^ ブラン試験機、ドイツの博物館へ”. sorae.jp (2003年6月11日). 2008年7月5日閲覧。
  25. ^ Scaled Composites - Tier One / SpaceShipOne Home Page”. スケールド・コンポジッツ社. 2008年7月2日閲覧。
  26. ^ Unmanned rocket explodes after liftoff”. CNN (1997年1月17日). 2008年7月2日閲覧。
  27. ^ Space Weather A Research Perspective”. 全米科学アカデミー (1997年). 2008年7月2日閲覧。PDF文書 3,247 KiB
  28. ^ 宇宙天気とは?”. NICT (2006年9月7日). 2008年7月5日閲覧。
  29. ^ 原文:Rockets as a class are not inherently grossly polluting.
  30. ^ HYDRAZINE”. Interscan Corporation. 2008年7月2日閲覧。
  31. ^ Health Implications of Perchlorate Ingestion”. The National Academies Press (2005年). 2008年7月2日閲覧。
  32. ^ オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書(仮訳) (PDF, 93 KiB) - 環境省、2008年7月2日閲覧。
  33. ^ デブリ除去システム”. JAXA. 2008年7月2日閲覧。
  34. ^ Apollo Expeditions to the Moon, CHAPTER 10.3, FIRST MANNED FLIGHT OF THE LM”. NASA. 2008年7月2日閲覧。
  35. ^ Apollo 14 Lunar Module / ALSEP”. NASA. 2008年7月2日閲覧。
  36. ^ ボストーク1号”. Encyclopedia Astronautica. 2008年7月2日閲覧。
  37. ^ Chang-Zheng(LongMarch)2F 長征2F型”. U-DON'S FACTORY. 2008年7月2日閲覧。
  38. ^ Shenzhou”. Rocket & Space Technology. 2008年7月2日閲覧。
  39. ^ 日本人宇宙飛行士の健康管理”. JAXA (1994年5月). 2008年7月5日閲覧。
  40. ^ 宇宙に生命を探し 生命に宇宙を見る / 宇宙科学の最前線 (2)”. JAXA (2003年). 2008年7月5日閲覧。
  41. ^ 無重カ環境下での知覚一動作機能の研究 「手動制御特性の研究」”. JAXA. 2008年7月5日閲覧。
  42. ^ バン・アレン帯 - 第3話 人類は月に行っていない!? - 月の雑学 - 月を知ろう - 月探査情報ステーション”. JAXA. 2008年7月5日閲覧。
  43. ^ Breathing Easy on the Space Station”. NASA (2000年11月13日). 2008年7月2日閲覧。
  44. ^ a b c d e f 「となりの恒星をめざせ 太陽系を飛び出し、50年で恒星間を航行できる探査機を実現できるか?」『ニュートン』第33巻第1号、株式会社ニュートンプレス、2013年1月、 94-99頁。
  45. ^ Spacecraft escaping the Solar System”. Heavens-above. 2007年4月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年7月2日閲覧。



宇宙飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/23 21:36 UTC 版)

カーティス・ブラウン」の記事における「宇宙飛行」の解説

1992年STS-471994年STS-661996年STS-77操縦手1997年STS-851998年STS-951999年STS-103船長務め合計6度飛行で1383時間宇宙過ごしたSTS-47は、アメリカ合衆国日本の共同で生命科学材料科学実験のために行われた8日間のミッションである。地球126周し、ケネディ宇宙センター帰還したミッション期間は、190時間30分26秒だった。 STS-66は、Atmospheric Laboratory for Applications and Science 3 (ATLAS-3)ミッションであった。ATLAS-3は、11年間の太陽周期での地球のエネルギーバランスと大気変化決定する進行中のプログラム一部である11日間で地球175周し、エドワーズ空軍基地帰還したミッション期間は、262時間34分だった。 STS-77は、エンデバーによる10日間のミッションであったSPARTAN衛星1回Satellite Test Unit3回合計記録となる4回、約21時間のランデブー行ったまた、スペースハブで、材料科学流体力学生物工学12の実験行ったSTS-77では、宇宙空間での大きく膨張式構造コンセプト試験するために設計されInflatable Antenna Experimentを運ぶSPARTAN衛星が展開、回収された。空気力学磁気制動用いた自己安定化コンセプト試験する小型のSatellite Test Unit展開された。240時間39分で410マイル飛行して地球160周した。 STS-8512日間のミッションで、CRISTA-SPASペイロードを展開、回収し日本のManipulator Flight Demonstration (MFD)ロボットアーム操作し地球の大気変化研究し将来国際宇宙ステーション用いられる技術試験行った284時間27分で470マイル飛行して地球189周した。 STS-959日間のミッションで、スパルタン太陽観測衛星ハッブル宇宙望遠鏡Orbital Systems Test Platformの展開、宇宙飛行と老化過程の研究等が行われた。213時間44分で360マイル飛行して地球134周した。77歳ジョン・ハーシェル・グレン38年ぶりに宇宙飛行を行って注目を集めるミッションとなったSTS-1038日間のミッションで、3度宇宙遊泳ハッブル宇宙望遠鏡新し機器更新システム取り付けられ科学的能力向上した191時間11分で320マイル飛行して地球120周した。

※この「宇宙飛行」の解説は、「カーティス・ブラウン」の解説の一部です。
「宇宙飛行」を含む「カーティス・ブラウン」の記事については、「カーティス・ブラウン」の概要を参照ください。


宇宙飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 18:44 UTC 版)

ボイジャーのゴールデンレコード」の記事における「宇宙飛行」の解説

ボイジャー1号1977年打ち上げられ冥王星軌道1990年に通過し2004年11月ヘリオポーズ抜けて太陽系脱出した。現在は星間にいるが、およそ4万年後にへびつかい座AC+79 3888まで1.6光年地点通過する一方ボイジャー2号はおよそ296000年後シリウスまで4.3光年地点通過する2005年5月ボイジャー1号太陽から87マイルの距離を年間3.5AU(時速61,000km)のスピード飛行している。2号太陽から65マイルの距離を年間3.13AUのスピード飛行している。 ボイジャー1号ヘリオシース突入したが、これは星間ガス圧力によって太陽風速度弱まる地点である。ここでは太陽風速度秒速300kmから700kmになり、次第濃く熱くなってくる。 カール・セーガンは「宇宙どこかに宇宙旅行をする技術持った文明があったときのみ、この宇宙船積まれレコード再生できるだろう。しかし、このボトルメールはこの惑星住人希望もたらすものだ」と記している

※この「宇宙飛行」の解説は、「ボイジャーのゴールデンレコード」の解説の一部です。
「宇宙飛行」を含む「ボイジャーのゴールデンレコード」の記事については、「ボイジャーのゴールデンレコード」の概要を参照ください。


宇宙飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/28 02:30 UTC 版)

テスラ・ロードスター」の記事における「宇宙飛行」の解説

テスラのCEOイーロン・マスクは、宇宙ベンチャーのスペースXCEOでもあることからスペースX同社開発した超大型ロケットファルコンヘビーの初打ち上げにおいて、試験用ダミーペイロード積荷)として、氏の愛車であった赤いロードスター搭載したロードスター運転席には、同じくスペースX開発する宇宙服搭乗した。この宇宙服は「Starman」と名付けられており、ダッシュボードにはSF作品銀河ヒッチハイク・ガイド』に因んだDon't panicの文字書きこまれた。2018年2月6日行われた打ち上げ成功しロードスター宇宙旅した世界初市販自動車となったロードスター火星軌道大きく超える楕円軌道取っており、以後太陽を巡る人工惑星となる。

※この「宇宙飛行」の解説は、「テスラ・ロードスター」の解説の一部です。
「宇宙飛行」を含む「テスラ・ロードスター」の記事については、「テスラ・ロードスター」の概要を参照ください。


宇宙飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 16:39 UTC 版)

李素妍 (宇宙飛行関係者)」の記事における「宇宙飛行」の解説

2004年韓国科学技術部は韓国宇宙人輩出事業として、ロシアから商用宇宙旅行権利購入し韓国人搭乗者とする宇宙飛行計画開始した2006年12月25日は36206人の一般公募者から、韓国人として初め宇宙へ行く候補者に高山コ・サンと共に選ばれた2007年9月5日韓国科学技術部は、高を宇宙送ること決定したは、高が負傷などの理由で宇宙船搭乗できなくなった場合備え予備となった引き続きロシアでの訓練行った2008年3月10日韓国教育科学技術部高から決定変更する発表した理由は、高がロシア訓練施設内で訓練無関係教材任意で借り受ける等の規則違反繰り返しためでありロシア連邦宇宙局勧告再三に渡り無視し続けためであった2008年4月8日2人ロシア人宇宙飛行士搭乗したソユーズTMA-12打ち上げ成功4月10日ソユーズISSとのドッキング成功した2008年4月19日ソユーズTMA-11により地球帰還したが、機器故障により弾道突入ルート大気圏突入飛行士大きな重力加速度加わり帰還後打撲負い入院した

※この「宇宙飛行」の解説は、「李素妍 (宇宙飛行関係者)」の解説の一部です。
「宇宙飛行」を含む「李素妍 (宇宙飛行関係者)」の記事については、「李素妍 (宇宙飛行関係者)」の概要を参照ください。


宇宙飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/17 01:44 UTC 版)

アイ・ビリーブ・アイ・キャン・フライ」の記事における「宇宙飛行」の解説

STS-122では、乗組員起床コールでこの曲を使用していた。

※この「宇宙飛行」の解説は、「アイ・ビリーブ・アイ・キャン・フライ」の解説の一部です。
「宇宙飛行」を含む「アイ・ビリーブ・アイ・キャン・フライ」の記事については、「アイ・ビリーブ・アイ・キャン・フライ」の概要を参照ください。


宇宙飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/15 13:58 UTC 版)

グレゴリー・オルセン」の記事における「宇宙飛行」の解説

2005年10月1日打ち上げられ10月3日ドッキングしたソユーズTMA-7国際宇宙ステーション訪れ10月10日ソユーズTMA-6地球帰還したこれによりオルセンは、2001年デニス・チトー2002年マーク・シャトルワースに続く、史上3人目自費での国際宇宙ステーションへ民間人宇宙旅行者となった3人ともスペース・アドベンチャーズ仲介であった)。オルセンは、「宇宙旅行者」と呼ばれることについて気に入らない旨のコメント残している。 宇宙ステーション滞在中彼は遠隔測定天文学に関するいくつかの実験行ったオルセンアマチュア無線免許を持っており、ARISSプロジェクトで、無線を通じて学生会話行ったニュージャージー州高校での講演において、オルセンは、宇宙旅行要した費用見積り2000ドルであったことを明かした

※この「宇宙飛行」の解説は、「グレゴリー・オルセン」の解説の一部です。
「宇宙飛行」を含む「グレゴリー・オルセン」の記事については、「グレゴリー・オルセン」の概要を参照ください。


宇宙飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/01 00:36 UTC 版)

ベイカー (サル)」の記事における「宇宙飛行」の解説

ベイカーは、ゴムセーム革裏打ちされたヘルメットジャケット着用し、モデルセメントで鼻に取付けられ呼吸計が装着された。彼女は9¾×12½×6¾インチ( 24.8×31.8×17.1 cm)の靴箱サイズカプセル入れられゴムグラスファイバー密封された。生命維持装置圧力バルブのついた酸素ボトルで、吐き出され二酸化炭素水分吸収する水酸化リチウム備えていた。 1959年5月28日午前2時39分、 ベイカーエイブルジュピターロケットによって38Gの加速度で高度300マイル480キロメートル)まで打ち上げられ16分間の宇宙飛行を行ったそのうち9分間無重力状態だった。ケープカナベラル空軍基地の第26B発射施設から打ち上げられそこから2400キロメートル離れたプエルトリコ近く大西洋着水し米海軍艦艇カイオワ(AT-72)によって回収された。 次の表に、ジュピターAM-18ミッションサル特性と、飛行中に採取され測定値を示すエイブル測定一部には、データ問題があった実験の概要測定値実験 2Aベイカー実験 2Bエイブルリスザル アカゲザル 体重 1ポンド (0.45 kg) 7ポンド (3.2 kg) 飛行準備期間 8時3日 心電図 Yes 問題あり 筋電図伸筋No Yes 筋電図屈筋No Yes 心音 No Yes 脈拍速度大腿骨頚動脈 No 問題あり 呼吸数 Yes Yes 体温 Yes Yes 周囲の温度 Yes Yes カプセル内の気圧 Yes Yes 相対湿度 No 問題あり 二酸化炭素割合 No Yes 感電監視 No 問題あり レバー応答監視 No 問題あり刺激監視 No Yes 監視カメラ No Yes 宇宙由来重核子検知するための乳剤プレート英語版) Yes Yes このロケットには、エイブルベイカー他にもアカパンカビヒト血液大腸菌玉ねぎマスタードトウモロコシ種子ショウジョウバエ酵母ウニ卵子精子搭載された。 エイブルは、帰還から4日後に行われた電極除去する手術の際、麻酔反応した非常に稀な心房細動により死亡した手術が行われたフォートノックスの次官のロバート・ハリングホルスト大佐は「これは、麻酔による死の中でもあらゆる外科医恐れタイプの物です。なぜそれが起こるのかは、正確にわかりません」と語った病理解剖では、エイブル死の原因となった可能性のある問題は見つからなかった。エイブル遺体剥製にされ、国立航空宇宙博物館展示されている。

※この「宇宙飛行」の解説は、「ベイカー (サル)」の解説の一部です。
「宇宙飛行」を含む「ベイカー (サル)」の記事については、「ベイカー (サル)」の概要を参照ください。


宇宙飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 15:48 UTC 版)

ココ・ブラウン」の記事における「宇宙飛行」の解説

ブラウン2016年に約1時間宇宙旅行申し込んでいた。フライトオランダに本拠を置く宇宙旅行会社スペース・エクスペディション社(Space Expedition Corporation、SXC)が手配していた。2012年キャンセルした別の人物の代わりに知人コンシェルジュから「スペース・ランチョン」の招待を受けてチャンス掴んだ同年XCORエアロスペース英語版)の援助を受けて飛行訓練開始した旅行の準備として、彼女はパイロットの免許取得しなければならなかった。彼女はフライト副操縦士になるはずであった旅行計画通りに行われていたら、彼女は宇宙旅した最初のポルノ女優となっていた。XCORは1人旅行者として宇宙飛ばことなく2017年運用停止したブラウンとほぼ同時期2015年ポルノ女優エヴァ・ロヴィア宇宙ポルノ映画を撮るというプロジェクト発表しているが、予定通りにクラウドファンディング募金集まら頓挫している。

※この「宇宙飛行」の解説は、「ココ・ブラウン」の解説の一部です。
「宇宙飛行」を含む「ココ・ブラウン」の記事については、「ココ・ブラウン」の概要を参照ください。


宇宙飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 06:04 UTC 版)

ディルク・フリムー」の記事における「宇宙飛行」の解説

フリムーは、ペイロードスペシャリストとして1992年3月24日打ち上げられSTS-45宇宙行ったSTS-45は、スペースラブでの最初のミッションだった。9日間の飛行で、アトランティス乗組員はATLAS-1 (Atmospheric Laboratory for Applications and Science)の12の実験行った。ATLAS-1によって大気化学的物理的な詳細な測定が可能となり、気象大気への理解進んだ。さらに、電子ビーム用いて初め人工的なオーロラ発生させた。フリムーはこの飛行214時間宇宙滞在し地球143周して320マイル移動した

※この「宇宙飛行」の解説は、「ディルク・フリムー」の解説の一部です。
「宇宙飛行」を含む「ディルク・フリムー」の記事については、「ディルク・フリムー」の概要を参照ください。


宇宙飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 15:40 UTC 版)

ワレンチナ・テレシコワ」の記事における「宇宙飛行」の解説

1963年6月16日テレシコワボストーク6号単独搭乗して70時間50分で地球48周する軌道飛行行い史上初女性宇宙飛行士となった旧ソ連現在のロシアでは、宇宙活動中の全ての飛行士個人識別用のコールサイン付与されテレシコワは「チャイカ」(Ча́йка、カモメの意)が与えられた打上げ後の «Я — Чайка» (ヤー・チャイカ、「こちらチャイカ」の意)という応答女性宇宙飛行士宇宙発した最初の言葉となり、日本ではチェーホフ戯曲『かもめ』で登場人物ニーナ繰り返し言う台詞私はカモメ」と結びつけて紹介された。「私はカモメ」は、愛を失い苦悩重ねニーナ望み捨てず、いつか飛び立つことを夢みて口ずさむ言葉

※この「宇宙飛行」の解説は、「ワレンチナ・テレシコワ」の解説の一部です。
「宇宙飛行」を含む「ワレンチナ・テレシコワ」の記事については、「ワレンチナ・テレシコワ」の概要を参照ください。


宇宙飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 16:07 UTC 版)

ラケッシュ・シャルマ」の記事における「宇宙飛行」の解説

シャルマ急速に階級上げ部隊長となった1984年にはインド宇宙研究機関ソビエト連邦インターコスモス共同宇宙プログラム参加しサリュート7号8日間を宇宙過ごした1984年4月3日2人ソビエト宇宙飛行士とともにソユーズT-11打ち上げられた。宇宙飛行中は、ヒマラヤ山脈水力発電所作るために北インドの多スペクトル写真撮影した彼は当時の首相インディラ・ガンディーに、宇宙からインドはどう見えたか尋ねられMain binaa jhijhak ke keh sakta hoon.., Sare Jahan Se Achcha Hindustan Hamara(我々の国ヒンドゥスタン世界で最高だと、私は疑いなく言うこと出来ます)という有名な返答をしている。 地球帰還するソ連政府からソ連邦英雄受けた他、インド政府からは2人ソ連乗組員とともに平時の最高の栄誉であるアショカ・チャクラ賞を授与された。 空軍中佐階級退役すると、シャルマヒンドスタン航空機テストパイロットとなり、後にバンガロールNational Flight Test Center本拠として、国産戦闘機テジャス等の試験飛行行った

※この「宇宙飛行」の解説は、「ラケッシュ・シャルマ」の解説の一部です。
「宇宙飛行」を含む「ラケッシュ・シャルマ」の記事については、「ラケッシュ・シャルマ」の概要を参照ください。


宇宙飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 02:59 UTC 版)

スコット・アルトマン」の記事における「宇宙飛行」の解説

STS-9016日間のスペースラブミッションで、7人乗組員は、脳と神経系に対する微小重力影響に関する26個の生命科学実験行ったSTS-10612日間のミッションで、国際宇宙ステーション最初の長期滞在乗組員迎えるため準備をした。 STS-109は、ハッブル宇宙望遠鏡4度目のサービスミッションで、電源カメラ太陽電池新しいものに更新した。これは、4人の乗組員による5日間にわたる5度船外活動行われたSTS-109では、262日間地球165周し、390マイル移動したSTS-125は、ハッブル宇宙望遠鏡5度目最後のサービスミッションで、新たな2つ機器取り付けられた。また少なくとも2014年度中は稼働するように、6つジャイロスコープ2つのバッテリーユニットも交換され、熱防護高めるために新し耐熱ブランケット取り付けられ、さらに寿命来た際に無人機によって脱軌道させられるように、ソフトキャプチャ機構取り付けられた。このミッションではIMAXカメラ運ばれ将来IMAX映画のためにミッションの様子が撮影された。

※この「宇宙飛行」の解説は、「スコット・アルトマン」の解説の一部です。
「宇宙飛行」を含む「スコット・アルトマン」の記事については、「スコット・アルトマン」の概要を参照ください。


宇宙飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 14:03 UTC 版)

ウラジーミル・コマロフ」の記事における「宇宙飛行」の解説

1964年7月健康上の理由で宇宙飛行士から外された者が出たことで、ヴォスホート一号乗船できる飛行士は7名のみとなった7月6日コマロフヴォスホート一号予備飛行士司令官任命された。ニカラーイ・カマーニンとセルギイ・カラーリェフのあいだで、宇宙船搭乗員選定についてか月間に及ぶ論争おこなわれた宇宙船打ち上げ予定日の8日前である1964年10月4日コマロフ搭乗員総指揮官に任命された。その日の夜、カマーニンはヴォスホート搭乗員たちとテニス興じたその際、カマーニンは、コマロフテニス技能他の搭乗員たちと比べて未熟である点を指摘した。バリース・イェゴロフ(Борис Борисович Егоров)やコンスタンチン・フェアクチストフ(Константи́н Феокти́стов)に比べると、コマロフテニスの手並みぎこちなかったという。10月9日コマロフは、セルギイ・カラーリェフを始めとする搭乗員たちとともにヴォスホート宇宙船綿密な検査行ったまた、その日のうちに国営記者団による取材受けたりカメラマンに向けて自分たちがテニス興じている姿も公開した10月11日の朝、コマロフこの日翌日宇宙へ持っていくことになる共産主義的な記念品手渡された。この日午後搭乗員たちは再度宇宙船点検し、カラーリェフから最後の指示を受けた。コマロフは、搭乗員たちの中で膨大な訓練を受け、飛行経験積んだ唯一の成員であった他の2人搭乗員民間人であったコマロフ呼び出し信号(Call Sign)は「Рубин」(「ルービン」、ロシア語で「ルビーの意味であった任務中のコマロフは、他の搭乗員たちとともに様々な任務医療航行試験オーロラ観測)を遂行したまた、ヴォスホート一号に取付けたイオン・スラスターIon Thruster, イオン電荷帯びた原子)を噴出することにより、推進力を得る小型ロケット・エンジン)の試験コマロフ1人実施した1964年10月10日日本東京オリンピック開幕すると、コマロフ無線通信を通して挨拶の言葉送ったヴォスホート一号打ち上げおよび宇宙任務は、24時間以上にわたって続いた搭乗員たちは無事に地球着陸したのち、バイコヌール宇宙基地カザフスタンのチュラタム<Тюратам>にあるロシア宇宙基地)まで航空機乗って帰還した。ニカラーイ・カマーニンは、自身の日記の中で搭乗員たちは上機嫌であったが、コマロフ疲れているようだった」と記述している。10月19日コマロフ他の搭乗員たちとともにモスクワ赤の広場報告行いクレムリンでの公式会見出席した。短いながら科学的に重要な任務成功させたコマロフは、大佐昇進したまた、レーニン勲章(Орден Ленина)とソ連邦英雄(Герой Советского Союза)の称号授与された。 1964年12月戦略ロケット軍は、コマロフソ連空軍から自分たちの部隊移籍させて欲しい、と要請したソ連の戦略ロケット部隊は、空軍に比べロケット製造実績芳しくなかったのが理由と思われる。この要請にはカマーニンが反対した。 1965年コマロフユーリイ・ガガーリンとともに宇宙空間での船外活動初の遂行試みたヴォスホート二号航空準備指揮した。これには宇宙飛行士への宇宙服装着、宇宙飛行の際の簡潔な指示含まれた。4月コマロフはカマーニン、ガガーリンゲルマン・チトフ、ベリャーイェフ、リェオーノフらとともにレニングラード視察したコマロフはヴァレンチン・グルシュコとともにピェトロパヴロフスク要塞訪れた。ここは、グルシュコ1930年代初頭初期のロケット実験実施した所でもあった。 同年9月コマロフ西ドイツ視察したコマロフガガーリン、リェオーノフとともにソユーズ打ち上げ計画任命された。1966年7月コマロフ日本滞在していた。このとき、「ソ連邦は、予定時刻自動宇宙船を月の周辺飛行させてから地球帰還させ、続いて宇宙空間での宇宙船連結飛行有人周回飛行実施します」と無断で発表したことで、コマロフはカマーニンから叱責された。翌月無重力試験実施した際、ソユーズ宇宙船に付いている非常口が狭過ぎて宇宙飛行士宇宙服着た態で安全に脱出するのが不可能である事実判明したコマロフは、他の技師たちと現在進行中の設計上の安材料を巡って口論となったその間コマロフ仲間宇宙飛行士たちは団と任務幾度となく変更された。ユーリイ・ガガーリンは、コマロフたちに代わってレオニード・ブレジネフ(Леонид Брежнев)に手紙送り宇宙船の設計製造に関する懸念事項について問題提起したが、政府からの反応梨の礫であることについて、コマロフたちは徐々に不安を覚え始めていた。

※この「宇宙飛行」の解説は、「ウラジーミル・コマロフ」の解説の一部です。
「宇宙飛行」を含む「ウラジーミル・コマロフ」の記事については、「ウラジーミル・コマロフ」の概要を参照ください。


宇宙飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 22:56 UTC 版)

ジョン・クレイトン (宇宙飛行士)」の記事における「宇宙飛行」の解説

1985年6月17-24日に行われたSTS-51-G7日間ミッションで、乗組員は、アラブ衛星通信機構のアラブサット-1Bメキシコモレロス1号AT&Tテルスター3Dの3機の通信衛星展開した。彼らは、シャトル・リモート・マニピュレータ・システム用いてスペースシャトルから切り離され17時間のX線天文学実験行ったSPARTAN衛星を展開、回収した。さらに、乗組員は、Automated Directional Solidification Furnace (ADSF)と6つGetaway Specials起動して医学実験行い、またStrategic Defense Initiative一部としてレーザー追跡実験行った地球112周し、169時間39続いた1990年2月28日-3月4日行われたSTS-36では、国防総省ペイロード多数二次ペイロード宇宙運ばれた。地球72周し、106時間1943続いた1991年9月12-18日のSTS-485日間のミッションで、上層大気化学、風、エネルギー入力最初の完全なデータセット提供するUARS上層大気観測衛星)が展開された。また、タンパク質結晶成長から無重力液体構造がどう反応するかまで、広範な二次研究が行われた。地球81周し、128時間2734続いた

※この「宇宙飛行」の解説は、「ジョン・クレイトン (宇宙飛行士)」の解説の一部です。
「宇宙飛行」を含む「ジョン・クレイトン (宇宙飛行士)」の記事については、「ジョン・クレイトン (宇宙飛行士)」の概要を参照ください。


宇宙飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 22:55 UTC 版)

ジョン・キャスパー」の記事における「宇宙飛行」の解説

STS-36は、1990年2月28日ケネディ宇宙センターからスペースシャトル・アトランティス打ち上げられた。国防総省機密ペイロードを運ぶミッションで、当時アメリカ合衆国有人宇宙飛行では最も高い62°の射角打ち上げられた。187マイル飛行して地球72周した後、3月4日エドワーズ空軍基地湖底着陸したミッション期間は、106時間1943秒であった。 STS-54は、1993年1月13日ケネディ宇宙センターからスペースシャトル・エンデバー打ち上げられた。5人の乗組員は、他の4つ衛星加わってスペースシャトル他の低軌道科学衛星支援する通信ネットワーク完成するNASAのTDRS-Fを展開したペイロードベイ運ばれ散乱X線分光計X線データ集め銀河系X線起源についての謎を調査することを可能とした。[[宇宙遊泳]]では、国際宇宙ステーション組立て役立多くの教訓得られた。また、初め飛行中に燃料電池切断再起動し、他の宇宙ステーション使えることを実証した250マイル飛行して地球96周した後、1月19日ケネディ宇宙センター着陸したミッション期間は、143時間38であったSTS-62は、1994年3月4日ケネディ宇宙センターからスペースシャトル・コロンビア打ち上げられた。2週間微小重力実験のためのミッションで、United States Microgravity Payload (USMP-2)とOffice of Aeronautics and Space Technology (OAST-2)のペイロード運ばれた。このペイロードには、半導体結晶成長過程理解するための実験合金固化する過程の研究臨界点物質研究将来の宇宙飛行に用い新技術試験等含まれていた。また、リモート・マニピュレータ・システムのアーム整列させて、新し磁気エンドエフェクタでペイロードを掴む新し技術試験行われたコロンビアは、原子酸素窒素分子によって引き起こされる宇宙船輝き浸食に関するデータ収集するため、新記録となる195kmという低高度で飛行した582マイル飛行して地球224周した後、3月12日ケネディ宇宙センター着陸したSTS-77は、1996年5月19日ケネディ宇宙センターからスペースシャトル・エンデバー打ち上げられた。SPARTAN衛星1度Satellite Test Unit3度の、記録となる合計4度、約21時間のランデブー飛行行った飛行中乗組員は、スペースハブで、材料科学流体物理学生物工学等12の実験行った大きく膨らませることのできる宇宙構造コンセプト実証するためのInflatable Antenna Experiment載せたSPARTAN衛星が展開、回収された。空気力学的力や磁気制動用いた自己安定化コンセプト試験する小さなSatellite Test Unit展開された。410マイル飛行して地球160周した後、5月29日ケネディ宇宙センター着陸したミッション期間は、240時間39であった

※この「宇宙飛行」の解説は、「ジョン・キャスパー」の解説の一部です。
「宇宙飛行」を含む「ジョン・キャスパー」の記事については、「ジョン・キャスパー」の概要を参照ください。


宇宙飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/12 09:54 UTC 版)

キャスリン・コールマン」の記事における「宇宙飛行」の解説

1995年10月20日から11月5日まで行われたSTS-73は、アメリカ合衆国にとって2度目微小重力研究のミッションだった。このミッションでは、スペースラブモジュールで、材料科学生物工学燃焼科学物理学流体力学等の多くの科学実験が行われた。コールマン最初の宇宙飛行で、15日21時5221秒の間に地球256周し、600マイル以上を移動した1999年7月22日から7月27日まで行われたSTS-93は、5日間のミッションであり、コールマンミッションスペシャリストとしてチャンドラの展開を行った。この望遠鏡によって、恒星クエーサーブラックホール爆発等の現象観測することが可能となった118時間50分のミッションであった2010年12月15日から2011年5月23日まで行われたソユーズTMA-20とそれに続く第26次及び第27次長期滞在では、ISS長期滞在した。

※この「宇宙飛行」の解説は、「キャスリン・コールマン」の解説の一部です。
「宇宙飛行」を含む「キャスリン・コールマン」の記事については、「キャスリン・コールマン」の概要を参照ください。


宇宙飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 10:19 UTC 版)

ジョン・ブラハ」の記事における「宇宙飛行」の解説

STS-29では、1989年3月13日スペースシャトル・ディスカバリーフロリダ州ケネディ宇宙センターから打ち上げられ3月18日エドワーズ空軍基地着陸した。5人の乗組員東側TDRS展開し8つ科学/医学実験行ったSTS-33は、1989年11月22日から27日にかけてディスカバリー行われた夜間打ち上げられ国防総省その他のペイロード運ばれた。地球79周した後、エドワーズ空軍基地第4滑走路ハードランディングした。 STS-43は、1991年8月2日から11日にかけてスペースシャトル・アトランティス行われた9日間のミッションで、西側TDRS展開し滞在延長オービター宇宙ステーション開発のための物理材料生物等の分野32実験が行われた。地球142周した後、ケネディ宇宙センターの第15滑走路着陸したSTS-58は、1993年10月18日から11月1日にかけて行われたスペースシャトル・コロンビア7人乗組員乗せてケネディ宇宙センターから打ち上げられた。記録となる14日間ミッションで、NASA運営から、最も成功して最も効率的なスペースラブ運用が行われたと認識されている。自身の体と48匹のラット用いて神経前庭心臓血管心肺代謝筋骨格等の医学実験が行われ、地上及び宇宙飛行中のヒトや動物生理学に関する知見深まった。さらに、オービタ上で16の技術試験滞在延長オービター上で20医学実験行われたエドワーズ空軍基地の第22滑走路着陸したブラハは、1994年8月からカリフォルニア州モントレーアメリカ国防総省語学学校ロシア語訓練を始め1995年1月から、ロシアスターシティにあるガガーリン宇宙飛行士訓練センター訓練を始めた。1996年9月16日STS-79打ち上げられミールとのドッキング後にミール移った。ボードエンジニア2として、その後の4か月材料額、流体額、生物学等の研究行ったSTS-81乗り込んで1997年1月22日地球帰還した投票前ミッション始まり帰還投票後になったため、ブラハ1996年11月選挙には参加できなかった。1997年テキサス州選挙規則修正し宇宙からも投票ができるようにした。

※この「宇宙飛行」の解説は、「ジョン・ブラハ」の解説の一部です。
「宇宙飛行」を含む「ジョン・ブラハ」の記事については、「ジョン・ブラハ」の概要を参照ください。


宇宙飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/07 22:34 UTC 版)

チャールズ・ボールデン」の記事における「宇宙飛行」の解説

STS-61-Cでは、ボールデンコロンビア操縦手務めた6日間飛行で、Ku帯の通信衛星展開され宇宙物理学及び材料科学実験が行われた。STS-61-Cは、1986年1月12日ケネディ宇宙センターから打ち上げられ地球96周して1986年1月18日エドワーズ空軍基地帰還したSTS-31では、ボールデン操縦手としてディスカバリー操縦した1990年4月24日ケネディ宇宙センターから打ち上げられ乗組員5日間のミッションで、ハッブル宇宙望遠鏡展開し、ミッドデッキで様々な実験行ったまた、キャビンやカードベイでIMAXを含む様々なカメラ用いて記録樹立した400マイル以上の高度から地球撮影した121時間地球75周し、1990年4月29日エドワーズ空軍基地帰還したSTS-45では、ボールデン船長務めたアトランティス1992年3月24日ケネディ宇宙センターから打ち上げられNASAMission to Planet Earthのための最初のスペースラブミッション行った9日間のミッションで、7人乗組員はATLAS-1カーゴ12個の実験機器運用した。ATLAS-1は大気化学大気物理多くの詳細なデータ得て気候大気の理解貢献した。さらに、人工的な電子ビーム初め人工オーロラ作られた地球143周し、1992年4月2日ケネディ宇宙センター帰還したSTS-60でも、ボールデン船長務めた。この飛行は、アメリカロシアの歴史的な初めての合同でのスペースシャトルミッションとなり、ロシア人セルゲイ・クリカレフ参加した1994年2月3日ケネディ宇宙センターから打ち上げられ、スペースハブとWake Shield Facility (WSF)が軌道運ばれた。さらに、乗組員は、アメリカロシア合同科学実験行った地球130周し、1994年2月11日ケネディ宇宙センター帰還した

※この「宇宙飛行」の解説は、「チャールズ・ボールデン」の解説の一部です。
「宇宙飛行」を含む「チャールズ・ボールデン」の記事については、「チャールズ・ボールデン」の概要を参照ください。


宇宙飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 09:49 UTC 版)

リチャード・コヴィー」の記事における「宇宙飛行」の解説

最初のミッション1985年8月27日フロリダ州ケネディ宇宙センターからディスカバリー打ち上げられSTS-51-Iで、パイロット務めた7日間ミッションで、アメリカ海軍SYNCOM IV-4、オーストラリアのAUSSAT、アメリカ移動体衛星のASC-1という3つの通信衛星展開したまた、この飛行では、質量6.8tのSYNCOM IV-3とのランデブー修理成功している。この修理際には、宇宙遊泳により初め手で衛星をつかみ、また手で衛星展開している。ミッション期間は170時間で、地球112収支1985年9月3日エドワーズ空軍基地着陸した次の宇宙飛行はSTS-26で、チャレンジャー爆発事故後、初のミッションとなった1988年9月29日ケネディ宇宙センターからディスカバリー打ち上げられた。97時間ミッションで、TDRS-C衛星と、2つ学生実験を含む11個の2次ペイロード展開した地球64周し、1988年10月3日エドワーズ空軍基地着陸したSTS-38では5人の乗組員船長務め1990年11月15日夜間フロリダ州ケネディ宇宙センターから打ち上げられた。5日間のミッションで、国防総省ミッション運用行った117時間地球80周し、1990年11月20日コヴィーケネディ宇宙センター滑走路アトランティス着陸させた。これは、1985年以来フロリダ州へのスペースシャトル着陸となった4度目の宇宙飛行では、STS-61エンデバー7人乗組員船長務めたSTS-61は、1993年12月2日フロリダ州ケネディ宇宙センターから打ち上げられた。11日間のミッションで、4人の乗組員新記録となる5回の宇宙遊泳行いハッブル宇宙望遠鏡捕捉修理した地球163周し、1993年12月13日夜間ケネディ宇宙センター滑走路着陸した

※この「宇宙飛行」の解説は、「リチャード・コヴィー」の解説の一部です。
「宇宙飛行」を含む「リチャード・コヴィー」の記事については、「リチャード・コヴィー」の概要を参照ください。


宇宙飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/05 17:07 UTC 版)

ソーティ」の記事における「宇宙飛行」の解説

宇宙飛行では、特にNASAコンステレーション計画での"sortie"という言葉が、オリオン宇宙船による、月までや太陽-地球系ラグランジュ点 L2までといった飛行のような低地軌道 (LEO) の流れ越え飛行のために生み出された。 NASAにより1968年から1972年まで行われたアポロ計画での、9回のそのような軌道まで、または月までの飛行おいても、この用語が使われことはない

※この「宇宙飛行」の解説は、「ソーティ」の解説の一部です。
「宇宙飛行」を含む「ソーティ」の記事については、「ソーティ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「宇宙飛行」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「宇宙飛行」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宇宙飛行」の関連用語

宇宙飛行のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宇宙飛行のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宇宙飛行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカーティス・ブラウン (改訂履歴)、ボイジャーのゴールデンレコード (改訂履歴)、テスラ・ロードスター (改訂履歴)、李素妍 (宇宙飛行関係者) (改訂履歴)、アイ・ビリーブ・アイ・キャン・フライ (改訂履歴)、グレゴリー・オルセン (改訂履歴)、ベイカー (サル) (改訂履歴)、ココ・ブラウン (改訂履歴)、ディルク・フリムー (改訂履歴)、ワレンチナ・テレシコワ (改訂履歴)、ラケッシュ・シャルマ (改訂履歴)、スコット・アルトマン (改訂履歴)、ウラジーミル・コマロフ (改訂履歴)、ジョン・クレイトン (宇宙飛行士) (改訂履歴)、ジョン・キャスパー (改訂履歴)、キャスリン・コールマン (改訂履歴)、ジョン・ブラハ (改訂履歴)、チャールズ・ボールデン (改訂履歴)、リチャード・コヴィー (改訂履歴)、ソーティ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS