STS-47とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > STS-47の意味・解説 

STS-47

分類:スペースシャトル


名称:STS-47
オービター名称:エンデバー
打ち上げ国名機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1992年9月12日
着陸年月日:1992年9月20日
宇宙飛行士:ロバート・ギブソン/カーティス・L・ブラウンJr./マーク・C・リー/ジェローム・アプト/J・デイビス/Mジェミソン/毛利衛
飛行時間:190時間30

STS-47のエンデバーには、毛利衛さんが日本人として初め乗りこみました。毛利衛さんは北海道大学工学部助教授でしたが、スペースシャトル日本人搭乗科学技術者(ペイロード・スペシャリスト)に応募して選ばれた人です。
エンデバーでは、宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))NASA共同による宇宙実験プロジェクトふわっと'92(第一次材料実験)」が行われました。実験テーマ日本全国大学研究所などから募集したもので、宇宙微小重力利用した22件の材料実験12件のライフサイエンス(生命科学)実験がなされています。毛利衛さんは、超伝導材料創製を使った宇宙酔い実験などを担当しました。
毛利衛さんはまた、毛利さんの出身地・北海道余市町小学生20人の子どもたちに、テレビ中継通じて宇宙からの授業行ないました。リンゴを使った実験などを通じて無重力の不思議さやおもしろさを教え宇宙授業でした。

1.どんな形をして、どのような性能持っている
スペースシャトル・エンデバーは、オービター(軌道船)と呼ばれる有人宇宙船(エンデバー)と、それを打上げるための固体燃料ブースターロケット2基、液体燃料を入れてある外部タンクからなっています。全体長さは56m、高さ23m、重さ2,000tで、オービターだけの長さは37m、高さ17m、重さ85tです。外部タンク使い捨てですが、オービターとブースターロケットはくりかえし使われます。


2.打ち上げ飛行順序はどうなっているの?
ブースターロケットの噴射と、外部タンク液体燃料を使うオービター噴射打ち上げます。2分後に、燃料燃えつきたブースターロケットが切り離され、パラシュート落下します。8分後、高度250kmから400kmに達したとき外部タンクが切り離され、オービター軌道修正エンジン地球周回軌道乗ります。オービター地球に戻るときは、グライダーのように滑空しながら着陸します。

3.宇宙飛行目的は?
宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))NASA共同による科学実験です。


4.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
日本人初め毛利衛さんがスペースシャトル搭乗したミッションで、宇宙さまざまな材料実験生命科学実験が行われました。

参考文献:「Newton Collection II 宇宙開発竹内 均監修(教育社)、「SPACE ATLAS 宇宙のすべてがわかる本」河島監修/三品隆司・著(PHP研究所)、朝日新聞縮刷版 平成4年9月


STS-47

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/10 23:10 UTC 版)

STS-47は、アメリカ合衆国スペースシャトルの50回目のミッションである。






「STS-47」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「STS-47」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
98% |||||

9
98% |||||

10
98% |||||

STS-47のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



STS-47のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2021 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSTS-47 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS