STS-76とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > STS-76の意味・解説 

STS-76

分類:スペースシャトル


名称:STS-76
オービター名称:アトランティス
打ち上げ国名機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1996年3月22日
着陸年月日:1996年3月31日
宇宙飛行士:ケビン・P・チルトン/リチャード・A・シーアフォス/シャノン・W・ルシッド/リンダ・M・ゴドウィン/マイケル・R・クリフォード/ロナルド・M・セガ
飛行時間:221時間16

STS-76のアトランティスでは、STS-71STS-74続いて3回目になるロシア宇宙ステーションミール」とのドッキングや、船外活動などが行われました。
このドッキング計画は、STS-74アトランティスのときから準備が進められていたもので、計画に必要な変圧器バッテリー食料飲料水衣類など862kgをこえる荷物アトランティスからミールへ、あらかじめ運びこまれていました。
ドッキング計画飛行3日目に実行され、アトランティスのカーゴベイ(荷物室)前方取り付けられたドッキング・システムと、ミールのドッキング・モジュールを連結することで、ドッキングを果たしました。
ドッキングした状態で約5日飛行したのち、STS-79ミッションで再びアトランティスやってくるまで、シャノン・W・ルシッド宇宙飛行士ミール残りました。

1.どんな形をして、どのような性能持っている
スペースシャトル・アトランティスは、オービター(軌道船)と呼ばれる有人宇宙船(アトランティス)と、それを打ち上げるための固体燃料ブースターロケット2基と、液体燃料を入れてある外部タンクからなっています。全体長さは56m、高さ23m、重さ2,000tで、オービターだけの長さは37m、高さ17m、重さ85tです。外部タンク使い捨てですが、オービターとブースターロケットはくりかえし使われます。


2.打ち上げ飛行順序はどうなっているの?
ブースターロケットの噴射と、外部タンク液体燃料を使うオービター噴射打ち上げます。2分後に、燃料燃えつきたブースターロケットが切り離され、パラシュート落下します。8分後、高度250kmから400kmに達したとき外部タンクが切り離され、オービター軌道修正エンジン地球周回軌道乗ります。飛行3日目に宇宙ステーションミール」とドッキングし、飛行10日目にオービター地球へ戻りグライダーのように滑空しながら着陸しました。


3.宇宙飛行目的は?
ロシアの宇宙ステーションミール」とのドッキング船外活動科学実験などです。

4.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
宇宙ステーションミール」とのドッキング成功しました。また、ドッキング中にリンダ・M・ゴドウィンマイケル・R・クリフォード二人宇宙飛行士船外活動行ないました。

参考文献:「Newton Collection II 宇宙開発竹内 均監修(教育社)1992年発行SPACE ATLAS 宇宙のすべてがわかる本」河島監修/三品隆司・著(PHP研究所)1995年発行


STS-76

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/27 07:54 UTC 版)

STS-76は、アメリカ航空宇宙局の76回目のスペースシャトルのミッションであり、アトランティスの16回目の飛行である。1996年3月22日午前3時13分(EST)にケネディ宇宙センター第39発射施設Bから打ち上げられた。9日間で約610万kmを移動し、地球を145周して1996年3月31日5時28分(PST)にエドワーズ空軍基地第22滑走路に着陸した。






「STS-76」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「STS-76」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||

8
98% |||||

9
98% |||||

10
96% |||||

STS-76のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



STS-76のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2020 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSTS-76 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS