STS-42とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > STS-42の意味・解説 

STS-42

分類:スペースシャトル


名称:STS-42
オービター名称:ディスカバリー
打ち上げ国名機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1992年1月22日
着陸年月日:1992年1月30日
宇宙飛行士:ロナルド・グレーブ/ステファン・S・オズワルド/ノーマン・サガード/デビッド・ヒルマー/ウイリアム・F・レディ/ロベルタ・ボンダー/ウルフ・メルボルト
飛行時間:193時間15

STS-42のディスカバリーにはスペースラブが積みこまれていました。スペースラブESA(欧州宇宙機関)が開発した有人宇宙実験室です。スペースシャトルとはパイプ状の通路でつながれ、空気を満たした部屋真空さらされる実験台があり、数人乗ることができますこのときスペースラブはIML-1(第一次国際微小重力実験室)で、各国研究者提案によって開発されたものでした。
日本からも宇宙放射線モニタリング装置有機結晶成長装置が提供されたIML-1では、宇宙空間微小重力利用して、物質結晶成長実験宇宙酔い実験など55種類科学実験が行われました。

1.どんな形をして、どのような性能持っている
スペースシャトル・ディスカバリーは、オービター(軌道船)と呼ばれる有人宇宙船(ディスカバリー)と、それを打上げるための固体燃料ブースターロケット2基、液体燃料を入れてある外部タンクからなっています。全体長さは56m、高さ23m、重さ2,000tで、オービターだけの長さ37メートル、高さ17m、重さ85tです。外部タンク使い捨てですが、オービターとブースターロケットはくりかえし使われます。


2.打ち上げ飛行順序はどうなっているの?
ブースターロケットの噴射と、外部タンク液体燃料を使うオービター噴射打ち上げます。2分後に、燃料燃えつきたブースターロケットが切り離され、パラシュート落下します。8分後、高度250kmから400kmに達したとき外部タンク切り離され、オービター軌道修正エンジン地球周回軌道乗ります。オービター地球に戻るときは、グライダーのように滑空しながら着陸します。

3.宇宙飛行目的は?
IML-1スペースラブでの科学実験です。

4.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
IML-1スペースラブのなかで、微小重力利用した実験行ないました。

参考文献:「Newton Collection II 宇宙開発竹内 均監修(教育社)、「SPACE ATLAS 宇宙のすべてがわかる本」河島監修/三品隆司・著(PHP研究所)、朝日新聞縮刷版 平成4年1月


STS-42

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/10 23:09 UTC 版)

STS-42は、ディスカバリーによるスペースラブを用いて行われたミッションである。打上げは、当初は1992年1月22日8時45分(EST)が予定されていたが、天候のために延期され、9時52分(EST)に打ち上げられた[1]。ミッションの主目的は、様々な生物に対する微小重力の効果の研究であった。ディスカバリーは、1992年1月30日8時7分(PST)にエドワーズ空軍基地第22滑走路に着陸した[1]。STS-42は、1992年に行われたディスカバリーの2回の飛行のうち最初のもので、2回目は1992年12月2日に打ち上げられたSTS-53であった。また、このミッション以降、1997年2月11日に打ち上げられたSTS-82まで、ディスカバリーでの乗組員7人の飛行は行われなかった。




  1. ^ a b c d Jim Dumoulin (2001年6月29日). “STS-42”. NASA. 2006年1月5日閲覧。


「STS-42」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「STS-42」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
98% |||||

STS-42のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



STS-42のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2022 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSTS-42 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS