STS-61とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > STS-61の意味・解説 

STS-61

分類:スペースシャトル


名称:STS-61
オービター名称:エンデバー
打ち上げ国名機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1993年12月2日
着陸年月日:1993年12月13日
宇宙飛行士:リチャード・コービー/ケネス・D・ボワソックス/キャスリン・C・ソーントン/クラウド・ニコリエール/ジェフリー・ホフマン/ストーリー・マスグレイブ/トーマス・エイカーズ
飛行時間:259時間59

STS-61のエンデバーハッブル宇宙望遠鏡修理行ないました。
ハッブル宇宙望遠鏡1990年打ち上げられていたものです。天体観測して宇宙誕生のなぞや星の進化などを探るために開発されました。しかし、製造ミス故障のせいで本来の働きができなくなっていました。
そこでSTS-61のエンデバーでは11日間の飛行間中5日間をついやして大修理作戦が行われました。ハッブル宇宙望遠鏡シャトル荷物室に回収したあと、キャスリン・ソーントンとトーマス・エイカーズの2人宇宙飛行士船外活動によって、太陽電池パネル新しいものに交換するなどの修理作業をしています。
修理の終わったハッブル宇宙望遠鏡は、ロボット・アームを使ってシャトル荷物室から再び宇宙空間放出されました。

1.どんな形をして、どのような性能持っている
スペースシャトル・エンデバーは、オービター(軌道船)と呼ばれる有人宇宙船(エンデバー)と、それを打上げるための固体燃料ブースターロケット2基、液体燃料を入れてある外部タンクからなっています。全体長さは56m、高さ23m、重さ2,000tで、オービターだけの長さは37m、高さ17m、重さ85tです。外部タンク使い捨てですが、オービターとブースターロケットはくりかえし使われます。

2.打ち上げ飛行順序はどうなっているの?
ブースターロケットの噴射と、外部タンク液体燃料を使うオービター噴射打上げます。2分後に、燃料燃えつきたブースターロケットが切り離され、パラシュート落下します。8分後、高度250kmから400kmに達したとき外部タンクが切り離され、オービター軌道修正エンジン地球周回軌道乗ります。オービター地球に戻るときは、グライダーのように滑空しながら着陸します。


3.宇宙飛行目的は?
ハッブル宇宙望遠鏡修理です。

4.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
ハッブル宇宙望遠鏡修理成功しました。


参考文献:「Newton Collection II 宇宙開発竹内 均監修(教育社)、「SPACE ATLAS 宇宙のすべてがわかる本」河島監修/三品隆司・著(PHP研究所)、朝日新聞縮刷版 平成5年12月



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「STS-61」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

STS-61のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



STS-61のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2019 Japan Aerospace Exploration Agency

©2019 Weblio RSS