STS-43とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > STS-43の意味・解説 

STS-43

分類:スペースシャトル


名称:STS-43
オービター名称:アトランティス
打ち上げ国名機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1991年8月2日
着陸年月日:1991年8月11日
宇宙飛行士:ジョン・ブラハ/マイケル・A・ベーカー/ジェームス・アダムソン/デビッド・ロウ/シャノン・W・ルシッド
飛行時間:213時間21

STS-43のアトランティスは、宇宙通信補助するための追跡・データ中継衛星TDRS軌道上に運びました。ほかにも、宇宙ステーション作るときのための、さまざまな技術テストや、地球オゾン層観測などを行ないました。
また、このときの飛行乗組員たちは「地球これまでにない煙にかすんでいる」と報告しています。「煙は中央アフリカの上空でとくに濃く、ほとんど地面見えなかった」と述べました。当時フィリピンピナトゥボ火山噴火し、大変な被害をもたらしていました。中近東クゥエート油田火災もおこっていました。それらの大規模な煙が地球をかすませて見せたのかもしれませんが、原因ははっきりしていません。

1.どんな形をして、どのような性能持っている
スペースシャトル・アトランティスは、オービター(軌道船)と呼ばれる有人宇宙船(アトランティス)と、それを打上げるための固体燃料ブースターロケット2基、液体燃料を入れてある外部タンクからなっています。全体長さは56m、高さ23m、重さ2,000tで、オービターだけの長さは37m、高さ17m、重さ85tです。外部タンク使い捨てですが、オービターとブースターロケットはくりかえし使われます。


2.打ち上げ飛行順序はどうなっているの?
ブースターロケットの噴射と、外部タンク液体燃料を使うオービター噴射打上げます。2分後に、燃料燃えつきたブースターロケットが切り離され、パラシュート落下します。8分後、高度250kmから400kmに達したとき外部タンクが切り離され、オービター軌道修正エンジン地球周回軌道乗ります。オービター地球に戻るときは、グライダーのように滑空しながら着陸します。

3.宇宙飛行目的は?
人工衛星打上げや、宇宙ステーション用の技術テストなどです。


4.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
追跡・データ中継衛星TDRS軌道上に乗せました。

参考文献:「Newton Collection II 宇宙開発竹内 均監修(教育社)、「SPACE ATLAS 宇宙のすべてがわかる本」河島監修/三品隆司・著(PHP研究所)、朝日新聞縮刷版 平成3年8月


STS-43

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/26 09:02 UTC 版)

STS-43は、4機目のTDRSであるTDRS-Eの打上げを主目的とした、アトランティスの9回目のミッションである。将来の宇宙ステーションで用いられる可能性のあるヒートパイプラジエータの試験や医学実験、材料実験等が行われた。






「STS-43」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

STS-43に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「STS-43」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

STS-43のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

STS-66

クェーサー

うお座

ミール

人工衛星の構造と設計

こだま

チャールズ・J・プレコート

惑星の組成





STS-43のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2017 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSTS-43 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS