STS-57とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > STS-57の意味・解説 

STS-57

分類:スペースシャトル


名称:STS-57
オービター名称:エンデバー
打ち上げ国名機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1993年6月21日
着陸年月日:1993年7月1日
宇宙飛行士:ロナルド・グレーブ/ブライアン・ダフィー/デビッド・ロウ/N・シャーロック/ピーター・J・K・ワイゾフ/ジャニス・ボス
飛行時間:239時間45

STS-57のエンデバーには、初のスペースハブ(商業宇宙実験室)が積まれていました。学問のための研究行なう公的スペースラブとちがい、スペースハブは商品開発のための研究行なう民間宇宙実験室です。スペースラブモジュール(構成部分)を大型化して作られました。
また、1990年打ち上げられたハッブル宇宙望遠鏡修理する必要があり、STS-57のエンデバーそのため事前訓練として船外活動行ないました。
ほかに、EURECA(欧州宇宙実験プラットホーム)の捕獲にも成功しています。

1.どんな形をして、どのような性能持っている
スペースシャトル・エンデバーは、オービター(軌道船)と呼ばれる有人宇宙船(エンデバー)と、それを打上げるための固体燃料ブースターロケット2基、液体燃料を入れてある外部タンクからなっています。全体長さは56m、高さ23m、重さ2,000tで、オービターだけの長さは37m、高さ17m、重さ85tです。外部タンク使い捨てですが、オービターとブースターロケットはくりかえし使われます。


2.打ち上げ飛行順序はどうなっているの?
ブースターロケットの噴射と、外部タンク液体燃料を使うオービター噴射打ち上げます。2分後に、燃料燃えつきたブースターロケットが切り離され、パラシュート落下します。8分後、高度250kmから400kmに達したとき外部タンクが切り離され、オービター軌道修正エンジン地球周回軌道乗ります。オービター地球に戻るときは、グライダーのように滑空しながら着陸します。

3.宇宙飛行目的は?
スペースハブ(商業宇宙実験室)での科学実験EURECA(欧州宇宙実験プラットホーム)の捕獲ハッブル宇宙望遠鏡修理する訓練のための船外活動です。


4.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
初のスペースハブ(商業宇宙実験室)で科学実験が行われました。

参考文献:「Newton Collection II 宇宙開発竹内 均監修(教育社)、「SPACE ATLAS 宇宙のすべてがわかる本」河島監修/三品隆司・著(PHP研究所)





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「STS-57」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

STS-57のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



STS-57のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2018 Japan Aerospace Exploration Agency

©2018 Weblio RSS