STS-95とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > STS-95の意味・解説 

STS-95

分類:スペースシャトル


名称:STS-95
オービター名称:ディスカバリー
打ち上げ国名機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1998年10月29日
着陸年月日:1998年11月7日
宇宙飛行士:カーティス・L・ブラウンJr./スチーブン・W・リンゼー/スコット・E・パラジンスキー/ステファン・K・ロビンソン/ペドロ・デュケ/向井千秋/ジョン・H・グレン
飛行時間:213時間44

STS-95のディスカバリーには、日本人女性宇宙飛行士向井千秋さんが乗っていました。1994年打ち上げSTS-65コロンビア続いて2度目の飛行でした。向井宇宙飛行士は、ガマアンコウというを使った「宇宙酔い」の実験や、宇宙微小重力のなかで植物どのように成長するか、などの科学実験行いました。
STS-95ディスカバリーにはまた、77歳という、これまでで最高齢宇宙飛行士になるジョン・グレン宇宙飛行士も乗っていました。グレン飛行士は、1962年アメリカ人初め地球周回飛行を行った宇宙飛行士です。高齢の体に宇宙環境どのような影響をあたえるかを調べるため、36年ぶりで2度目の宇宙飛行に挑んだのでした。
STS-95ディスカバリーでは他にもさまざまな科学実験や、太陽コロナ観測衛星スパルタン放出回収などが行われました。

1.どんな形をして、どのような性能持っている
スペースシャトル・ディスカバリーは、オービター(軌道船)と呼ばれる有人宇宙船(ディスカバリー)と、それを打上げるための固体燃料ブースターロケット2基と、液体燃料を入れてある外部タンクからなっています。全体長さは56m、高さ23m、重さ2000tで、オービターだけの長さは37m、高さ17m、重さ85tです。外部タンク使い捨てですが、オービターとブースターロケットはくりかえし使われます。


2.打ち上げ飛行順序はどうなっているの?
ブースターロケットの噴射と、外部タンク液体燃料を使うオービター噴射打上げます。2分後に、燃料燃えつきたブースターロケットが切り離され、パラシュート落下します。8分後、高度250kmから400kmに達したとき外部タンクが切り離され、オービター軌道修正エンジン地球周回軌道乗ります。オービター地球に戻るときは、グライダーのように滑空しながら着陸します。

3.宇宙飛行目的は?
植物の観察物質結晶作るなど、宇宙微小重力利用したさまざまな科学実と、太陽コロナ観察衛星スパルタン放出です。


4.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
向井千秋宇宙飛行士2度目の宇宙飛行行い77歳のジョン・グレン宇宙飛行士もまた36年ぶりで2度目の宇宙飛行行いました。また、さまざまな科学実験実施しました。

参考文献:「Newton Collection II 宇宙開発竹内 均監修(教育社)、「SPACE ATLAS 宇宙のすべてがわかる本」河島監修/三品隆司・著(PHP研究所)


STS-95

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/11 09:55 UTC 版)

STS-95は、1998年10月にスペースシャトルディスカバリーによって行われた8日間に渡る有人宇宙飛行である。ディスカバリーの25回目の飛行で、1981年4月にスペースシャトルのプログラムが始まって以来、92回目の飛行であった。また1959年のマーキュリー計画時代の宇宙飛行士で、アメリカ合衆国上院議員のジョン・ハーシェル・グレンが復帰し、2度目の宇宙飛行を行ったことで話題となった。グレンは最年長の宇宙飛行者となった。また、アメリカ合衆国でATSC高精細度テレビジョン放送が始まったことでも知られる。さらに、ペドロ・デュケがスペイン人で初めての宇宙飛行者となった。






「STS-95」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「STS-95」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
98% |||||

8
98% |||||

9
98% |||||

10
98% |||||

STS-95のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



STS-95のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2020 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSTS-95 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS