STS-6とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > STS-6の意味・解説 

STS-6

分類:スペースシャトル


名称:STS-6
オービター名称:チャレンジャー
打ち上げ国名機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1983年4月4日
着陸年月日:1983年4月9日
宇宙飛行士:ポール・ワイツ/カロル・ボブコー/ドナルド・ピーターソン/ストーリー・マスグレイブ
飛行時間:120時間23

コロンビアに続く2機目のスペースシャトルチャレンジャーです。1983年4月4日打上げチャレンジャーにとって初めての飛行でした。
STS-6のチャレンジャーは、それまで最大通信衛星TDRS-Aを宇宙運びました。TDRSは、スペースシャトル地上交信100%カバーするシステム作るのに必要な通信衛星のひとつでした。チャレンジャーからの放出失敗してTDRS異常な回転をはじめ、一時制御不能な状態になってしまいましたが、その後TDRS姿勢制御エンジン安定した静止軌道乗りました。
またSTS-6のチャレンジャーでは、スペースシャトル初めての船外活動や、無重力状態雪の結晶作る実験などが行われています。
5日間で地球のまわり80周したあと、チャレンジャー地球戻りました。

1.どんな形をして、どのような性能持っている
スペースシャトル・チャレンジャーは、オービター(軌道船)と呼ばれる有人宇宙船(チャレンジャー)と、それを打上げるための固体燃料ブースターロケット2基と、液体燃料を入れてある外部タンクからなっています。全長56m、高さ23m、重さ2,000tで、オービターだけの長さは37m、高さ17m、重さ85tです。外部タンク使い捨てですが、オービターとブースターロケットはくりかえし使われます。


2.打ち上げ飛行順序はどうなっているの?
ブースターロケットの噴射と、外部タンク液体燃料を使うオービター噴射打上げます。2分後に、燃料燃えつきたブースターロケットが切り離され、パラシュート落下します。8分後、高度250kmから400kmに達したとき外部タンクが切り離され、オービター軌道修正エンジン地球周回軌道乗ります。オービター地球に戻るときは、グライダーのように滑空しながら着陸します。


3.宇宙飛行目的は?
人工衛星静止軌道乗せること、船外活動科学実験などです。

4.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
通信衛星TDRS静止軌道乗せるのに失敗し、その後シャトルからの衛星発射課題を残しました。

参考文献:「Newton Collection II 宇宙開発竹内 均監修(教育社)、「SPACE ATLAS 宇宙のすべてがわかる本」河島監修/三品隆司・著(PHP研究所)、朝日新聞縮刷版 昭和58年4月


STS-6

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/15 22:50 UTC 版)

STS-6は、1983年4月4日より行われたスペースシャトル計画のミッションである。オービタチャレンジャーを用いた初めてのミッションである。






「STS-6」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

STS-6に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「STS-6」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

STS-6のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

リロイ・チャオ

スペースシャトルのペイロード・ベイ

ジェミニ4号

軌道制御

おおぞら

宇宙食

STS-66

星の町





STS-6のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2017 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSTS-6 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS