3回目とは? わかりやすく解説

3回目(FP3)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 10:01 UTC 版)

2016年オーストリアグランプリ」の記事における「3回目(FP3)」の解説

7月2日現地時間9:00ら行われた。

※この「3回目(FP3)」の解説は、「2016年オーストリアグランプリ」の解説の一部です。
「3回目(FP3)」を含む「2016年オーストリアグランプリ」の記事については、「2016年オーストリアグランプリ」の概要を参照ください。


3回目(FP3)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 09:53 UTC 版)

2017年日本グランプリ (4輪)」の記事における「3回目(FP3)」の解説

2017年10月7日 12:00 メルセデスバルテリ・ボッタスギアボックス交換。6戦連続使用規定違反するため5グリッド降格となる。マクラーレン・ホンダはフェルナンド・アロンソパワーユニットに異常が見つかったため、すべてのコンポーネント交換エンジンとMGU-Hは8基目、MGU-Hとターボ10基目、ESは7基目、CEは6基目)して35グリッド降格となったルノージョリオン・パーマーパワーユニット交換(5基目のエンジン、6基目のターボとMGU-H)して20グリッド降格となった気温21度、路面温度28度、前日からの止み路面にはウエットパッチが残るもののドライコンディションでスタートした開始10分ハミルトンコースレコードに迫る1分29秒069をマーク。すぐにボッタスが1分29秒055を出してトップ立った。しかし、ボッタスは20分過ぎにスプーンオーバーランしマシン右側を壁に接触させたためパーツ飛び散りコース上にデブリ出たため赤旗中断となる。31分再開されたが、すぐにキミ・ライコネンデグナークラッシュして再び赤旗中断となったセッション再開後はタイム更新がないまま終了した

※この「3回目(FP3)」の解説は、「2017年日本グランプリ (4輪)」の解説の一部です。
「3回目(FP3)」を含む「2017年日本グランプリ (4輪)」の記事については、「2017年日本グランプリ (4輪)」の概要を参照ください。


3回目(FP3)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 10:01 UTC 版)

2016年イギリスグランプリ」の記事における「3回目(FP3)」の解説

気温17度、路面温度19度。セッション開始前降った影響でハーフウエット状態で開始された。このため序盤タイヤ走行したが、開始15分頃には徐々に路面乾きしたため各車ドライタイヤ履き替えていく。残り20分マーカス・エリクソンターン15の出口スピンしてタイヤバリア激しく激突しマシン大破赤旗中断となる。エリクソン無事にマシン降りたが、メディカルチェックを受けるため予選出走見合わせることになった再開後、ハミルトンが1:30.904で最速タイム更新、全セッショントップとなったベッテル無線ギアボックス問題再発した訴えセッション終了後ギアボックス交換し5グリッド降格確定した

※この「3回目(FP3)」の解説は、「2016年イギリスグランプリ」の解説の一部です。
「3回目(FP3)」を含む「2016年イギリスグランプリ」の記事については、「2016年イギリスグランプリ」の概要を参照ください。


3回目(FP3)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 10:03 UTC 版)

2016年イタリアグランプリ」の記事における「3回目(FP3)」の解説

気温27度、路面33度。金曜日続いて晴天ロマン・グロージャンが、ターン8のアスカリシケイン進入時、左側縁石タイヤ乗せた際に姿勢乱して単独スピンそのままグラベルマシン止めてしまいバーチャルセーフティカー導入された。グロージャンは4周でこのセッション終了予選前にギアボックス交換が必要となり5グリッド降格決定している。セッション終盤はソフトタイヤのまま走行したレッドブル除き各車スーパーソフトタイヤでタイム更新する。トップタイムはハミルトン(1:22.008)、2位ロズベルグ上位2台をメルセデスが、フェラーリ3位ベッテル4位ライコネンと続く構図FP1ら変わらなかった。

※この「3回目(FP3)」の解説は、「2016年イタリアグランプリ」の解説の一部です。
「3回目(FP3)」を含む「2016年イタリアグランプリ」の記事については、「2016年イタリアグランプリ」の概要を参照ください。


3回目(FP3)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 10:03 UTC 版)

2016年ベルギーグランプリ」の記事における「3回目(FP3)」の解説

気温28度、路面30度、この日晴天のまま迎える。ハミルトンFP3前にパワーユニット(全エレメント)を交換ターボチャージャーとMGU-Hは8基目、エンジンとMGU-Kは6基目となり、前日までの分と合わせて55グリッド降格となった。オー・ルージュの先でスロー走行をしていたエステバン・グティエレスパスカル・ウェーレインが行く手を阻まれあわや接触しかけた。この一件グティエレスブロッキング見なされ、5グリッド降格ペナルティポイント3点科されている。トップタイムはキミ・ライコネン(1:47.974)。FP2でトップタイムを出したフェルスタッペンコース出られないままFP3終えた

※この「3回目(FP3)」の解説は、「2016年ベルギーグランプリ」の解説の一部です。
「3回目(FP3)」を含む「2016年ベルギーグランプリ」の記事については、「2016年ベルギーグランプリ」の概要を参照ください。


3回目(FP3)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 10:01 UTC 版)

2016年ヨーロッパグランプリ」の記事における「3回目(FP3)」の解説

開始直後ピットロード出口バルテリ・ボッタス排水溝の上通過した直後に外れたマシン側面接触してダメージ受けた。この修復のため、ボッタスはタイム出せなかった。FP1から好調だったフォース・インディアだったが、終了直前セルジオ・ペレスターン15の立ち上がりクラッシュ赤旗振られそのまま終了となった。なお、ペレスはこのクラッシュによりギアボックス交換、5グリッド降格決定している。ハミルトン(1:44.352)が全てのセッションでトップタイムを記録した

※この「3回目(FP3)」の解説は、「2016年ヨーロッパグランプリ」の解説の一部です。
「3回目(FP3)」を含む「2016年ヨーロッパグランプリ」の記事については、「2016年ヨーロッパグランプリ」の概要を参照ください。


3回目(FP3)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 09:53 UTC 版)

2017年アメリカグランプリ」の記事における「3回目(FP3)」の解説

2017年10月21日 11:00 レッドブルフェルスタッペンパワーユニット交換(6基目のエンジンとMGU-H)し、グリッド降格ペナルティを受ける。なお、金曜時点で4基目のバッテリー(ES)と電子制御装置(CE)に交換している。ベッテルFP2スピンした後、フロントアクスルの感触がおかしいと訴えたが、メカニック原因突き止めることができなかったため、予防的措置シャシー交換したセッション路面温度32度、気温26度のドライコンディションで行われたシャシー交換したベッテルは特に問題なく2番手のタイム記録したセッション中盤ロマン・グロージャンスピン喫してグラベルから抜け出せなかったため、バーチャルセーフティカー導入された。このセッションでもハミルトン好調でFP2タイム上回る1分34478出した

※この「3回目(FP3)」の解説は、「2017年アメリカグランプリ」の解説の一部です。
「3回目(FP3)」を含む「2017年アメリカグランプリ」の記事については、「2017年アメリカグランプリ」の概要を参照ください。


3回目(FP3)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 09:54 UTC 版)

2017年アブダビグランプリ」の記事における「3回目(FP3)」の解説

2017年11月25日 14:00 気温25度、路面温度43度、ドライコンディション。 セッション中盤強風影響でターン8にパラソル侵入したためバーチャルセーフティカー(VSC)が導入されるハプニングがあった。セッション終盤ハミルトン1分37627のトップタイムを記録した

※この「3回目(FP3)」の解説は、「2017年アブダビグランプリ」の解説の一部です。
「3回目(FP3)」を含む「2017年アブダビグランプリ」の記事については、「2017年アブダビグランプリ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「3回目」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「3回目」に関係したコラム

  • マーチンゲール法を用いたバイナリーオプションの売買手法

    マーチンゲール法は、勝率が50%、払い戻しが2倍の勝負に用いられる手法の1つです。1回目のかけ金を1にして、負けた場合には2回目のかけ金を1回目のかけ金の倍の2にします。さらに負けた場合には3回目のか...

  • FXのペイオフレシオとは

    FX(外国為替証拠金取引)のペイオフレシオ(payoff ratio)とは、FXでの取引における利益率のことです。ペイオフレシオは、リスクリワードレシオ(risk reward ratio)ともいいま...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

3回目のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



3回目のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの2016年オーストリアグランプリ (改訂履歴)、2017年日本グランプリ (4輪) (改訂履歴)、2016年イギリスグランプリ (改訂履歴)、2016年イタリアグランプリ (改訂履歴)、2016年ベルギーグランプリ (改訂履歴)、2016年ヨーロッパグランプリ (改訂履歴)、2017年アメリカグランプリ (改訂履歴)、2017年アブダビグランプリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS