ライフサイエンスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 専攻 > 学問 > ライフサイエンスの意味・解説 

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


ライフサイエンス

【英】: Life-science
遺伝子研究などをはじめとした、生命そのもの科学的観点から捉える学問のこと。

しかし、遺伝子基礎研究時代から機能解明による応用利用時代移行し、その成果人類の共通財産として、医療食品環境農業などあらゆる分野活用され、ライフサイエンス技術情報技術(IT)の融合など、ライフサイエンスの範囲が広がっている。

遺伝子


生命科学

(ライフサイエンス から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/20 15:27 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search

生命科学(せいめいかがく、: life science[1])は、 生命を研究対象とする学問のことである。自然科学(natural science)の中で、物理科学(physical science)と対をなす。広義には、応用分野も含む。

概要

生物学と同義とされる。広義には、応用分野である医学農学なども含む。物理科学と対をなすが、生物の構成要素も物質であることから、物理科学と生命科学の境界は曖昧である。例えば、ウイルス細胞感染するが、完全に自己完結した自己増殖能をもたないので、生物かどうか定義が議論されるが、それでも生命科学の領域で取り扱われる。ただし、生命科学を生物の生命活動に関わる科学と定義すれば、ウイルスは生物の生命活動に影響を与える物質であるため、生命科学の範囲内であるといえる。

分野

生命科学には以下のような学問分野が属する。

基礎

応用

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省、日本植物学会編 『学術用語集 植物学編』 丸善1990年、増訂版。ISBN 4-621-03376-X

関連項目



ライフ・サイエンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/18 05:38 UTC 版)

ライフ・サイエンス
正式名称 株式会社ライフ・サイエンス
英文名称 LIFE SCIENCE CO.LTD
現況 事業継続中
設立日 1973年10月6日
代表者 取締役社長:石澤弘平
本社所在地 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B1
資本金 2000万円
定期刊行物 Medicament News(月3回発行)
Geriatric Medicine<老年医学>(月1回発行)
Progress in Medicine(月1回発行)
睡眠医療(年4回発行)
得意ジャンル 医学
薬学
外部リンク http://www.lifesci.co.jp/index.html
テンプレートを表示

株式会社ライフ・サイエンス(LIFE SCIENCE CO.LTD.)は、日本出版社

1973年ライフ・サイエンス創立。医学薬学領域を専門とする出版社[1]

出典

関連項目

外部リンク


ライフサイエンス

出典:『Wiktionary』 (2011/06/02 15:35 UTC 版)

ライフ サイエンス

語源

  1. 英語の life science転写

発音

名詞

翻訳




ライフサイエンスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ライフサイエンス」の関連用語

ライフサイエンスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ライフサイエンスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生命科学 (改訂履歴)、ライフ・サイエンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのライフサイエンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS