解明とは? わかりやすく解説

かい‐めい【解明】

読み方:かいめい

[名](スル)不明な点探ってはっきりさせること。「事件の真相を―する」

「解明」に似た言葉

解明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/22 14:31 UTC 版)

解 明(かい めい、朝鮮語: 해명生没年不詳)は、百済将軍大姓八族の一つである解氏出身の貴族。官位は「扞率」[1]




「解明」の続きの解説一覧

解明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 17:45 UTC 版)

伝達性海綿状脳症」の記事における「解明」の解説

異なる種の異な症状疾患が実は同じ原因で、それは異常蛋白原因だった。 1959年、W.J.Hadlowがスクレイピークールー海綿状態において類似することを発表し1966年Gajdusekクールーチンパンジー伝達することに成功した。同じ頃、神経難病高等哺乳類伝達する実験が行われていたが、いずれも不成功の中、海綿状態共通項として、クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)、家族性のゲルストマン・ストロイスラー・シャインカー症候群、(最近では牛海綿状脳症)などの伝達証明されたスクレイピー18世紀から知られる羊の神経疾患で、J.Cuilleが1936年に脳の乳化物を動物接種して、疾患伝達されることを確認したその後病原体濾過性であることから、1954年にシガードソン(Bjoern Sigurdson)が遅発性ウイルス提唱した1959年William HadlowがスクレイピークールーKuru)の海綿状態似ていること気づき論文発表。これを受け、ガイジュセック(Daniel_Carleton_Gajdusek)が1966年チンパンジーへの伝達実験成功し遅発性ウイルス説を主張したまた、1959年に、Igor Klatzoがクロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)の一部病型ではKuru同様の海綿状態を示すことを指摘しGibbs1968年CJD伝達実験成功したこのころから、ウイルス説全盛となったが、1974年日本では生田脂質代謝異常説をとるなど、疑問を呈する研究者もあった。電子顕微鏡ウイルス見出したとする報告もあったが、再現性のある報告は続かず通常のウイルスとしては異例の性質注目されるようになったスタンリー・B・プルシナースクレイピーの脳標本から原因物質単離試みた遠心分離その他の技術で上清、蛋白ウイルス細胞膜等を分離し蛋白分画感染性あること証明し1982年感染性蛋白という意味プリオン提唱したその後の研究により、プリオン蛋白立体構造変化させて発病するというメカニズムで、孤発例、遺伝例、伝達例を比較シンプルに説明した。その功績により、1997年ノーベル賞医学・生理学賞を受賞したノーベル賞講演の中でプルシナープリオンがまだ仮説段階であり、ウイルスの可能性は否定できない述べている。しかし、その意味するウイルス通常のビリオン形をとるウイルスのことではない。プリオン蛋白分子量程度で、プリオン蛋白サンプル作成中混入しうる小RNA想定している。植物病気起こすウイロイド(200-400塩基)は、RNA立体構造宿主RNAを乱すことで、発病するという説がある。同様に核酸プリオン蛋白作用して立体異性引き起こす可能性否定できない主張している。 プルシナー研究グループは'97年以降研究重ね2005年50塩基以上の核酸断片除き、かつ感染力のあるプリオン蛋白分画用意し、これに混入する25塩基程度核酸断片宿主細胞由来ものであることを示し化学処理結果から考えると、核酸異常プリオン蛋白原因である可能性は極めていとしている。まだ可能性は0ではないかしれないが、プリオン蛋白以外の不純物原因求めるのは、かなり難しくなっている。

※この「解明」の解説は、「伝達性海綿状脳症」の解説の一部です。
「解明」を含む「伝達性海綿状脳症」の記事については、「伝達性海綿状脳症」の概要を参照ください。


解明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/16 00:27 UTC 版)

時効 (金属)」の記事における「解明」の解説

アルミニウム合金X線解析することで時効現象が解明された。Al-Cu系合金を例に以下で説明する高温のために固溶体となっているAl-Cu系合金は、徐々に冷やされ548 下のいずれかの温度達するとCuAl2が飽和して析出する。この冷却素早く行うとCuAl2が析出する前に均質な固溶体のまま固定され常温になってすぐには析出してこない。やがて時間と共に変化起きる。 最初過飽和固溶体の中の原子アルミニウム面心立方格子の(100結晶面厚さ数 Å で幅100 Å ほどの規模集合する。この集合層は "GP I" と呼ばれる 原子集合がさらに進むと、厚さ数十 Å で直径数百 Å ほどの規則的な配列持った集団となり、この集合層は "GP II" や "θ相"と呼ばれる この集合はやがて、しっかりとした結晶構造持った準安定な"θ’相"へ成長し母材固溶体との間が接合態となってひずみを与えるために合としての機械的な強度最高に達する。 最終的には安定析出相の"θ相"となって固溶体分離され析出終了する。"GP I"と"GP II"は、この層の発見功績のあったギニエ (A. Guiner, 1911-2000) と、プレストン (G. D. Preston, 1896-1972) に因む名称である「GPゾーン」と呼ばれる

※この「解明」の解説は、「時効 (金属)」の解説の一部です。
「解明」を含む「時効 (金属)」の記事については、「時効 (金属)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「解明」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

解明

出典:『Wiktionary』 (2021/07/15 14:46 UTC 版)

この単語漢字
かい
第五学年
めい
第二学年
音読み 音読み

発音

名詞

(かいめい)

  1. 不明明らかにすること。

動詞

活用


「解明」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「解明」の関連用語

解明のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



解明のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの解明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの伝達性海綿状脳症 (改訂履歴)、時効 (金属) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの解明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS