点とは?

ちょ‐ぼ【点】

樗蒲(ちょぼ)の采(さい)の目の打ち方似ているところからいう》

しるしとして打つ点。ぽち。ほし。「点を打つ

(ふつう「チョボと書く)歌舞伎で、地の文義太夫節語ることまた、その義太夫節、およびその太夫。ちょぼ語り床本(ゆかほん)の語る部分傍点打ったところからの名称という。


てん【点】

【一】[名]

ペンの先などで軽く突いて記したような小さなしるし。また、そのよう見えるもの。ぽち。ちょぼ。「難読漢字のわきに点を打つ」「飛行機が点となって消える」

読点(とうてん)。文章句点を「丸」というのに対していう。「、」で表す。

漢字の字画のうち、1に似た形のもの。「」の「、」など。

位置だけあって大きさない図形。二つの線が交わる部分。「二点を通る直線

物事成果成績などに対す評価また、それを数値で表したもの評点点数。「点が辛い」

競技得点。「点が入る」

特に注目すべき箇所。ところ。「人間と他の動物との違う点は何だろう」「その点ぬかりはない」「悪い点は直す

非難される点。欠点。非。→点を打つ

漢文訓読のために字のわきに付け傍訓符号総称返り点ヲコト点の類。訓点

和歌連歌俳諧などで、批評添削(てんさく)すること。また、その評価を表すしるし。

10 灸点(きゅうてん)。「点をおろす」

11 一昼夜12等分した刻をさらに細分した単位。「辰の三点

12 航海航空用い角度単位1点円周360度32等分した11.25度。

【二】接尾助数詞

評点得点数えるのに用いる。「一〇〇満点」「五点差

物品の数をかぞえるのに用いる。「展覧会三点出品する」


なか‐で【中手/点】

囲碁で、相手の石の眼形を奪うため、相手の地の中に石を打ち込むこと。また、その石。目の数により、三目中手五目中手などと呼ぶ。


てん【点〔點〕】

[音]テン(呉)(漢) [訓]ともす とぼす たてる

学習漢字2年

小さなしるし。ぽち。「点画点線圏点黒点斑点(はんてん)・傍点

文字文章につける符号。「訓点濁点句読点

特定の位置個所。「観点起点疑点拠点欠点時点弱点終点重点焦点争点地点頂点難点美点沸点盲点要点利点論点

評価また、その値。「高点採点次点同点得点評点満点

しるしなどをつける。ちょっとした動作をして入れる。さす。「点火点眼点景点茶点灯画竜点睛(がりょうてんせい)」

一つ一つ改め調べてみる。「点検点呼

難読点前(てまえ・たてまえ)


ちょ‐ぼ【点】

〔名〕 (「ちょぼ(樗蒲)」の采の目打ち方似ているところからという)

① しるしに打つ点。ぼち。ほし。

和訓栞後編(1887)「児輩の手習に点を加ふる事をちょぼうつといふも、采のめよりいひならはせる也」

② (浄瑠璃太夫の語る部分に、しるしの点を打ったところから) 歌舞伎で、地の文義太夫節語ること、および、その義太夫節また、それを語る太夫ちょぼがたり

滑稽本戯場粋言幕の外(1806)上「桜川杣人塞翁子町の甚幸に活邑(うへむら)の幣辞、といふ舞台で豊広がチョボぢゃア結構茶番だ」

③ 「ちょぼゆか点床)」の略。


てん【点】

1⃣ 〔名〕

大きさがなく位置だけをもつ図形二直線が交わる部分

一つ集合通常の空間なぞらえ空間と呼んだときのその要素

書きものなどに記す小さなしるし。

(イ) 円形の印。ぽち。

(ロ) 読点傍点などに用いる印。「

福州温州台州求得経律論疏記外書目録(854)「楞伽阿跋多羅四巻〈科点〉、〈略〉肇論一巻〈点〉」

*筆まかせ(1884‐92)〈正岡子規〉一「文の味がぬける故、箇様な処は点を打つ間隙をおくかして」

(ハ) 漢字の字画の(ロ)のような一画また、古くは、一般漢字の画をさしていった

源氏100114頃)帚木「手を書きたるにも、深き事はなくて、ここかしこのてんなかに走り書き

斑点

尋常小学読本(1887)〈文部省〉五「蒼色にて黒き点ある卵、四個を入れ置きたり」

(5) 漢文訓読する時、その読み順を示すために、字の傍につけるしるし。かえり点。漢文訓読用い傍訓ヲコト点などをも含む。「点をさす」

宇津保(970‐999頃)蔵開中「大将、文のてん直すとてある筆を春宮とらせ給て」

(6) 文詞添削和歌連歌俳諧の各首各句に、評者評価を示すために加える、かぎ印や「º」印「ゝ」印などの記号また、その評価。→合点(がってん)・点を打つ点を掛ける

*隣女集(1295)一「已上百八十六首墨者中書大王御点戸部尚書点也」

浮世草子西鶴名残の友(1699)一「発句より点(テン)かけ出して、長点なしに九十三点かけられし」〔後漢書文苑伝・禰衡

(7)(6)から転じて) 物事評価批評すること。また、高く評価すること。

洒落本遊婦里会談(1780)「ぐっと新し所をはなしねへ。向ふでわっちが点をしやう」

(8) 評価としての点数。お点。

破戒(1906)〈島崎藤村二一で点を付けたのもあり、優とか佳とかしたのもあった」

(9) 欠点。きず。非難。→点付かる点を打つ

洒落本売花新駅(1777)閨中并にきぬぎぬ「客をまはすとやら何とやら、〈略〉とんとよし原などにはねへ点(テン)だの」

(10) 一昼夜一二等分した刻(こく)をさらに分けたもの。特に、不定時法日没から夜明けまでをさらに五等分したもの一つをいう。

参天台五台山記(1072‐73)一「八日天晴。辰一点潮満」

(11) さし示す事柄箇所

*金(1926)〈宮嶋資夫〉二二「あの保阪にすらもその点(テン)では及ばない

(12) 灸(きゅう)を据える所にでつける点。または、灸をおろすこと。灸点

俳諧毛吹草(1638)三「肩ぬく 灸の点(テン)」

(13)てんちゃ点茶)」の略。

随筆胆大小心録(1808)一四〇「点は濃淡の手練にありて、其妙にいたるべし」

(14) 令制下、正丁男子兵士衛士指定すること。

(15) (「一点」の略) ただ一つの点。また、ほんの少しのこと。

江戸繁昌記(1832‐36)四「僕、生来、点、未だ屈を受けず」

2⃣ 〔接尾

点数数えるのに用いる。

品物の数を数えるのに用いる。

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉五「品物を何点盗んで行ったから」


てん‐・ず【点】

〔他サ変〕 ⇒てんずる(点)


なか‐で【点・中手】

〔名〕 囲碁で、三目以上七目までの連続した空点持ちながら、その中心点に打たれて死んでしまう形。また、その中心点に打つ着手空点の数によって三目なかで、四目なかでなどと呼ぶ。なかて。〔文明本節用集室町中)〕

咄本狂歌咄(1672)五「敵に取こめられ、黠(ナカデ)おろされては」


さ・す【刺・螫・挿・注・点・鎖】

〔他サ五(四)

[一] (刺) 細い物で物を貫く。比喩的にも用いる。

先の鋭くとがった物を突き入れる突き通すまた、刃物で突いて殺傷する。

古事記(712)中・歌謡「たまる 依網(よさみ)の池の 堰(ゐぐひ)打ち佐斯(サシ)ける知らに

読本椿説弓張月(1807‐11)後「つと走りかかりつつ、妖怪をぐさと刺(サス)」

② 針を突き入れて縫う。

万葉(8C後)一六三八八五「韓国の 虎といふ神を 生け取り八頭(やつ)取り持ち来 その皮を 畳に刺(さし)」

源氏100114頃)若菜下高麗青地の錦の、端さしたるしとねに」

③ (螫) などが、皮膚にくいついたり、針を突き入れたりする。

大智度論天安二年点(858)二「昔一国有りて、毒蛇に齧(ササ)れたりき」

俳諧・ひさご(1690)「花咲けば芳野あたりを欠廻(かけまはり)〈曲水にささるる春の山中〈珍碩〉」

④ 糸、ひも、針金、串(くし)などで、貫き通す

源氏100114頃)浮舟おどろきて御ひもさし給ふ

(5) 舟を動かすために、棹(さお)を水底突きたてる。また、棹や(ろ)を使って舟を進める。

万葉(8C後)一八・四〇六一堀江より水脈(みを)引きしつつ御船左須(サス)賤男(しづを)のともは川の瀬申せ」

太平記14C後)一七「貞国大に忿(いかっ)て、人の指(サス)引奪て、逆櫓に立」

(6) もちざおで、トンボなどを捕える

日葡辞書(1603‐04)「トリヲ sasu(サス)」

いさなとり(1891)〈幸田露伴二九我等蜻蛉(とんぼ)さして遊びし頃より大の仲好し

(7) 針で入れ墨をする。

俳諧風俗文選犬註解(1848)二「風俗婦人生涯眉を刺す」

(8) 心や鼻、舌などを強く刺激する。

黒い眼と茶色の目(1914)〈徳富蘆花〉五「叔母さんが〈略〉云った言葉は、敬二の胸を刺(サ)した」

蓼喰ふ虫(1928‐29)〈谷崎潤一郎〉七「葉巻匂ひ大蒜(にんにく)の匂ひとが、むっと鼻を刺すばかりに交ってゐた」

(9) 鋭い皮肉などを意地悪く言う。風刺する。

読本春雨物語(1808)海賊「筆、人を刺す。又人にささるるれども、相共に血を不見(みず)」

(10) 野球で、塁に入ろうとする走者アウトにする。

最近野球術(1905)〈橋戸信内野篇「遊撃手は常に二塁入り一塁よりの走者を、此所にさんとす

[二] (挿) ある物を他の物の中にはさみ入れる。

刀剣などを帯の間に入れる。

(10C終)八七「衣二ゆひとらせて、縁に投げいだしたるを〈略〉腰にさしてみなまかでぬ」

徒然草1331頃)二二五「白き水干に、鞘巻(さうまき)をささせ」

② 花やなどを頭髪の間に入れる。

古事記(712)中・歌謡「命の 全(また)けむ人は 畳薦(たたみこも) 平郡(へぐり)の山の 熊白檮(くまかし)が髻華(うず)に佐勢(サセ) その子

③ 木や花を、土や器などに入れこむ。さし木、または、さし花をする。

万葉(8C後)一四・三四九二「小山田池の堤に左須(サス)楊(やなぎ)成り成らずも汝(な)と二人はも」

(10C終)四「おもしろくさきたるをながく折りて、おほきなる瓶にさしたるこそをかしけれ」

物の中にはめこむ。物の間に入れこむ。

(10C終)二三御草子に夾算(けふさん)さしておほとのごもりぬるも」

[三] (注・点) ある物の中に他の物を加え入れる。

① ある物に他の物を入れ混ぜるまた、付け添える

万葉(8C後)一二・三一〇一「紫は灰指(さす)ものそ海石榴市(つばきち)の八十のちまたに逢へる児や誰」

徒然草1331頃)二一三「浄衣をきて、手にて炭をさされければ」

② ある物に液体をそそぎ入れる。

咄本昨日は今日の物語(1614‐24頃)上「此貝は目の薬ぢゃと申が、目がしらにさし候か、目じりにさすか」

*それから(1909)〈夏目漱石〉二「今しがた鉄瓶を注(サ)して仕舞ったので」

さかずきなどに酒を入れて人に勧める

伊勢物語(10C前)八二「歌よみてさかづきはさせ」

雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉下「竹村猪口を国野に献(サ)しながら

④ ある物に色を付け加える。いろどるまた、(顔に)赤みや熱を加える。

太平記14C後)三四「面にはを差たるが如く

(5) しるし、朱点などをつけ加える

(6) 火をともすまた、火をつける

万葉(8C後)一七・四二三「婦負川(めひがは)の早き瀬ごとに篝(かがり)佐之(サシ)八十伴の男鵜川立ちけり」

(7) 灸(きゅう)をすえる。

[四] (鎖) ((一)から) 門、戸口、錠、栓などをしめる。また、店などを閉める。

書紀720神代上(兼方本訓)「乃ち天の石窟(いはや)に入りまして、磐戸を閉着(サシ)つ」

徒然草1331頃)一二一「走るにこめ、くさりをさされ」

文明開化(1873‐74)〈加藤祐一〉二「隣の見世(みせ)がさしてあるので」


とぼし【灯・点】

〔名〕 (動詞「とぼす(点)」の連用形名詞化

① 火をともして、闇を照らすのに用いるもの。たいまつ紙燭(しそく)の類。ともし。

四河入海(17C前)二四「わるうすればはとぼせば明があると云てとほしにして」

男女交合

洒落本・意妓口(1789‐1801頃)二「もしとぼしはなかったかと湯で床(とこ)のやうすを聞いたり」


てん・じる【点】

〔他ザ上一〕 (サ変動詞てんずる(点)」の上一段したもの) =てんずる(点)

水の葬列1967)〈吉村昭〉二「カンテラの炎で導火線に火を点じると」


とぼ・す【点・灯・燃】

〔他サ四〕

ろうそく灯心などに点火する。あかりをつける。ともす。

守護国界陀羅尼経平安中期点(1000頃)「夜暗中に而も大火を然(トホセる)がごとし」

男女交合する。性交する。〔譬喩尽(1786)〕

[語誌]⇒「ともす(点)」の語誌


とも・す【点・灯・燭】

〔他サ五(四)

灯火をつける。火を燃やす。点火する。とぼす。

万葉(8C後)一五・三六四八「海原沖辺に等毛之(トモシ)漁(いさ)る火は明して登母世(トモセ)大和島見む」

男女交合する。とぼす。

洒落本仮根(1796か)三子東深結妓「ぬしゃきつひくろふせふだね、もしこの子をともす気か」

[語誌]上代から平安初期にかけては「ともす」の例しか見えないが、平安中期にm→b交替形の「とぼす」が出現し、中世には「ともす」を圧倒するまでに勢力伸ばした。しかし、近世になると再び「ともす」が勢力盛り返し遂には「とぼす」を中央語から駆逐した。現在では、方言を除いて「とぼす」は見られない。


てん‐・ずる【点】

〔他サ変〕 [文]てん・ず 〔他サ変

点を打つまた、点を打ったようにつらねる

和漢朗詠(1018頃)下「風白浪翻す花千片 雁青天点ず一行白居易〉」

訓点句読点などをつける。読みやすくするため訓点などを打つ。

御堂関白記寛弘元年(1004)八月二日「所句文十巻点了」

今鏡(1170)九「法華経の心釈き顕はせる書も、てんじしたためて」

批点をつける。

書き入れる。えがく。つける。さす。

咄本鹿の子餠(1772)唐様「ヲット合点じゃと筆をてんし、百の字の横の一画書かかると」

(5) 多くの中からしるしをつけて指定する。また、人や物や場所・日時などをえらびさだめる。

続日本紀和銅六年(713)五月丁亥「始令山背国乳牛五十戸

(6) くわしく調べる。点検する。

続日本紀慶雲三年706九月丙辰「遣使七道、始定田租、町十五束、及点

(7) けずる。はぶく。悪いものを取り除く

宇治拾遺(1221頃)三「国司むつかりて、〈略〉しらん所共てんぜよなどいふ時に

(8) あかりをつける。ともす。火をつける点火する。

咄本軽口駒佐羅衛(1776)四「手燭に火をてんじ、づたひに雪隠へ伴はれける」

(9) したたらす。しずくなどをたらす。

正法眼蔵123153洗浄右手をもて滴水を点じて、触手をあらふ」

(10) 茶をたてる

酒茶論(1576)「潙山摘体用、香厳点好夢


とぼ・る【点・灯・燃】

1⃣ 〔自ラ五(四)照明火がつく。あかりがつく。ともる。

浮世草子西鶴織留(1694)六「油でも火がとぼる物かと不思義を立る

2⃣ 〔自ラ下二(一)に同じ。〔ロドリゲス日本大文典(1604‐08)〕


とも・る【点・灯】

〔自ラ五(四)灯火がもえる。あかりがつく。とぼる。

*虎寛本狂言子盗人室町末‐近世初)「火が燈(ともっ)てある」


点 (グラフの)

読み方:てん
【英】:vertex, node

グラフを定義する構成要素. 平面上に幾何学的表現されたグラフにおいて, 丸で示される. 点は, 頂点, 節点とも呼ばれる.

「OR事典」の他の用語
グラフ・ネットワーク:  有向グラフ      点  点連結度  無向グラフ  独立集合族

作者松本清張

収載図書鬼畜松本清張短編全集 7 第3
出版社光文社
刊行年月2003.1
シリーズ名カッパ・ノベルス

収載図書共犯者
出版社新潮社
刊行年月2008.11
シリーズ名新潮文庫


作者青木左知子

収載図書季節はずれ
出版社澪標
刊行年月2004.10


作者小川未明

収載図書小川未明幽霊船文豪怪談傑作
出版社筑摩書房
刊行年月2008.8
シリーズ名ちくま文庫


読み方:とぼす

  1. 同上(※「とる」参照)。「交合(とぼす)」と書きしもあり。『末摘花』には「犯(とぼ)す」と書けり。狂句「とぼさせる招牌、軒に御神灯」「とぼす」の語原不詳なり。或は女陰を「火処(ほと)」と云へるに因るか。
  2. 点。性交す。俗語。犯(とぼ)す。江戸時代末年から通人盛んに用ひし語。女陰を火処(ほと)といへるにより云ひ出でしかとの説あり。「小野股倉噓字尽」に「開へ玉茎を入るをとぼすといふは両方にて気をやりし時ぬらぬらぬらと流れいづる陰だらうそくの流の如くなればろうそくをとぼすの義によつて号とぞ」とあり。「一休禅師諸色問答」巻下に問「ともしび消し初めるむつ言をとぼすとぼすと人は云ふなり」答「門(かど)ちがひしたるためしも非ればやみにはあれどとぼすとはいふ」とあり。又「街談文々要集」文化十年の巻に「古法を破り度数をも極めず猥りにとぼし候義有之、自然と淫水をもつかひ過し候やに相当り」とあり。雑誌芸文」に某氏の説として「古事記現れたる火の神(?)」とかいふ論文の末に「『とぼす』といふ語は建築上の用語『とぼそ』の転語であつて扉の堅の上下に突出してゐる部分今は之を軸といふが古語で『とまら』といつたそして其軸のはまる穴を古は『とばそ』又は『とほと』と云つたので右の軸(トマラ)を軸穴(トボソ)に合致させるといふことを男女性的動作なぞらへて『とぼそ』といふ語が性交の意を表はすに至り後転じて『とぼす』といふ動詞変化したのである」との意を記載しありたり。「とぼさうといへば消しなと女房いひ」「とぼしたであかりのたたぬ居候」「とぼさせて胸のやけるに下女こまり」「とぼさせる招牌軒に御神燈」。
  3. 交会すること。建築用語のトボソ」の転訛
  4. 男女交接のこと、燃やす意から心を燃やす意味にしたもの
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/30 16:23 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

(てん)

関連項目



分位数

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/05 06:41 UTC 版)

分位数(ぶんいすう)、分位点(ぶんいてん)、分位値(ぶんいち)、クォンタイル (: quantile) は、統計の代表値の1種である。




  1. ^ Angus Stevenson, ed. (2010), Oxford Dictionary of English (Third ed.), Oxford University Press, p. 1451, ISBN 978-0-19-957112-3 
  2. ^ 累積分布関数が(狭義)単調増加でなければ、この条件を満たす は一意に定まるとは限らない。
  3. ^ JIS Z 8101-1 : 1999 統計 − 用語と記号 − 第1部:確率及び一般統計用語 1.10 分位点, 日本規格協会, http://kikakurui.com/z8/Z8101-1-1999-01.html
  4. ^ 西岡 2013, p. 12, 1.5 分位数.
  5. ^ 西岡 2013, p. 8, 1.4 度数分布.


「分位数」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2019/03/20 14:10 UTC 版)

発音

名詞

  1. 小さな印。ドットポイント
  2. 読点
  3. 傍点
  4. 漢字字画のひとつで、ごく短い斜め線。
  5. 数学大きさを持たず位置のみあるもの。平行でない二線が交わるところ。
  6. 数学集合要素
  7. 評点点数得点
  8. 事項論点観点注目すべきことがら

接尾辞

  1. 得点数を数え単位
  2. ものを数え単位

熟語


出典:『Wiktionary』 (2020/02/24 05:10 UTC 版)

発音

熟語: 日本語



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



点と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「点」に関係したコラム

  • FXのパラボリック手法とは

    FX(外国為替証拠金取引)のパラボリック手法とは、パラボリックというテクニカル指標を用いた売買手法のことです。パラボリックは、パラボリックSAR(Parabolic SAR、Parabolic sto...

  • FXやCFDのスキャターとは

    FXやCFDのスキャター(Scatter)とは、1日の値動きをだけで描画して時系列に並べたものです。スキャッターともいいます。スキャターの描き方は、終値の地を打つだけです。分析ツールによっては...

  • チャート分析でバイナリーオプションの予想をするには

    チャート分析でバイナリーオプションの予想をするには、ローソク足の組み合わせによりその先の値動きを予測します。ここでは、ローソク足の組み合わせからトレンドの転換を見つける方法を紹介します。なお、トレン...

  • FXやCFDの平均足の差とは

    FXやCFDの「平均足の差」とは、前日の平均足の価格と当日の価格との差のことです。平均足の差は、Information Internet Ltdが開発したソフトウェア「Market Maker」のテク...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のフラクタルの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)のフラクタルの見方について解説します。フラクタル(Fractals)は、為替レートの高値と安値からトレンドの転換を探...

  • CFDの売買エントリーポイントを罫線で見つけるには

    CFDの売買エントリーポイントを見つけるには、罫線のパターンやチャートのパターン、テクニカル指標の数値などの方法が挙げられます。ここでは、CFDの売買エントリーポイントを罫線のパターンで見つける方法を...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「点」の関連用語

点のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



点のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2021 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの点 (改訂履歴)、分位数 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS