争点とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > > 争点の意味・解説 

そう‐てん〔サウ‐〕【争点】

読み方:そうてん

争い的になっている主要点。「議論の—をしぼる」


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/02 08:43 UTC 版)

大東水害訴訟」の記事における「争点」の解説

自然公物である河川設置管理瑕疵認められるかどうか基準内容

※この「争点」の解説は、「大東水害訴訟」の解説の一部です。
「争点」を含む「大東水害訴訟」の記事については、「大東水害訴訟」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/20 03:08 UTC 版)

八丈島事件」の記事における「争点」の解説

2人本庁移送された後、9月7日予審請求から12月27日予審結審経て東京地裁第七刑事部住居侵入罪強姦致死罪起訴されている。だが、当初犯行自白していた2人は、Aは予審から、Bは翌1947年昭和22年5月一審公判から自白撤回し無実訴えようになった本件には2人自白以外の証拠がなく、審理での争点は自白任意性収束した

※この「争点」の解説は、「八丈島事件」の解説の一部です。
「争点」を含む「八丈島事件」の記事については、「八丈島事件」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/31 06:12 UTC 版)

欧州のための憲法を制定する条約」の記事における「争点」の解説

欧州憲法条約さまざまな政治的立場との間で衝突しており、とくに加盟国市民の間では批判増加していた。批判にはさまざまな要素含まれており、正当性から条約の名称といったものまで多岐にわたっている

※この「争点」の解説は、「欧州のための憲法を制定する条約」の解説の一部です。
「争点」を含む「欧州のための憲法を制定する条約」の記事については、「欧州のための憲法を制定する条約」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/22 06:56 UTC 版)

靖国神社問題」の記事における「争点」の解説

具体的な論点としては以下の6つまとめられる信教の自由に関する問題日本国憲法においては第20条第1項において「信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。」と定められている。参拝を望むなら、たとえ大臣官僚であっても国家権力によって靖国神社への参拝禁止制限することができないこと、また参拝望まないが国家によって靖国神社への参拝強制されないこと、両方側面を含む。 政教分離に関する問題靖国神社国家による公的な慰霊施設として位置づけようとする運動があり、及びそれに付随して玉串奉納等の祭祀に関する寄付奉納政府地方自治体公的な支出によって行うことなどに関し日本国憲法第20条定め政教分離原則抵触しないかとする問題。 これを問題とする人々は、内閣総理大臣国会議員都道府県知事など公職にある者が公的に靖国神社参拝することが、第20条第1項において禁止されている宗教団体に対する国家による特別の特権であると主張している。 歴史認識に関する問題靖国神社は、戦死者英霊としてあがめ、戦争自体肯定的にとらえているのだから、そのような神社に、特に公的な立場ある人物参拝することはつまり、同社第二次世界大戦に対する歴史観公的に追認することになる、として問題視する意見存在するそういった立場からは、日本の閣僚は同戦争における対戦国に配慮し靖国神社に対する参拝禁止制限あるいは自粛すべきとする主張がある日本人が同戦争における戦争責任どのように認識し敗戦以前日本の軍事的な行動に対していかなる歴史認識を持つことが適切であるか、という論点中心に展開され、特に極東国際軍事裁判戦争犯罪人として裁かれ人々合祀が適切か否か議論がある。 対外的には、第二次世界大戦における交戦相手国である中国中華民国)、また第二次世界大戦開戦より数十年前に日本併合されていた朝鮮半島諸国国民不快感与え外交的な摩擦生むこともある靖国神社への参拝が適切かどうか、という論点中心に展開される。なおこの中韓及び北朝鮮以外の国からは、首相閣僚の靖国神社参拝に対して公式に批判を受けることはないまた、遊就館には歴史年表掲示されているが、日本国憲法制定に関する記述1946年11月3日公布、翌1947年5月3日施行)がなく、一方でポツダム宣言受諾拒否”が明記されている。 戦死者戦没者慰霊問題特に十五年戦争における日本軍軍人軍属戦死者戦病死者・戦傷死者を含む)を、国家してどのように慰霊するのが適切であるか、という問題戦後靖国神社が国家による慰霊施設から宗教団体として分離されたために日本には戦死軍人に対す公的な慰霊施設存在しないが、靖国神社戦前に近いかたちで国家管理して位置づける、あるいは慰霊のための新たな施設整備するという意見がある遺族同意を得ないまま同社に合祀されることがあることにも異議出ている。 A級戦犯に対する評価使い分けA級戦犯として靖国神社に合祀されるか合祀されない差異は、死刑執行服役中死亡勾留中の死亡により、遺体として刑事施設から社会戻ったか、恩赦による刑の執行終了裁判中止不起訴処分により、生きて社会戻ったかの差異だけである。起訴され28名)有罪宣告され25名のうち生きて社会戻ったA級戦犯から重光葵衆議院議員3回選出され鳩山一郎内閣4回目外務大臣まで務めており、また戦犯指名されたものの不起訴となった者のなかからは衆議院議員に5人が選出され国務大臣に5人が任命され内閣総理大臣1人選出されている[要検証ノート]。この中には在職中等の貢献により国家より受勲されたものが多数いる。これに対して刑の執行拘置中の病死などにより死亡し刑事施設から遺体として社会戻された者に対して日本政府日本国民永久に糾弾し続けるべき対象者評価するべきであるのかどうか評価使い分け基準は全く説明さていないまた、この判決について、東條をはじめ南京事件抑えることができなかったとして訴因55有罪死刑となった広田松井被告含め東京裁判死刑宣告された7被告全員BC戦争犯罪でも有罪となっていたのが特徴であって、これは「平和に対する罪」が事後法であって罪刑法定主義原則逸脱するではないかとする批判配慮するものであるとともにBC戦争犯罪重視した結果であるとの指摘がある。 宗教的合理性神道儀軌に関する問題死を確定させる儀礼とする説もある神社神道の遷霊では、木主・笏・鏡・幣串用いられ基本的に1柱ごとに諡を送って霊璽とすることが各派ほぼ共通の儀軌となっている。これに対して戊辰戦争戦没者祀るに際しては霊璽簿用い、諡を送らずに生前の名前をもって霊璽したため靖国神社当初は招魂社として創建された。しかし、招魂社招魂場降霊場)であるために、後に在天神霊一時招祭するのみなる聞こえて万世不易神霊厳在の社号としては妥当を失する」という政府側の要請神社の格をとるに至った。しかし、この要請理由宗教的合理性転倒させた面があることは否めないまた、明治維新後に創建された他の神社生前の名前を祭神諡号したため神社神道信仰する一般家庭でもそれに倣うケース出始めた。この状況危機感募らせていた神社神道関係者言論統制が解けた第2次世界大戦後に、そうした祭祀の方式は神社神道共通の基本的な儀軌反するものであり、元々が合理性欠けものであるとする主張行ったが、他の争点に掻き消されて『神葬祭 総合事典』でも版を重ねるごとにトーン・ダウンていったいずれにしても、この争点は、朝日新聞だけではなく保守系讀賣新聞などをも含んだマスコミと、靖国神社参拝派の政治家との間に起きた情念的とも言える争いのために、一般的にはほとんど知られていない

※この「争点」の解説は、「靖国神社問題」の解説の一部です。
「争点」を含む「靖国神社問題」の記事については、「靖国神社問題」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/28 16:09 UTC 版)

2012年京都市長選挙」の記事における「争点」の解説

市長選挙では、現職門川市長による市政に対する評価だけでなく、都市基盤整備災害対策および原発問題も争点となった。市の一部行政区福井県にある関西電力大飯原子力発電所から30キロ圏内に位置するため、中村・門川両候補とも原子力災害想定した防災計画策定放射線監視体制強化訴えた。特に中村選挙公約集(マニフェスト)の最大の目玉として「脱原発宣言発進」「国と電力会社脱原発を迫る」事を掲げ選挙戦でも脱原発運動に取り組む俳優の山本太郎を招くなど脱原発積極的に訴えた

※この「争点」の解説は、「2012年京都市長選挙」の解説の一部です。
「争点」を含む「2012年京都市長選挙」の記事については、「2012年京都市長選挙」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/07 02:30 UTC 版)

柏の少女殺し事件」の記事における「争点」の解説

若穂井は、かつての審判では全記録複写する時間費用もなく、Aの自白客観的事実との間にある矛盾気付くことができなかった、と語っている。そして、ナイフ出現他にも数々の証拠がAの無実指し示している、と主張する

※この「争点」の解説は、「柏の少女殺し事件」の解説の一部です。
「争点」を含む「柏の少女殺し事件」の記事については、「柏の少女殺し事件」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/07 14:12 UTC 版)

ときめきメモリアルメモリーカード事件」の記事における「争点」の解説

この裁判においてはゲームソフトが「映画の著作物」に該当するか否かが争点となった訴えられたスペックコンピュータは以下のように反論した単なるデータの提供であって著作物本体CD-ROM内のデータ)を改変していない。 このメモリカード使ってプログラム暴走停止することなく正常に機能できるので許容範囲内のデータであり同一性保持権侵害には当たらないゲームプレイヤー入力によってストーリー変化しストーリー固定されていないので「映画の著作物」に当たらない。 仮に侵害していたとしても、その主体プレイヤーである。

※この「争点」の解説は、「ときめきメモリアルメモリーカード事件」の解説の一部です。
「争点」を含む「ときめきメモリアルメモリーカード事件」の記事については、「ときめきメモリアルメモリーカード事件」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/10 09:44 UTC 版)

日前国懸神宮と高大明神の用水相論」の記事における「争点」の解説

本相論の争点は和佐井を宮井から分水することの是非にある。日前宮和佐庄には宮井取水口別にする井溝あることであり、宮井から引水する権利はないと訴えているが、和佐庄側は、庄内流れ用水宮井溝として宮井設けた2箇所取水口から引水するのが旧来の慣行であると反論している。この場合、恐らく和佐庄の主張通り宮井からの分水によって成立した溝が和佐井であり、日前宮虚偽訴えをなしていたと推定されるが、日前宮側の主張に見える別の井溝」が存在したのも確かなようで、後の四箇井(しかい。現四箇井川)に相当する新し用水路和佐庄によって開削されていたため、水不足懸念した日前宮がそれを理由宮井最上流部に位置する同庄の引水拒否しようとしたものであると思われる。またそれに加え宮井紀ノ川からの取水口時代の降るにつれて上流部移動しており、そのために和佐井との競合生じたことや、延享5年の夏に畿内近国起こった干魃影響したであろうことが指摘され更には鎌倉時代まで国衙宮井管轄していたが、室町幕府から「守護職上古吏務なり」と国司国衙役割継承期待された守護が、相論単なる調停者へと後退し代わって日前宮和佐庄といった在地勢力直接管轄する形態へと移っていたことも一因と見られる

※この「争点」の解説は、「日前国懸神宮と高大明神の用水相論」の解説の一部です。
「争点」を含む「日前国懸神宮と高大明神の用水相論」の記事については、「日前国懸神宮と高大明神の用水相論」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/11 21:30 UTC 版)

コダック・ポラロイド特許権侵害訴訟」の記事における「争点」の解説

コダック販売する類似の構造インスタントフィルムポラロイド保有する特許抵触するかどうかが争点になったコダック1963年から1969年の期間にポラロイド製品生産していた時期があり、原理生産に関するノウハウを知っていた

※この「争点」の解説は、「コダック・ポラロイド特許権侵害訴訟」の解説の一部です。
「争点」を含む「コダック・ポラロイド特許権侵害訴訟」の記事については、「コダック・ポラロイド特許権侵害訴訟」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/05 14:45 UTC 版)

ミノルタ・ハネウェル特許訴訟」の記事における「争点」の解説

ノーマン・L・ストーファーにより発明さ1973年出願1975年成立したアメリカ合衆国特許第3,875,401号、通称401特許」「ストーファー特許」が主な争点となった。 この特許位相差によりピント検出するという基礎技術についてのもので、日本では特許として成立しなかった。ミノルタどれだけ移動させれば焦点が合う計算する機構搭載しており、その意味画期的であったわけだが、ピント検出の方自体位相差によっていた。 ミノルタ側はハネウェルよりずっと前に特許として成立していたルートヴィヒ・ライツの特許挙げて防戦ようとした。これが有効ならハネウェル特許はほとんどその効力を失うが、ルートヴィヒ・ライツは特許申請書に添付した図面小さな凸レンズ描き落としており、ハネウェル側は「インオペラブル(作動不可能)」と決めつけた。「その特許作動不可能なるゆえに無効主張する当事者は、その作動不可能性を『明白にして説得力ある証拠』でしめさなければならない」とされていたため、ハネウェル側は、図面通り、動くわけのない実物モデル作成した小倉磐夫は「陪審心理操作にたけていたというべき」と評している。特許文言図面不備があり論旨通らなかったりそのまま作って作動しないことはよくあり、この場合「その専門領域通常の技量をもつ技術者が、その特許本質影響を与えることなく、機構細部些細な訂正をしただけで正常な作動可能になるならば」特許有効性損なわれないが、これは認められなかった。 手続途中でオートフラッシュのシーケンス制御に関するオガワ特許に対する侵害追加された。 審理過程で、ハネウェル以前安価に三菱電機販売しようとしていた事実が発覚した

※この「争点」の解説は、「ミノルタ・ハネウェル特許訴訟」の解説の一部です。
「争点」を含む「ミノルタ・ハネウェル特許訴訟」の記事については、「ミノルタ・ハネウェル特許訴訟」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/26 14:46 UTC 版)

1995年フランス大統領選挙」の記事における「争点」の解説

今回選挙戦では前々回81年イデオロギー対立前回88年社会正義エリート支配対立といった構図はなりを潜め候補者人柄など国家元首としての候補者が相応しいのかを問うイメージ選挙の様相強くなった。 雇用問題はいずれの主要候補優先課題として取り上げたシラク候補は「失業者のための社会保障政策より景気回復優先」する立場から「イニシアティブ雇用契約」という企業援助による雇用創出政策を、バラデュール候補財政状況改善のための措置伴った雇用政策減税雇用対策など、企業に対する支援比重を置く政策を掲げた。これに対しジョスパン候補都市郊外再整備低所得者向け住宅建設老人身障者介護環境保護などの社会福祉政策結びつけ大型プロジェクト提案し労働者に対する社会保障政策重点を置く政策を掲げた。 個別政策ではシラク候補が国投票拡大大統領任期七年制の維持徴兵期間短縮核実験禁止見直しヨーロッパ通貨統合再検討などを掲げ一方ジョスパン候補大統領任期を五年に短縮徴兵制度維持核拡散防止条約延長ヨーロッパ統合積極推進主張し両者スタンス違い見られた。

※この「争点」の解説は、「1995年フランス大統領選挙」の解説の一部です。
「争点」を含む「1995年フランス大統領選挙」の記事については、「1995年フランス大統領選挙」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/09 14:16 UTC 版)

正寿ちゃん誘拐殺人事件」の記事における「争点」の解説

主な争点殺意発生時期と、犯行時の被告人Kの精神状態刑事責任能力)だった。 被告人Kの弁護人は「Kは生来的なものに起因する分裂病質の上、脳の透明中隔腔嚢胞による脳器質性障害影響加わり空想性・情欠如性を伴う異常性格者だった。その精神障害の程度は著しく犯行時は是非善悪弁識できても、それに従って行動することは著しく困難な状態(=刑法39条における『心神耗弱』状態)だった」と主張弁護人検察官それぞれKの犯行時の精神状態調べるため、Kの精神鑑定申請した。これを受け、武村信義東京大学脳科学研究室助教授)・保崎秀夫慶應義塾大学医学部精神神経科教授)の両名精神鑑定実施した結果武村は「Kには意識障害被害妄想幻聴などのような狭義精神病症状はない」「Kの素質的・生来異常性格に関しては(Kの異常性それだけによると仮定した場合)、同様の例通例完全有責とされている経験的事実照らし、完全有責いわざるを得ない」とした一方、「Kは自閉性を基本的特徴とする、比較活発な空想性と情性欠如性を伴う粘着性気質加味した分病質(=生来性の異常性格)で、脳内左右右側間の明中隔が異常に中央部最大11 mm開いていることによって異常性格強められているほか、Y染色体異常に長い形態上の異常がある」と指摘し、「犯行時、Kは行為不法性を洞察し、その洞察に従って行動することが著しく困難だった疑いが強い」とする鑑定結果示した一方、保崎は「本件犯行は、結果的に情性欠如踏み切らせたものと言っても良い」と公判供述した一方、「Kの脳に嚢胞あること事実だが、それ自体一種の脳の奇形というにとどまる」と反論。「Kには性格上の未分化未成熟な偏り認められるが、狭義精神病症状見られない犯行時も特に付加すべき異常な状態があったという確証はなく、それらの性格の基盤の上に一見かなり計画的と思われる犯行が行われているが、その計画性中には被告人空想性、未熟さ混入されている」とする鑑定結果提出したまた、控訴審でも新井尚賢温理が改めて「1. Kの犯行時及び現在の精神状態について」「2. 1.関連し、Kの性格・行動傾向における特徴、透明中隔腔嚢胞存否Y染色体異常の有無について」の2点に関し精神鑑定実施したその結果両者は「Kは犯行時、知能正常範囲内だったが、性格的に偏りがあり、分裂病質と言えるまた、当時既に脳内に非交通性透明中嚢胞存在していたことが推定できるが、そのような器質障害基盤とする精神病質とは考えられない現在の精神状態犯行時とほぼ同様であり、非交通性透明中嚢胞存在認められるが、犯行より5年以上経過した現在においても少なくとも進行しているという傾向はなく、脳器質障害基づくだろう精神症状(ことに分裂病症状など)の発言見られない」と結論づけたまた、KのY染色体長さについては「日本人男性平均的なY染色体長さ差異はなく、遺伝的活性部分についても特異的所見はない」と報告している。 主な争点裁判所の判断検察官主張弁護人主張東京地裁 (1972) の判断東京高裁 (1976) の判断殺意発生時期捜査段階で「事前に『もし騒がれたら殺すしかない』と考えた上で誘拐したビニール袋死体を包むため、事前に用意した」と自供したAを公衆便所に連れ込んだところ、暴れられたことで処置窮して咄嗟に殺意生じた計画的ではない)。 以下の点から、9月8日時点で「『略取後、もし騒がれたりした場合殺すことやむを得ない』と考えた上で犯行およんだ」と認定犯行前くり小刀9月8日まで恵比寿駅預けてあった)を受け出し事件当日携行していた点 Aの死体を包むのに用いた大型ポリ袋購入していた点 死体入れるために用いたオープンケース購入するにあたり前日下見していた点 殺害から死体遺棄までの一連の行動が非常に機敏かつ的確な一時は誘拐したAを目薬催眠効果がある思っていた)で眠らせ、鞄に入れて旅館置いておく計画立てていた点 また、事前殺意認めた検察官調書1969年9月12日付)について「検察官初対面で、弁解機会を与えられた際の供述であり、信用性が高いと思われる」と指摘した弁護人原判決について事実誤認主張し、K自身改めて「Aが暴れたことで咄嗟に殺意抱いた」と供述東京高裁は「Kは捜査段階で、予めAの殺害考えた上で犯行の準備をし、計画通りに実行した旨を当時心境織り交ぜた上で極めて詳細具体的に述べており、他の関連証拠によってもそれらの証言裏付けられている。犯行前のKの行動に照らしても、原判決の『殺意蓋然的なものではあったが、犯行前に既に生じたもので、Aに激しく抵抗され大声出されたことで顕在化した』と認められる」と指摘し弁護人主張退けた犯行時の責任能力全責任能力主張 武村鑑定根拠に「Kは犯行時、心神耗弱状態だった」と主張 「Kの異常性格疑問はないが、武村鑑定不確かなもの(嚢胞影響Y染色体の異常の点)を根拠として重視しすぎていたり、矛盾点があるなど、誤りがあるとの疑問強く、その鑑意見は到底採用できない武村・保崎両者ともに『Kには意識障害などは認められない』という共通認識示している点や、武村が『Kは犯行時、自分悪いことをしていると十分認識していた』としていることなどから、Kが完全責任能力有していたことは証明十分なものがある」と結論づけた。 「原判決武村鑑定について詳細に検討し、同鑑定書の『限定責任能力』(=心神耗弱)とする根拠(脳の透明中隔腔嚢胞存在Y染色体形態異常の点)の弱さ指摘した上で、『同鑑定書意見採用できない』と結論づけたもので、その判断誤りがあるとは考えられない」「当審における新井鑑定および鑑定により、原判決判断疑いがないことが裏付けられた」と指摘し原判決の「Kに完全責任能力があることは証明十分」とする判断追認した。 1972年昭和47年2月5日論告求刑公判開かれ東京地検有村秀夫検事は「犯行一攫千金夢見た計画的なもの残忍極まりなく社会与えた衝撃影響大きい。Kは今後再犯虞がある」「本事件酌量すべき情状はない。少年だからといって温情疑問」と述べ被告人Kに死刑求刑した

※この「争点」の解説は、「正寿ちゃん誘拐殺人事件」の解説の一部です。
「争点」を含む「正寿ちゃん誘拐殺人事件」の記事については、「正寿ちゃん誘拐殺人事件」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 10:07 UTC 版)

尖閣諸島問題」の記事における「争点」の解説

尖閣諸島を巡る日中間の争点については以下、日中両国の主張整理する1971年12月30日中華人民共和国外交部声明釣魚台中国領であると主張したまた、中国領域権原があるという主張日本の歴史学者井上清1972年著書『「尖閣列島』でも行われた井上主張について、1972年7月28日竹入義勝公明党委員長との会談周恩来は「尖閣列島問題にもふれる必要はありません」と述べたうえで「石油問題歴史学者問題にし、日本でも井上清さんが熱心」であると述べた。この会談での周恩来発言について村田忠禧は、あえて井上の名前を出したことは井上研究成果耳を傾けるよう促しているのであるとし、井上同じく中国領有権があると主張している。なお黄文雄は、井上著書『「尖閣列島』を「井上清・元京大教授の『「尖閣列島』は、その内容まちがいだらけ完膚なきまでに論破されている中国外務省今でも台湾出版された同書漢訳本を論拠としている。中国政府2012年9月25日にやっと出した釣魚島白書』は、かつての台湾白書』同様、嘘だらけのもので、逆に中国政府は嘘のかたまりであることを世に知らしめた」と評している。以下の争点の表では、こうした中国政府以外の中国領有権があるとする主張についても記載する日本の主張外務省HP日本の領土をめぐる情勢 尖閣諸島に関するQ&A」(平成25年6月5日)にまとめられているが、政府以外の日本領有権があるとする主張についても記載する

※この「争点」の解説は、「尖閣諸島問題」の解説の一部です。
「争点」を含む「尖閣諸島問題」の記事については、「尖閣諸島問題」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/27 14:28 UTC 版)

大崎事件」の記事における「争点」の解説

被害者の死判決:タオルで首を絞められことによる急性窒息死弁護側:被害者遺体に首を締められ痕跡がない転落事故可能性捨てきれない検察側:外傷性ショック死と推定首に索条痕ともみられる圧迫形跡あり。 再審決定:新たな鑑定では被害者首に絞殺痕跡認められない自白信憑性 判決:長兄の妻が次兄殺害計画持ちかけ次に夫である長兄持ちかけた被害者殺害後、甥に遺体遺棄手伝わせた。 弁護側:3人自白一貫性がない検察側:3人証言具体的かつ詳細で現場の状況符合している。 再審決定:自白根幹変わっている共犯者知的障害があり、捜査官誘導迎合し可能性は否定できない

※この「争点」の解説は、「大崎事件」の解説の一部です。
「争点」を含む「大崎事件」の記事については、「大崎事件」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 01:44 UTC 版)

日韓貿易紛争」の記事における「争点」の解説

半導体製品主力とする2010年代韓国の製造業において、日本から輸入した素材部品韓国完成品組み立てて世界輸出するという、日韓分業体制確立していた。ゆえに2018年の韓国対日貿易赤字240ドル国別では最大であり2019年1〜6月の対日赤字のうち電子部品20ドルを超えていた。

※この「争点」の解説は、「日韓貿易紛争」の解説の一部です。
「争点」を含む「日韓貿易紛争」の記事については、「日韓貿易紛争」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/13 17:24 UTC 版)

南九州税理士会事件」の記事における「争点」の解説

争点は次の2点である。 政治団体に対する政治献金は、税理士法規定される税理士会目的範囲内であるか否か政治献金のための特別会費の支払い強制は、会員思想・信条の自由侵害するものであるか否か

※この「争点」の解説は、「南九州税理士会事件」の解説の一部です。
「争点」を含む「南九州税理士会事件」の記事については、「南九州税理士会事件」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 14:05 UTC 版)

2021年ドイツ連邦議会選挙」の記事における「争点」の解説

2021年7月ドイツ西部襲った洪水甚大な被害もたらし気候変動対策最大の争点に浮上した

※この「争点」の解説は、「2021年ドイツ連邦議会選挙」の解説の一部です。
「争点」を含む「2021年ドイツ連邦議会選挙」の記事については、「2021年ドイツ連邦議会選挙」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 15:17 UTC 版)

2008年中華民国総統選挙」の記事における「争点」の解説

中国との統一共同市場設立を行うべきか否か。馬候補は行うべきだとしているが謝候補認めべきではないとしている。李登輝国の独立を守るためにも認めべきではないとして3月20日に謝候補への投票表明した中国取得した学歴資格台湾でも認めか否か。馬候補認めるとしているが謝候補失業者増えるとして認めべきではないとしている。

※この「争点」の解説は、「2008年中華民国総統選挙」の解説の一部です。
「争点」を含む「2008年中華民国総統選挙」の記事については、「2008年中華民国総統選挙」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 15:18 UTC 版)

2012年中華民国総統選挙」の記事における「争点」の解説

選挙の主要争点は馬英九総統進めてきた対中政策への是非、経済格差福祉政策であった対中政策では中台関係改善の成果主張した馬英九候補国民党に対し蔡英文候補民進党)は台湾主体性脅かされていると馬総統進めてきた中台関係改善批判した

※この「争点」の解説は、「2012年中華民国総統選挙」の解説の一部です。
「争点」を含む「2012年中華民国総統選挙」の記事については、「2012年中華民国総統選挙」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/17 07:54 UTC 版)

2012年アメリカ合衆国大統領共和党予備選挙」の記事における「争点」の解説

全米各地集会所テレビ番組を通じて討論会開催され様々なテーマ議論繰り広げられる。ただし、相手揚げ足取ったり誹謗中傷繰り広げる中傷合戦多く見られるまた、そのとき支持率トップの候補者に対して集中攻撃浴びせる場面が多い。このことに関して共和党内や支持者からも「しこりが残る」との不安の声が聞かれる

※この「争点」の解説は、「2012年アメリカ合衆国大統領共和党予備選挙」の解説の一部です。
「争点」を含む「2012年アメリカ合衆国大統領共和党予備選挙」の記事については、「2012年アメリカ合衆国大統領共和党予備選挙」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/21 20:59 UTC 版)

イランの核開発計画」の記事における「争点」の解説

イランの核開発計画に関する論争は、特にIAEAに対しイランウラン濃縮再処理機密計画申告しなかったことをめぐり主に行われてきた。濃縮によって原子炉燃料ウランまたは(濃縮レベルがより高い場合は)兵器ウラン製造可能になるからであるイランは、自国核開発計画平和目的で、濃縮レベル民生原発燃料一致する5%以下であると表明している。また、イラン米国圧力で、複数外国政府との原発契約中止追い込まれたことを受け、秘密開発にせざるを得なくなったと主張している。IAEA理事会イラン保障措置協定違反国連安全保障理事会報告し安保理イラン核濃縮活動中止するよう求めた。しかし、イランマフムード・アフマディーネジャード大統領は、制裁は「違法」で、「傲慢な大国」が押しつけたものであり、イランは自ら平和目的主張する核開発計画監視を「適切な法的手段」であるIAEAを通じて追及する決定した、と述べたイラン過去に核開発計画申告しなかったという疑惑を受け、IAEA調査開始し2003年11月同国核開発計画IAEA報告するという核拡散防止条約NPT)の保障措置協定基づ義務組織ぐるみ違反した結論付ける一方で核兵器開発計画との関連を示す証拠はないとも報告したIAEA理事会違反に関する正式判断2005年9月まで延期し2006年2月国連安全保障理事会イラン違反報告したIAEA理事会イラン保障措置協定違反国連安保理報告した後、安保理同国濃縮計画中止要求したイラン拒絶を受け、安保理制裁課すことを決定した

※この「争点」の解説は、「イランの核開発計画」の解説の一部です。
「争点」を含む「イランの核開発計画」の記事については、「イランの核開発計画」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 13:51 UTC 版)

泉精器・フィリップス特許権侵害訴訟」の記事における「争点」の解説

類似の構造髭剃り器のカッターフィリップス保有する特許抵触するかどうかが争点になった

※この「争点」の解説は、「泉精器・フィリップス特許権侵害訴訟」の解説の一部です。
「争点」を含む「泉精器・フィリップス特許権侵害訴訟」の記事については、「泉精器・フィリップス特許権侵害訴訟」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 00:53 UTC 版)

2010年イギリス総選挙」の記事における「争点」の解説

労働党政権への信任 1997年以来政権の座にあった労働党であったが、2007年に就任したブラウン首相一度も総選挙信任を受けていなかった。そのため、本選挙ブラウン首相業績をどう判断するかという側面持った党首によるアピール合戦 英国二大政党制担ってきた労働党保守党ではあるが、冷戦体制崩壊し労働党従来社会主義政党から中産階級への支持獲得目指す「ニュー・レイバー」運動経て両党政策の差はほとんど縮まっていた。政策による違い目立たない本選挙においては、「どの党首首相にふさわしいか」という首相選択選挙の側面大きかった

※この「争点」の解説は、「2010年イギリス総選挙」の解説の一部です。
「争点」を含む「2010年イギリス総選挙」の記事については、「2010年イギリス総選挙」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 05:23 UTC 版)

先制的自衛権」の記事における「争点」の解説

歴史上自衛権19世紀以来国際慣習法によって認められてきた国家国際法上の権利である。1945年署名発効した国連憲章の第51条には「武力攻撃発生した場合」に国連加盟国が「個別的又は集団的自衛固有の権利」を有することが明文化された。国連憲章51条を以下に引用する。 この憲章いかなる規定も、国際連合加盟国に対して武力攻撃発生した場合には、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持必要な措置をとるまでの間、個別的又は集団的自衛固有の権利害するものではない。(以下略) — 国連憲章51条より抜粋。 同憲章制定直後から現在まで主に、自衛権行使対象他国の「武力攻撃」に限られるのかという問題と、自衛権行使正当化しうるのはその武力攻撃が「発生」した場合限られるのか(先制的自衛権認められるのか)という問題について意見対立してきた。ただしいずれの立場も、武力攻撃発生しそれが攻撃受けた国にとって真に急迫したものであれば自衛権行使容認される、という点では基本的に一致している。

※この「争点」の解説は、「先制的自衛権」の解説の一部です。
「争点」を含む「先制的自衛権」の記事については、「先制的自衛権」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 04:50 UTC 版)

竹島問題」の記事における「争点」の解説

竹島を巡る争点には次のようなものがある誰が最初に発見し実効支配をしたか 島の同定于山島鬱陵島竹嶼竹島松島石島観音島ほか) 1905年日本による竹島編入の有効性 戦後GHQ による竹島処分解釈 1952年韓国による軍事占拠李承晩ライン問題も含む)

※この「争点」の解説は、「竹島問題」の解説の一部です。
「争点」を含む「竹島問題」の記事については、「竹島問題」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 09:40 UTC 版)

捕鯨問題」の記事における「争点」の解説

捕鯨を巡る争点を以下、概説する一般的に捕鯨反捕鯨対立とされる場合も多いが、中立的な立場や、捕鯨自体には賛成するもののその方向性において様々な立場があり、捕鯨反捕鯨対立という短絡的な解釈には問題があり、現実構図はこの一般的理解よりもはるかに複雑であり、問題単純化一般化するのは必ずしも容易ではないまた、捕鯨推進する日本政府に対する批判特別に反捕鯨に組していなくても、ことごとく反捕鯨レッテル貼られるという指摘もある。

※この「争点」の解説は、「捕鯨問題」の解説の一部です。
「争点」を含む「捕鯨問題」の記事については、「捕鯨問題」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 03:47 UTC 版)

2012年フランス大統領選挙」の記事における「争点」の解説

欧州金融危機にあえぐ中、雇用・経済対策主な争点となった財政規律図り緊縮路線打ち出すサルコジ陣営に対し雇用拡大公共投資重視するオランド陣営真っ向から対立ユーロ圏における大国大統領選なだけに、その結果ヨーロッパ全土大きな影響を与えるとして注目された。 また、サルコジ政権に対する信任投票としての意味合いも強い。サルコジ政権下失業率10%にまで達したことに対し有権者からの反発は強い。野党側も「失業率を5%以下に下げるとした公約違反する」と批判したサルコジ個人大統領として資質大きな争点となった品格欠ける言動や、庶民かけ離れた派手な生活スタイルが度々マスコミから非難されていた。

※この「争点」の解説は、「2012年フランス大統領選挙」の解説の一部です。
「争点」を含む「2012年フランス大統領選挙」の記事については、「2012年フランス大統領選挙」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 19:20 UTC 版)

単一民族国家」の記事における「争点」の解説

ヨーロッパ史中世における戦乱終息し理由一つとして民族国家台頭あげられる日本でもよく指摘される論であるが、文化価値観共有する共同体としての国家成立することは、領内安定繫がとされる例えば、アフリカ諸国国境は、旧植民地宗主国の都合で設定された為、国と民族統合性を欠き、これがアフリカ諸国政情不安定一因である事をよく指摘される。特に、近代出現した議会制民主主義一面的には多数決制である為、国内において多数派形成し得ない少数民族にとって圧倒的に不利な制度であり、これが少数民族独立運動ひいては内戦原因となっている事も指摘されるまた、アフリカ人奴隷多量に輸入したアメリカ戦後多くの移民安価な労働者として受け入れたヨーロッパ諸国では、これらの少数民族住居地区の多くスラム化している。これらのスラムは、高い失業率犯罪率による治安の悪化インフラ維持による財政負担、また場合によっては大規模な暴動の発生源となる場合がある他、近年コソボグルジアのように、これらの少数民族近隣国家支援による独立運動起こすことによって国家主権脅かされる事例存在するしかしながら、どの国においても少数民族外国人がたとえ少数ながらも存在しており、国政多数派価値観文化利権組み込まれる結果として少数派には不公平な状態、あるいは少数派民族人権著しく損なわれる事態発生することが問題点として指摘されている。その最も極端な例ドイツ出現したドイツ第三帝国で、ナチス独断決定したアーリア人の定義に見合わないドイツのユダヤ人ジプシー多量に虐殺されただけでなく、東欧への侵攻際に膨大な数東欧住民強制移住強制労働虐殺憂き目にあっている(ただし、ナチス政策ドイツ民族主義というより独自の人種主義に基づいている)。これほど徹底したものではなくとも、アメリカ合衆国インディアン絶滅政策)、オスマン帝国アルメニア人虐殺)、ポーランド・チェコスロヴァキア・ハンガリーなど(ナチスへの報復として行われたドイツ人追放)、ソビエト連邦ホロドモールなど)、イスラエルパレスチナ問題)、中華人民共和国チベット問題)など、民族主義ないし国民統合理念に基づき少数民族追放したり、虐殺した国家世界史上数多く存在するまた、政策的に国民混血進め民族違いなくそうとする場合もある。その最も極端な例19世紀パラグアイで、初代国家元首フランシア博士先住グアラニー人スペイン人通婚強制し全国民メスティソ化してしまった。 日本について小熊英二のように、多民族帝国であった大日本帝国が解体される過程政治的に単一民族概念が作られたという側面強調する論者もいる。また近年日本では単一民族国家という言い方少数民族軽視につながるとして、単一民族国家という言葉概念が批判的にとられることもある。 現在では移民の流入戦争などによる難民を含む)により、多民族化が進んでいる国も多い。これらの少数民族存在が国政の安定脅かすのではないかという危惧は、多くの国で議論されている。ヨーロッパで他の人種や民族平等に扱うことを、人権や自由・平主義観点から奨励しているが、一部ムスリム移民による人権侵害問題になっており、イスラム教自由主義人権主義相容れないものではないかとの危惧存在する右翼保守論客ヨーロッパが「ユーラビア(英語版)」(ヨーロッパアラビア合成語)に変質する警鐘発するものが多い。 このような課題対策として文化的同化政策実施している国もあれば、特定の価値観理念によって国をまとめようとする国も存在する

※この「争点」の解説は、「単一民族国家」の解説の一部です。
「争点」を含む「単一民族国家」の記事については、「単一民族国家」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 00:17 UTC 版)

強制性交等罪」の記事における「争点」の解説

被疑者被告人となった男性【人】が合意いわゆる和姦和合】)であった主張する場合被害者および検察側暴行・脅迫事実や、被害者抵抗した事実の立証強いられる困難に関す論議尽きていない。 性行為に至る経緯詳細に調査しないと、合意有無判断することは難しい。また、性行為が行われる状況では、通常目撃者少ないといった問題もある。 身分が関わる罪13歳未満性交等罪や監護者性交等罪など)については、被害者年齢身分もしくは誰何知らず、かつ知らなかった事に過失が無いような場合誤信していた場合など)や、被害者が年齢を偽り、または身分隠しもしくは偽った場合。ただし、泥酔薬物等により前不覚に陥り、それがために身分が関わる罪犯した場合原因において自由な行為法理適用され故意阻却しないと考えられる

※この「争点」の解説は、「強制性交等罪」の解説の一部です。
「争点」を含む「強制性交等罪」の記事については、「強制性交等罪」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 07:15 UTC 版)

東名高速夫婦死亡事故」の記事における「争点」の解説

裁判の争点は主に、0km/h(車を走行させていない状態)が原因で死亡事故引き起こした事に対して危険運転致死傷罪適用できるかが争われた。自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律第2条第4号には、条文最後に交通の危険を生じさせる速度自動車を運転する行為」と記されている。すなわち文理上、X(以下被告人)の車は、0 km/h停止しておりかつ、被告人以外の車の追突によって被害者死亡したため、被告人危険運転致死傷罪を問うことが困難と考えられていた。結論としては、停車中事故に対して危険運転致死傷罪認められない結果となった一方停車中除き進路妨害から停車までの走行中行為に対して危険運転致死傷罪適用された。 横浜地裁主張/求刑/量刑 危険運転致死傷罪監禁致死傷罪弁護側無罪 事故停車後に起きており、罪の構成要件当たらない 現場に留まってい時間短く監禁意図あったか疑問 検察側懲役23年 進路妨害し無理やり停車させる一連の危険な転が事故つながった 高速道路上で移動困難な状態に陥らせ監禁状態に置いたことが事故つながった 裁判所の判断懲役18年 高速道路上において4回にわたって進路妨害繰り返し被害者車両停車させた一連の行為により、追突事故誘発した事は危険運転致死傷罪に当たる 判断せず(刑に影響なし

※この「争点」の解説は、「東名高速夫婦死亡事故」の解説の一部です。
「争点」を含む「東名高速夫婦死亡事故」の記事については、「東名高速夫婦死亡事故」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/25 01:08 UTC 版)

日本国有鉄道改革法」の記事における「争点」の解説

この一連の救済申立及び裁判における最大の争点は、JR各社社員採用定めた本法律の第23条解釈である。参考のため、争点となった条文を掲げる。 (承継法人職員第23条 承継法人設立委員(・・・略・・・)は、日本国有鉄道を通じ、その職員に対しそれぞれの承継法人職員労働条件及び職員の採用基準提示して職員募集を行うものとする2 日本国有鉄道は、前項規定によりその職員に対し労働条件及び採用基準提示されたときは、承継法人職員となることに関する日本国有鉄道職員意思確認し承継法人別に、その職員となる意思表示した者の中から当該承継法人に係る同項の採用基準に従い、その職員となるべき者を選定し、その名簿作成して設立委員等提出するものとする。 3 前項名簿記載され日本国有鉄道職員のうち、設立委員等から採用する旨の通知受けたであって附則第2項の規定の施行の際現に日本国有鉄道職員である者は、承継法人設立時において、当該承継法人職員として採用される。 4 (略) 5 承継法人(・・・略・・・)の職員の採用について、当該承継法人設立委員がした行為及び当該承継法人設立委員に対してなされた行為は、それぞれ当該承継法人がした行為及び当該承継法人に対してなされた行為とする。 6、7 (略) 3組合の主張及び地方労働委員会命令 国鉄JR実質的に同一であり、国鉄が行った「採用基準に従って選定した者の名簿作成」に不当労働行為があればその責任設立委員JR帰属する中央労働委員会命令 第23条第2項で、国鉄が行うべきとされた名簿作成は、本来承継法人設立委員為すべきことを国鉄委任した解釈すべきである。 よって、国鉄は、設立委員補助機関地位にあったとみなすことができ、採用主体設立委員である。 よって、国鉄が行った名簿作成過程不当労働行為があれば、その責任設立委員JRが負うべきである。 JR各社主張 国鉄法人格承継しているのは、国鉄清算事業団であり、これは「移行」として本法第15条明記されている。よって、国鉄JR別法人格である。 第23条第2項は、国鉄自らの権限と責任において名簿作成を行うことを明記している。よって、設立委員がこの名簿載っていない者を採用するのは不可能であり設立委員JR責任は無い。 最高裁判所の判決事件名:労働委員会救済命令取消請求事件平成15年2003年12月22日第一小法廷本法は、職員の採用の手続き各段階における国鉄設立委員権限明確に分離して規定している。仮に国鉄採用候補者の選定及び採用候補名簿作成に当たり組合差別をした場合は、国鉄(や後継組織日本国有鉄道清算事業団)の責任であり、設立委員JR各社不当労働行為責任を負うものではない。(→最高裁判所裁判例)。3対2の多数決による判決であった。(反対意見深澤武久島田仁郎の両裁判官は、以下の趣旨の反対意見述べた採用手続各段階における作業は、独立したものはなく設立委員提示する採用基準従ったJR各社職員採用向けられた一体的ものである本法第23条において国鉄設立委員権限定められていることを理由効果分断されたものと解するのは形式論にすぎる。 改革法国会審議において、法案所管する運輸大臣が国設立委員の関係について「国鉄設立委員採用事務補助する者で,民法上の準委任に近い」「国鉄設立委員補助者であるから国鉄組合団体交渉をする立場にはない」と説明しているこのような立法者意思反した法解釈をするのは避けるべきである。これらの大臣発言を受けて国鉄JR各社職員採用に関して団体交渉応じなかった経緯考慮すべき。 上記から、改革法JR各社職員採用について、国鉄設立委員補助的なものとして権限付与したものと解すべき。よって、国鉄不当労働行為があったときは、設立委員JR各社不当労働行為責任を負う上記判決元原告が行ったこれ以降裁判等の経緯については、JR不採用事件を参照

※この「争点」の解説は、「日本国有鉄道改革法」の解説の一部です。
「争点」を含む「日本国有鉄道改革法」の記事については、「日本国有鉄道改革法」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 14:40 UTC 版)

2021年東京都議会議員選挙」の記事における「争点」の解説

都議選立候補予定者に対するNHKアンケート調査では、「新型コロナウイルス対策・対応」や「小池知事評価」、「東京オリンピック・パラリンピック在り方」、「少子高齢化対策など福祉政策」などが今回最大の争点として挙げられた。 主な争点に対する政党姿勢 小池都政への評価東京五輪パラリンピックの開催主な新型コロナウイルス感染対策都民ファーストの会 評価 開催するなら無観客 水際対策強化 自由民主党 やや評価 感染対策徹底して開催 感染収束まで個人都民税20%事業所税50%減税 公明党 評価 感染対策徹底して開催 大規模接種会場での20代へのワクチン接種推進 日本共産党 評価しない 中止 検査能力1日20以上に引き上げ立憲民主党 あまり評価しない 延期中止 積極的な検査による感染者早期発見 日本維新の会 評価しない 感染状況などを基準開催延期判断 生活困窮者毎月定額無利子無担保貸付金制度新設する 東京・生活者ネットワーク あまり評価しない 中止 失業減収者への所得補償 国民民主党 やや評価 延期 公共交通機関などを無料化 れいわ新選組 評価しない 中止 都民1人当た10万支給 嵐の党 評価しない 無観客での開催 ワクチン接種大至急進め

※この「争点」の解説は、「2021年東京都議会議員選挙」の解説の一部です。
「争点」を含む「2021年東京都議会議員選挙」の記事については、「2021年東京都議会議員選挙」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/24 04:06 UTC 版)

ときめきメモリアル・アダルトアニメ映画化事件」の記事における「争点」の解説

裁判では、原告著作権著作財産権)及び著作者人格権侵害しているかと、損害額算定が争点となった原告側本件ビデオ藤崎図柄無断で用いたものであるとして、著作権の中で複製権翻案権を、性行為の場面の描写により清純イメージ損な改変が行われたとして著作者人格権の中で同一性保持権侵害していると主張した対し被告側は以下の主張行った本件藤崎図柄は、ありふれたもので創作性はない。また、抽象的なキャラクターについては、具体的な図柄離れて別個の創作性有する外部的表現形式とならないので、著作権保護の対象とならない複製権侵害はない。 次に同一性保持権侵害有無は、本件ゲームソフト本件ビデオにおける具体的な図柄対比することにより決せられるべきであり、イメージ損なったか否かにより決すべきではない。 仮に、イメージ損なったか否か判断要素になるとしても、本件藤崎図柄における藤崎詩織イメージは、優等生的ではあるが、清純さはないし、本件ゲームソフトおいても恋愛テーマとされている関係上、性的関係についての連想をさせるから、清純イメージはない。 損害額は、著作権侵害による財産損害として本件ビデオの制作販売による利益84万円販売数900本と推定)と、著作者人格権侵害による損害として1000万円を要求した

※この「争点」の解説は、「ときめきメモリアル・アダルトアニメ映画化事件」の解説の一部です。
「争点」を含む「ときめきメモリアル・アダルトアニメ映画化事件」の記事については、「ときめきメモリアル・アダルトアニメ映画化事件」の概要を参照ください。


争点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/18 00:23 UTC 版)

2007年愛知県知事選挙」の記事における「争点」の解説

2005年の日本国際博覧会愛・地球博)と中部国際空港開港という二大事業終わりその後舵取り役を選ぶ選挙として位置づけられた。名古屋市都心開発盛んになり、トヨタ自動車業績好調だったことなどから、「元気な愛知」と呼ばれていた愛知県政をどのように導くかが注目された。神田真秋と石田芳弘の2人マニフェスト発表し愛知県知事選挙では初めマニフェスト選挙が行われた。

※この「争点」の解説は、「2007年愛知県知事選挙」の解説の一部です。
「争点」を含む「2007年愛知県知事選挙」の記事については、「2007年愛知県知事選挙」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「争点」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「争点」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



争点と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

争点のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



争点のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの大東水害訴訟 (改訂履歴)、八丈島事件 (改訂履歴)、欧州のための憲法を制定する条約 (改訂履歴)、靖国神社問題 (改訂履歴)、2012年京都市長選挙 (改訂履歴)、柏の少女殺し事件 (改訂履歴)、ときめきメモリアルメモリーカード事件 (改訂履歴)、日前国懸神宮と高大明神の用水相論 (改訂履歴)、コダック・ポラロイド特許権侵害訴訟 (改訂履歴)、ミノルタ・ハネウェル特許訴訟 (改訂履歴)、1995年フランス大統領選挙 (改訂履歴)、正寿ちゃん誘拐殺人事件 (改訂履歴)、尖閣諸島問題 (改訂履歴)、大崎事件 (改訂履歴)、日韓貿易紛争 (改訂履歴)、南九州税理士会事件 (改訂履歴)、2021年ドイツ連邦議会選挙 (改訂履歴)、2008年中華民国総統選挙 (改訂履歴)、2012年中華民国総統選挙 (改訂履歴)、2012年アメリカ合衆国大統領共和党予備選挙 (改訂履歴)、イランの核開発計画 (改訂履歴)、泉精器・フィリップス特許権侵害訴訟 (改訂履歴)、2010年イギリス総選挙 (改訂履歴)、先制的自衛権 (改訂履歴)、竹島問題 (改訂履歴)、捕鯨問題 (改訂履歴)、2012年フランス大統領選挙 (改訂履歴)、単一民族国家 (改訂履歴)、強制性交等罪 (改訂履歴)、東名高速夫婦死亡事故 (改訂履歴)、日本国有鉄道改革法 (改訂履歴)、2021年東京都議会議員選挙 (改訂履歴)、ときめきメモリアル・アダルトアニメ映画化事件 (改訂履歴)、2007年愛知県知事選挙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS