瑕疵とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > きず > 瑕疵の意味・解説 

瑕疵

読み方:かし
別表記:傷

瑕疵とは「きず」(傷)のことであり、欠点欠陥、不足、不具合、といった意味で用いられる語である。とりわけ法律上概念として、取引契約における不備、あるいは契約履行における落ち度、を指す用語として用いられる場合が多い。

「瑕疵」の語を構成する「瑕」と「疵」の2字は、どちらも「きず」を意味するである。「瑕」は玉(宝玉)に付いたキズを意味する字であり、「疵」は生体に付いた創傷やその痕などを指して用いられることが多い字である。つまり「瑕疵」の語は「製作」「把握」「火炎」などと同様に類義語並列的に並べた構成熟語である。ちなみに現代中国語でも「瑕疵」の語は「欠陥」「短所」「不具合」といった意味で一般的に用いられている。

「瑕疵」は商品などに付いた具体的(物理的)なキズを指すこともあれば、契約権利行為あるいは意思表示といった抽象的概念的)な事柄中に見出される不備・不完全性を指す意味で用いられることもある。

民法上の「瑕疵」は、たとえば2004年東京地方裁判所判例では、次のように述べられている。

民法570条の「瑕疵」とは、売買目的物通常備えるべき性能等を備えていないことをいう[...]》(「判例時報」1909号55ページ東京地方裁判所平成16年4月15日独立行政法人国民生活センター掲載からの引用 http://www.kokusen.go.jp/hanrei/data/200612.html )

つまり、商品サービスに対し当然備わっているものとして要求できる品質を満たしていない状態は「瑕疵がある」と表現できる。なお民法570条の条文では「隠れた瑕疵」という言い方が用いられており、隠れた瑕疵があった場合566条の規定契約解除損害賠償請求)をを準用できるとしている。

法律上の用語としては「瑕疵担保責任」という用語も多く用いられる。瑕疵担保責任は、取引上、注意を払っていても容易には気づけないような瑕疵(隠れた瑕疵)が潜んでいた場合に、売り主の側が買い主に対して負わなければならない責任のことである。

住宅不動産取引分野では、瑕疵のある物件を「瑕疵物件」と呼ぶ。住宅の瑕疵は「物理的瑕疵」「法的瑕疵」「環境的瑕疵」および「心理的瑕疵」に大別される。物理的瑕疵は、雨漏りがあったり家が傾いでいたりする物件指し法的瑕疵建築基準法消防法などに抵触している物件を指す。環境的瑕疵は住宅取り巻く環境騒音悪臭などの問題がある物件を指す。そして「心理的瑕疵」は大多数一般人忌避感・嫌悪感を抱くような事情のある物件を指す。いわゆる事故物件」や「いわく付き物件」は、心理的瑕疵のある物件該当する。

瑕疵と似た意味合いで用いられる語としては「過失」なども挙げられるが、過失は「予見して回避することが可能だったにもかかわらず注意を怠ったために回避できなかった」ことを指す語である。

瑕疵

読み方:かし

瑕疵とは、瑕疵の意味

瑕疵とは、「きず」のこと。一般的に不具合欠陥欠点失敗などを意味する。法律上においては、本来であればあるべき機能・性能・要件満たされていない状態を指す。類義語に̪前後逆さにした熟語である疵瑕(しか、しが)があり、同じく欠点過ちなどを指す言葉だが、こちらは瑕疵とは違い法律用語として使用されることはない。

法律上の概念としての瑕疵

法律上概念としての瑕疵は、民法とりわけ不動産契約において頻出した単語である。人、あるいは法人格の持つ権利やものについて、法的何かしら欠陥がある状態を指している。「瑕」という漢字は「きず」、「失敗」という意味を持ち成り立ちとしては「(宝)玉」に付いてしまった「きず」から来ている。「疵」という字もまた「きず」、「罪」などを意味し、こちらは主に人体に付いた「傷」を指す言葉であるが、「疵」にはさらに「そしる。悪口をいう」という意味合いもある。これは瑕疵という言葉単なる不具合ではなく、謗られるべき欠陥、という趣旨内包していることを意味する。

瑕疵と過失の違い

法律概念上の類義語として「過失」があるが、これは瑕疵と明確に区別される。過失とは注意義務怠ることによって、人が引き起こし過誤を意味する。因みに、「意図的に引き起こされた過ち」は過失ではない。過失とはあくまで、不注意怠慢によって生じた過ちを指す。対して瑕疵は、物に生じた欠陥不具合のことである。「物」に発生した不備であるからといって、必ずしも物理的なきずであるとは限らない不動産やその他商品が、法律的に本来備えているべき用件を満たしていなければ、それもまた瑕疵として扱われる。

民法における瑕疵

法律とりわけ民法においての瑕疵は、行為権利・ものが、法的欠陥抱えている状態を表す言葉である。例え契約締結後、売り手事前に告知した数量品質種類通り商品サービスを提供できない状態にあったり、買い手意思表示をする際に何らかの詐欺強迫行為があれば、それらは民法上の瑕疵となる。瑕疵ある商品を提供した売り手は、それによって発生した損害賠償、あるいは契約解除などの責務を負う場合がある。買い手瑕疵ある意思表示は、後から取り消すことが可能である。このように民法上、瑕疵が発覚した場合買い手売り手に対して有利になるよう定められている。

これは法整備為される近現代以前買い手売り手に対して不利な立場にあり、買い手保護が必要だったためである。この傾向は特に不動産契約において顕著であり、古く瑕疵担保責任2020年4月1日よりは契約不適合責任という概念で、売り手責任の所在を明確にしている。なぜならば不動産通常の商品違い一見しただけでは発覚ないよう箇所に瑕疵が存在し、後年になって発覚するようなケースがあるためである。このような場合、どの時点発生した欠陥であるかが不明瞭だと、買い手売り手に対して責任問いにくくなってしまう。そういった事態避けるために、売り手契約不適合責任を負うこととなる。

瑕疵担保責任から契約不適合責任変更されたことによって、買い手立場はいっそう強く保障されることとなった。賠償請求契約解除加えて改めて完全に契約内容履行するよう売り手求める「追完請求」ほか、いくつかの権利新たに得たためだ。諸外国ルール合わせるわかりやすい言葉使用したわかりやすい民法目指す、などという目的から、実のところ「瑕疵」という文言今後民法では使われなくなる。

瑕疵の類義語





か し [1] 【瑕

きず。欠点
法的に人の行為権利または物に何らかの欠陥欠点のあること。
「瑕疵」に似た言葉
小疵  瑕瑾      


瑕疵

読み方:カシkashi

きず


瑕疵(かし)

民法基本用語に関わる用語

「瑕疵」とは「きず」という意味で、法律上何らかの欠点欠陥があることをいう。例えば、ミカン売買において一部ミカンが腐っている場合や、建売住宅売買において建物土台ヒビが入っている場合等がこれにあたる


» 法テラス・法律関連用語集はこちら

瑕疵(かし)


”瑕疵”とは「きず」のことであり、法律上なんらかの欠陥があることを示す。

たとえば、本来、登録されるべきでなかった特許商標誤って登録されてしまったような場合、これらの権利は“瑕疵ある特許権”、“瑕疵ある商標権ということになる。このような瑕疵ある権利に対しては、無効審判請求して権利無効にすることができる。

執筆弁理士 古谷栄男)

バグ

別名:瑕疵
【英】bug

バグとは、プログラム含まれる誤りのことである。プログラム誤作動や処理の停止などの原因とある。

システム開発において、バグの箇所特定修正する作業デバッグdebug)と呼ばれるデバッグ作業では、デバッガ呼ばれるツール用いてプログラム上のミス特定するという作業繰り返し行われる

バグの中には実際にシステム稼動しないと発見できないような種類のものもあり、システムリリース後にバグが発生することもある。

なお、バグ(bug)の語源まつわる話として、コンピュータ黎明期大型計算機不具合調査したところが、計算機論理スイッチ羽虫bug)が挟まったことが原因だったことに由来する、という説がある。バグは法律文においては「瑕疵」(かし)と記述され、また程度によっては不具合表現されることもある。

プログラミングのほかの用語一覧
コーディング:  オーバーロード  打ち切り誤差  配列  バグ  パラメータ  パーサ  ハンガリー記法

かし 瑕疵 defeat

法律的何らかの欠点欠陥のあること。 ②当事者があらかじめ定め性質を欠いている点。 ③請負工事場合には注文者提示した図面仕様適合しない点。 一般的には、構築物に生じる傷・欠陥故障不具合など構築物価値減じる欠点をいう。

瑕疵

キズ欠陥のこと。一見しただけでは分からないキズ欠陥を「隠れた瑕疵」という。「瑕疵担保責任」や「アフターサービス」を参照のこと。

瑕疵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/29 00:44 UTC 版)

瑕疵(かし)とは、通常、一般的には備わっているにもかかわらず本来あるべき機能・品質・性能・状態が備わっていないこと。法概念としても用いられる。


  1. ^ 遠藤浩・原島重義・水本浩・川井健・広中俊雄・山本進一著 『民法6 契約各論 第4版』 有斐閣〈有斐閣双書〉、1997年4月、52頁
  2. ^ 我妻栄・有泉亨・川井健著 『民法2 債権法 第2版』 勁草書房、2005年4月、284頁
  3. ^ 大島俊之・下村正明・久保宏之・青野博之著 『プリメール民法4 第2版』 法律文化社〈αブックス〉、2003年3月、64頁
  4. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、160頁
  5. ^ 遠藤浩・原島重義・水本浩・川井健・広中俊雄・山本進一著 『民法6 契約各論 第4版』 有斐閣〈有斐閣双書〉、1997年4月、50頁
  6. ^ 大島俊之・下村正明・久保宏之・青野博之著 『プリメール民法4 第2版』 法律文化社〈αブックス〉、2003年3月、64頁
  7. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、160-161頁
  8. ^ 遠藤浩・原島重義・水本浩・川井健・広中俊雄・山本進一著 『民法6 契約各論 第4版』 有斐閣〈有斐閣双書〉、1997年4月、50頁
  9. ^ 我妻栄・有泉亨・川井健著 『民法2 債権法 第2版』 勁草書房、2005年4月、283-284頁
  10. ^ 大島俊之・下村正明・久保宏之・青野博之著 『プリメール民法4 第2版』 法律文化社〈αブックス〉、2003年3月、63頁
  11. ^ 大島俊之・下村正明・久保宏之・青野博之著 『プリメール民法4 第2版』 法律文化社〈αブックス〉、2003年3月、65頁
  12. ^ 近江幸治著 『民法講義Ⅴ 契約法 第3版』 成文堂、2006年10月、145頁
  13. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、161頁
  14. ^ 遠藤浩・原島重義・水本浩・川井健・広中俊雄・山本進一著 『民法6 契約各論 第4版』 有斐閣〈有斐閣双書〉、1997年4月、51頁
  15. ^ 近江幸治著 『民法講義Ⅴ 契約法 第3版』 成文堂、2006年10月、139頁以下
  16. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、160頁
  17. ^ 遠藤浩・原島重義・水本浩・川井健・広中俊雄・山本進一著 『民法6 契約各論 第4版』 有斐閣〈有斐閣双書〉、1997年4月、53頁以下
  18. ^ 大島俊之・下村正明・久保宏之・青野博之著 『プリメール民法4 第2版』 法律文化社〈αブックス〉、2003年3月、67頁以下
  19. ^ 我妻栄・有泉亨・川井健著 『民法2 債権法 第2版』 勁草書房、2005年4月、289頁以下


「瑕疵」の続きの解説一覧

瑕疵

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 07:07 UTC 版)

名詞

(かし)

  1. きず、欠点
  2. 法律一般期待される品質を欠いていること。

関連語




瑕疵と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「瑕疵」の関連用語

瑕疵のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



瑕疵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2020 Houterasu All rights reserved.
古谷国際特許事務所古谷国際特許事務所
(C)1992-2020 FURUTANI PATENT OFFICE
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリバグの記事を利用しております。
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2020 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2020 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの瑕疵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの瑕疵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS