事故物件とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 事故物件の意味・解説 

事故物件

読み方:じこぶっけん

不動産に関する用語で、主に、過去自殺殺人火事などで死者が出た物件のこと。多く場合条件同程度の他の物件比べ大幅安く提供される。

事故物件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/24 06:48 UTC 版)

事故物件(じこぶっけん)とは、広義には不動産取引や賃貸借契約の対象となる土地建物や、アパートマンションなどのうち、その物件の本体部分もしくは共用部分のいずれかにおいて、何らかの原因で前居住者が死亡した経歴のあるものをいう。ただし、死亡原因によって事故物件と呼ばないものもあるなど、判断基準は明確に定まってはいない。




「事故物件」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「事故物件」の関連用語

事故物件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



事故物件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの事故物件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS