打ち切り誤差とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 打ち切り誤差の意味・解説 

打ち切り誤差

読み方うちきりごさ
【英】truncation error

打ち切り誤差とは、全ての演算終了する前に、あらかじめ指定された法則に従って演算打ち切られる、そのことによって生じる誤差のことである。

コンピューター数式などの解を求める際に、計算繰り返し実行させることで値を近似させるとき、ある一定時間を超えたところで演算終了される。そのようにして得られた値と真の値との間に生じた誤差が、打ち切り誤差と呼ばれる

プログラミングのほかの用語一覧
コーディング:  インラインコード  オーバーフロー  オーバーロード  打ち切り誤差  配列  バグ  パラメータ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「打ち切り誤差」の関連用語

打ち切り誤差のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



打ち切り誤差のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ打ち切り誤差の記事を利用しております。

©2019 Weblio RSS