取り巻く環境とは? わかりやすく解説

取り巻く環境

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 03:46 UTC 版)

軍需産業」の記事における「取り巻く環境」の解説

資本主義国家で多く民間企業構成されているが、それ以外体制下では国家機関軍需産業構成している場合がある軍需産業国家防衛という国家が行なう軍隊活動生産面でサポートする産業あるため完全に自由な民需産業とはなり得ず政府恣意的な保護政策時に強制的な政策が行使され、軍事機密保護のために個人移動制限輸出制限が加えられるこういった環境にある産業あるため新規参入結果として強く制限される反面最新の情報通信技術のような新兵器」が生み出せる技術持った企業急成長する産業でもある発注者が国そのものという事で契約履行がほぼ安定しており、受注得られれば民間企業としては経営安定できる現在の世界多くの財閥巨大企業がその繁栄期には戦争特需急成長した時期あったように、戦争によって繁栄しうる。しかし、現代戦国家財政大きく消耗させてしまうた長期的な需要とはなりづらい。逆に戦争終結投資無駄になることも多い。「軍需産業にとって好都合なのは冷戦のような軍備拡張競争である」などと言われる。現在は冷戦終結後軍縮兵器市場縮小し軍需産業統合進んでいる全世界軍事費合計ソ連崩壊前の1985年には1兆2535億ドルあったが、ソビエト連邦の崩壊後の1995年には9,162ドル2000年には8,115ドル激減しており、予定されていた装備調達大幅に削減されることが多くなった。こうした状況下、冷戦期拡大した軍需産業界は危機迎え1994年ノースロップグラマンを、1997年にはボーイングマクドネル・ダグラス買収するなど、1990年代には多くの企業部門統廃合追い込まれた。2006年現在存在するボーイングロッキード・マーティンノースロップ・グラマンレイセオンEADSといった巨大な軍需企業1985年には少なくとも20以上の個別企業あるいは軍需部門であったこういった軍需関わる企業では、軍事機密などを口実として情報開示行わず透明な環境での監視競争原理働かないまま、国家から多額のお金得ている。このため政治家民間会社軍官僚の間での癒着賄賂など)や不法行為温床となることがある。(詳細軍産複合体及び天下りを参照2006年度地球全体で9,000ドル上が軍需産業使用され世界あらゆる工業国では国内軍需産業界が発達しているアムネスティ・インターナショナルによって設立されたコントロール・アームズによると、98以上の異なった国に拠点を置く1,135以上の会社それらの様々なコンポーネント弾薬と同様小火器製造している。 技術革新進み武器高価になるにつれ、武器開発生産国際共同主流となりつつあり、1つの国で軍需産業維持発展させることは困難となりつつある。

※この「取り巻く環境」の解説は、「軍需産業」の解説の一部です。
「取り巻く環境」を含む「軍需産業」の記事については、「軍需産業」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「取り巻く環境」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「取り巻く環境」の関連用語

取り巻く環境のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



取り巻く環境のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの軍需産業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS