オーバーラップとは?

オーバーラップ【overlap】

[名](スル)

映像編集技術一つ映画テレビなどで、一つ画面消しながら、重ねて次の画面写しだす技法二重写しディゾルブ。クロスディゾルブ。

二つ上のものの姿が重なり合うこと。「イメージがオーバーラップする」

サッカーで、後方選手ボール持っている味方選手追い越して、前線走り上がること。


オーバーラップ over-lap

略してOL映画テレビなどのおける映像テクニック一つで、複数加増ダブらせる手法のこと。

オーバーラップ 【over lap】

画面転換の時一つ画面次第消えて行くに連れて重なって次の画面がでてくる表現技法。略してOLともいう。または、一つの画に他の画を重ね合わせる表現技法

【参】クロスフェードディゾルブ

オーバーラップ

【英】overlap

オーバーラップとは、ウィンドウシステムOSアプリケーションで、複数ウィンドウ重ねることである。または、そのように重なっている状態のこと。


オーバーラップ

英語表記overlap

二つ上の動作を行わせるとき、一つ動作完了を待たずに次の動作を行わせると全体サイクルタイム短縮できる。このようにある時間領域において複数動作同時に行われるように制御したときの、この動作重なりをいう。ピックプレース機構ではよく用いられる。オーバラップともいう。
?同期制御
さらに詳しい説明こちら

凡例同義語は⇒、類似語は→、関連語は?で示す。

オーバーラップ overlap

アーク溶接溶融池が小さく、溶け込みが浅い場合溶着金属溶融池の周りにできる重なり。 オーバーラップができるとアンダカットと同じように 溶接部を弱く破壊のもとになる危険がある。

オーバーラップ

1つの被着材に他の被着材を重ねて接着すること。

オーバーラップ

読み方おーばーらっぷ

空中写真撮影で、連続して撮影する場合お互いにオーバラップして撮影している割合をいう。実体視行なうため、一般に60%オーバラップして撮影している。これよりすくないと、飛行コースからのずれ、山の高さによる撮影のずれなどで、オーバラップ部分がなくなってしまうおそれがあるからである。なお高いビルなどが林立する場合などでは、撮影死角少なくするため80%などオーバラップして撮影することもある。

オーバーラップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/29 16:21 UTC 版)

オーバーラップ(Overlap)




「オーバーラップ」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オーバーラップ」の関連用語

オーバーラップのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オーバーラップのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2021 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2021 Japan Video Software Association
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリオーバーラップの記事を利用しております。
三共製作所三共製作所
Copyright(C) 1998-2021, Sankyo Seisakusho co. All rights reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2021 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
接着剤ツールファースト接着剤ツールファースト
© 2021 TOOLFIRST. All Rights Reserved.
かんこうかんこう
2021 (C) KANKO All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオーバーラップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS