重複とは?

重複

読み方:じゅうふくちょうふく


重複(じゅうふくちょうふく)とは、複数の同じ(同種の物事が重なること、および、そのような状態のことです。

「重複」は、多く場合「ひとつあれば充分事足りるものがいくつも重なる」「2つ以上は余計である」といったニュアンス用いられます。用例文例としては、「連絡が重複する」とか「重複して申し込む」とか、「意味の重複した表現を使っている」といった言い回しが挙げられます。

「意味の重複した表現」とは、いわゆる「馬から落馬する」「頭痛が痛い」を典型とする言い方で、「重複表現」あるいは「重言」「二重表現」などとも呼ばれます。重複表現は、修辞的意図して使用される場合ありますが、基本的に不適切日本語表現部類と見なされます

「重複」は「ちょうふく」と読みます。ただし「じゅうふく」も「重複」の読み方として受け入れられています。国語辞書上の位置づけは「ちょうふく」が主です。たとえば三省堂大辞林では、「じゅうふく(重複)」が見出し語として載録されていますが、解説文はなく、参照先として「ちょうふく(重複)」が案内されているのみです。

文化庁は「国語に関する世論調査平成15年度(2003年度)版で、「重複」を普段ちょうふく」「じゅうふく」どちらの読み方で読むか?と尋ねています。結果ちょうふく」は 20.0%、「じゅうふく」が 76.1% という調査結果が出ており、「じゅうふく」派が圧倒的に多いという傾向浮き彫りとなっています。

「重複」と意味の似た表現として「反復」「繰り返し」「ダブり」「ダブる」「カブる」などが挙げられます。「反復」と「繰り返し」は「同じことを何度も行う」という意味で、「何度もするという点に価値意義がある」というニュアンスでも使割れやすい表現です。「ダブる」や「カブる」は俗な言い方であり、意味やニュアンスは「重複」に近く「1個あれば充分なものがいくつもある」状況指します。なお「カブる」は本来「被る」と表記する、れっきとした日本語。「ダブる」は英語の double日本語化した表現です。

「重複」の対義語は、文脈に応じて単一」「単独」「一意」「ユニーク」「固有」といった表現上手く当てはまるでしょう、けど「重複しない」「重複のない」「重複がない」と表現した方がしっくり来る場合も多いでしょう

重複

読み方:ちょうふく

重複とは、重複の意味

重複(ちょうふく)とは、同じものが何個か(または何度か)重なること・重なっているさま、を意味する語。基本的に「ひとつあれば十分なのに同じのが余計にある」という意味合い込め用いられる。

重複の使い方

「重複」は名詞およびサ変動詞として使える名詞としては「重複がある」「重複になった」といった言い方が、サ変動詞としては「重複する」の活用形用いられる。重複の個数回数は、複数2つ以上)であればいくつでも構わない。2個(1つ余計)でも100個(99個余計)でも「重複している」ことになる。とはいえ大抵の場合「重複」は2~3個くらいの規模想定される。

いわゆる重複表現」は、「危険が危ない」「後で後悔する」「頭痛が痛い」といった「意味が重複している表現」のことである。「重言」ともいう。「危険が危ない」などは不本意な重複であり、誤用みなされるが、重言中にはエンドウ豆豌豆豆)」や「サハラ砂漠」のように敢えて重複させ便宜が図られている例もある。

重複の類語と使い分け

重複の類語としては「ダブる」「ダブり」が挙げられる。これは英語のダブルdouble)を動詞化した表現であり、「2つある」「2つ以上ある」状態を指す。つまり「重複」とほぼ同義である。ただし「ダブる」は基本的に俗っぽい表現であるため、公文書ビジネス文書では「重複」の語を用いた方がよい。

重複の語源

重複の語を構成する「重」と「複」の字は、どちらも「重なる」という意味の字である。似た意味の字重ねて強調するタイプ漢語的な熟語である。中国語では「重复」と表記される。「芸文志」などにも使用例が見いだせる一般的な語彙である。

重複のよくある間違い

重複の「よくある間違い」として、「じゅうふく」と読み間違える、というパターンが挙げられる。本来「じゅうふく」という読み方間違いである。しかし昨今では「じゅうふく」と読む人が少なくなく、むしろ「じゅうふく」と読む人の方が多数派になりつつあって、「じゅうふく」の読み世間的許容され(誤用とはいえなくなり)つつある。

じゅう‐ふく〔ヂユウ‐〕【重複】

[名](スル)ちょうふく(重複)」に同じ。「重複して申し込む」


ちょう‐ふく【重複】

[名](スル)

同じ物事重なり合うこと。じゅうふく。「語句の重複を避ける」「話が重複する」

染色体一部余分付着していること。染色体異常の一。


じゅう‐ふく ヂュウ‥ 【重複】

〔名〕 同じ物事いくたびかかさなること。かさなり合うこと。ちょうふく

*最暗黒東京(1893)〈松原岩五郎〉一五「古物商中間に働らく仲買多数概して失敗を重覆(ヂウフク)したる商人落武者にして」


ちょう‐ふく【重複】

〔名〕

① 同じ物事いくたびか重なること。二重じゅうふく

杜詩続翠抄(1439頃)一五「老の字垂白重複したなれども」〔晉書‐桓冲伝〕

重なり合うこと。重畳じゅうふく。〔顔延之始安郡還都詩〕


重複

読み方:ジュウフク(juufuku)

物事いくつも重なり合うこと


重複

同義/類義語:重複遺伝子
英訳・(英)同義/類義語:duplication

遺伝学で、ある遺伝子倍加して複数存在するようになった状態、もしくはその遺伝子

重複、二「倍」

【英】Di-
読み方じゅうふく、に「ばい」

二を意味する接頭語

過剰、重複

【英】Super-
読み方かじょうじゅうふく

過剰、重複を意味する接頭語

重複

【英】DoublingDuplicated
読み方じゅうふく

一つしかない骨が二つある状態。

重複

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/28 04:36 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「重複」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「重複」を含むページの一覧/「重複」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「重複」が役に立つかも知れません。


重複

出典:『Wiktionary』 (2018/12/08 23:58 UTC 版)

名詞

 ちょうふくじゅうふく

  1. 同じ物事が重なること。一つよいところ二つまたはそれ以上あること。
  2. 染色体一部余計に付け加えられる染色体異常部分トリソミー

発音

ちょ↗ーふく
じゅ↗ーふく

動詞

活用

サ行変格活用
重複-する



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「重複」の関連用語

重複のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



重複のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2021 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの重複 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの重複 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS