発注とは? わかりやすく解説

発注

発注とは、発注の意味

発注(はっちゅう)は「注文すること」「注文を出すこと」であり、とりわけ商取引において商品サービス調達依頼することを指す意味で用いられる語。所定の手続き発注書作成等)を経て正式に調達依頼する、という場面を指す意味合いが強い。 「発注」の対義語は「受注」。なお「発注」はもっぱら事業者間の商取引において用いられ一般消費者店舗において注文するという場面を指して用いられることは基本的にない。

発注の使い方

「発注」は名詞もしくはサ変動詞として扱われる。「発注-を-する」か「発注-する」か、どちらの言い方使えるビジネスシーンでは「発注」と「注文」はほぼ同義語として扱える基本的にビジネスシーンで、注文という言葉が発注に代わる考えて問題はないだろう。注文取消しは発注取り消し注文書発注書という風にそのまま置き換えることができる。ビジネスであれば使用できる場面限定されないため、色々なところで使われる。「卸売り業者品物発注する」「工事発注する」というのが、その一例である。

発注の類語と使い分け

発注の類語として代表的なのは、同じ意味を持つ注文だ。相手ビジネス業者であれば発注、個人だと注文使用する。そして、オーダーという言葉も、類語として使用されることが多い。どちらかというと注文のニュアンスで使用されがちだが、発注の意味使用して問題はないその他には「誂える」、「依頼する」といった類語がある。どちらも頼んだ命令したりして、相手動か言葉である。ただ、使用する場面は発注の方限定的で、基本的に依頼の内容決まっている。それに対して誂える」や「依頼する」は、漠然とした内容の場合に使用することが多い。

発注の語源

発注は注文発するという意味なので、語源注文同じである。そして、注文は元々、註文という単語だった。註文の「註」は記すという意味を持っており、註文依頼され内容やその量を文として記すという意味となる。本来註文依頼だけでなく、様々なことを書き記すという意味使われた。それが時間の経過と共に依頼という意味限定された形である。そして、常用漢字として註が注に統一されたそのような背景で、発注は依頼内容や量を記した注文を出すという意味となる。

発注のよくある間違い

「発注」と「注文」は場面に応じて使い分け求められる場合があり、使い方によっては誤りもしくは不適切)と捉えられかねない具体的には、一般消費者動向について「レストランで料理発注すると言ったり、事業者動向について「自治体地元企業工事注文したと言ったりすると、違和感持たれやすい。

はっ‐ちゅう【発注/発×註】

読み方:はっちゅう

[名](スル)注文を出すこと。「必要な備品を—する」⇔受注


注文

(発注 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/18 19:26 UTC 版)

注文(ちゅうもん/しるしぶみ)とは、日本古文書のひとつ。


  1. ^ 参考・近藤好和 『中世的武具の成立と武士』 吉川弘文館。鈴木眞哉 『謎とき日本合戦史 日本人はどう戦ってきたか』 講談社。
  2. ^ トマス・D・コンラン著 『図説 戦国時代 武器・防具・戦術百科』原書房、80頁。
  3. ^ 鈴木眞哉 『鉄砲と日本人』 洋泉社。
  4. ^ 近藤好和 『騎兵と歩兵の中世史』吉川弘分館、99頁、100頁。
  5. ^ 笹間良彦 『図説 日本戦陣作法辞典』柏木書房、280頁。


「注文」の続きの解説一覧

発注

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/04 14:54 UTC 版)

ヴォーリャ (戦艦)」の記事における「発注」の解説

ヴォーリャは、日露戦争後ロシアにおける海軍強化政策の一環として、バルト海ガングート級セヴァストーポリ級)に続いて建造されインペラトリーツァ・マリーヤ級戦艦3番であった当初艦名は、ロシア語で「皇帝アレクサンドル3世という意味インペラートル・アレクサンドル3世(Император Александр Третийイムピラータル・アリクサーンドル・トリェーチイ)であった

※この「発注」の解説は、「ヴォーリャ (戦艦)」の解説の一部です。
「発注」を含む「ヴォーリャ (戦艦)」の記事については、「ヴォーリャ (戦艦)」の概要を参照ください。


発注

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/09 00:17 UTC 版)

216型潜水艦」の記事における「発注」の解説

216型はコリンズ級潜水艦更新計画において、ティッセン・クルップ社が212型に搭載されているAIPシステムそのものオーストラリア技術供与することも表明し建造後に生じたコスト増加分全て会社側負担するという費用固定での費用見積りを提示している点が評価されて、日本のそうりゅう型フランスバラクーダ型を抑えて最有力候補になっているされていたが、2016年4月26日バラクーダ型が選定され敗れたそのほかインドカナダなどへも提案されるとみられている

※この「発注」の解説は、「216型潜水艦」の解説の一部です。
「発注」を含む「216型潜水艦」の記事については、「216型潜水艦」の概要を参照ください。


発注

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/01 16:37 UTC 版)

A26型潜水艦」の記事における「発注」の解説

2010年2月25日コックムスABスウェーデン防衛調達局(FMV)と次世代潜水艦総合的な設計契約交わしたコックムスCEOであるOla Alfredssonによると"これはコックムスだけでなくスウェーデン防衛全体にとっても重要な最初の一歩である。私達持ちうる最大限潜水艦先端技術投入することによって脅威に対して光明となる。"と述べたノルウェー海軍はこの計画興味抱き複数潜水艦購入検討中である。コックムスによると2010年末までに発注する必要がある2010年4月スウェーデン防衛大臣Sten Tolgforsは2018年から2019年にかけてセーデルマンランド級潜水艦更新する新し潜水艦購入計画発表した計画には同様に2隻のゴトランド級潜水艦改良する計画含まれる。更にゴトランド級潜水艦更新する為の発注計画もあるが2020年以前にはそれは決められないと見られる2010年6月16日スウェーデン政党政府に対して2010年度の2隻の潜水艦建造可決した

※この「発注」の解説は、「A26型潜水艦」の解説の一部です。
「発注」を含む「A26型潜水艦」の記事については、「A26型潜水艦」の概要を参照ください。


発注

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 00:50 UTC 版)

COMAC C919」の記事における「発注」の解説

航空会社納入予定機種受注TBAオプション権利 中国国際航空 ? 20 中国東方航空 ? 20 中国南方航空 ? 20 海南航空 ? 20 国銀金融租賃有限公司 ? 10 GECAS ? 20 ICBC Leasing ? 45 四川航空 ? 20 BOCOM Leasing ? 30 中国飛機租賃 ? 20 BOCアビエーション ? 20 ABC Financial Leasing ? 65 10 中国建設銀行金融リース ? 50 河北航空 ? 20 幸福航空 ? 20 CNEC Financial Leasing ? 20 20 Huabao Duding (Shanghai) Financial Leasing ? 15 15 AVIC International Leasing ? 15 15 合計405 受注1052010年の中国国際航空宇宙博覧会Comac中国東方航空中国国際航空海南航空中国南方航空CDBリースGE キャピタル アビエーション サービシーズから55受注し、さらに45オプション受注した発表した2011年2月ライアンエアーComac航空機調達に関して協議した発表したライアンエアーは、発注済ボーイング 737-800受領2012年終了する為、次期機体検討行っていたが、ボーイングとエアバス提示され価格に不満があった為、2009年時点でこの二社との交渉から撤退していた。しかし、ライアンエアー2013年引き続きB737発注することを決定初の中国外航会社からの受注とはならなかった。 タイ新興航空会社シティ・エアウェイズC919の発注を行ったとする報道もあったが、同社2014年タイ当局から飛行差し止め措置を受け、休眠状態となっている。 2017年9月時点でCOMACでは「オプション含めると計730機の受注得ている」としている。 2021年3月1日中国東方航空との間で5機の購入契約結ばれ同社ローンチカスタマーとして、同機による商業運行を行う最初の会社となると発表された

※この「発注」の解説は、「COMAC C919」の解説の一部です。
「発注」を含む「COMAC C919」の記事については、「COMAC C919」の概要を参照ください。


発注

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 15:14 UTC 版)

ハヴォック級駆逐艦」の記事における「発注」の解説

イギリス海軍本部は3社に仕様提示して各2隻ずつ、計6隻を発注した。 本級 (ハヴォックおよびホーネット) - ヤーロウ デアリング級 (デアリングおよびデコイ) - ソーニクロフト フェレット級 (フェレットおよびリンクス) - レアード

※この「発注」の解説は、「ハヴォック級駆逐艦」の解説の一部です。
「発注」を含む「ハヴォック級駆逐艦」の記事については、「ハヴォック級駆逐艦」の概要を参照ください。


発注

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/10 15:42 UTC 版)

G-1級潜水艦」の記事における「発注」の解説

設計は、海軍総司令部建艦総局潜航課によって1915年4月28日採択された「1915年度造船計画第一線艇の設計技術要求に基づきとめられた。この設計要求は、海軍総司令部公募した排水量 970 t級の巡洋潜水艦設計に関するもので、これに対し国内企業応募した外国企業直接に参加せずロシア国内企業がその代理務めた1915年5月末には、「ノブレースネル(英語版)」工場代表するホランド」社の設計が、 I・G・ブーブノフの設計イタリアの「フィアットサン・ジョルジョ」社の設計とともに1 位獲得した1916年5月第一線潜水艦建造契約結ばれると、それに従ってホランド」社設計による潜水艦14 隻、バルト海黒海両方面へ発注された。レーヴェリにある「ノブレースネル」工場10 隻を受注し、「フィアット」社設計推していたニコラーエフロシア造船会社(ルスート)も「フィアット」社設計以外に 4 隻の「ホランド」社設計の艦を受注した1916年下半期のあいだに、両工場はさらに 14 隻の同型潜水艦受注した。 1 隻当たりの費用400 ルーブリであったが、「ホランド」社は「ノブレースネル」理事会28 隻の組み立て発注すれば 1 隻当たりの費用262 5 千ルーブリにまで減額できるかもしれない知らせた。「ノブレースネル」とトラスト「ナーヴァリ=ルスート」は「ホランド」社の潜水艦製造課に発注し直し自分の工場では組み立てだけを行うこととした。

※この「発注」の解説は、「G-1級潜水艦」の解説の一部です。
「発注」を含む「G-1級潜水艦」の記事については、「G-1級潜水艦」の概要を参照ください。


発注

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 01:52 UTC 版)

空飛ぶクルマ」の記事における「発注」の解説

バーティカル・エアロスペース社は、2021年6月アメリカン航空ヴァージン・アトランティック航空航空機リースのアボロン社などから、空飛ぶクルマ1000機の予約注文受けたことを発表した

※この「発注」の解説は、「空飛ぶクルマ」の解説の一部です。
「発注」を含む「空飛ぶクルマ」の記事については、「空飛ぶクルマ」の概要を参照ください。


発注

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/15 03:36 UTC 版)

会計ソフトウェア」の記事における「発注」の解説

企業在庫注文する

※この「発注」の解説は、「会計ソフトウェア」の解説の一部です。
「発注」を含む「会計ソフトウェア」の記事については、「会計ソフトウェア」の概要を参照ください。


発注

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 14:43 UTC 版)

開陽丸」の記事における「発注」の解説

江戸幕府は、外国船劣らない新鋭艦の必要性感じてアメリカ駐日公使であったタウンゼント・ハリス打診する。しかし、ハリス自国南北戦争理由として軍艦新造拒否したこのためオランダへ軍艦の発注および、それに伴う留学生派遣依頼することとなった1862年(文久2年)、久世広周は「オランダ海軍の持つ最新の設計設備施した蒸気機関推進大砲20門以上装備した3000トン未満軍艦一隻」という条件注文書出した同時に軍艦引き受けをかねて派遣する日本人留学生15名を選抜した。そして1863年(文久3年)3月にはロッテルダム蒸気船会社にて設計完成しドルトレヒトのヒップス・エン・ゾーネン造船所(Cornelis Gips & Zonen)に建造指示されたオランダ側は当初時流からみて鉄製艦を薦めたが、一刻早い入手望んだ幕府側は木造選択する。こうして開陽丸木造貼で造船されることとなり、1866年6月進水目指し作業開始された。 一方選ばれた留学生達は、1862年(文久2年)9月11日長崎出港1863年(文久3年)4月16日オランダのブローウエルスハーヘン港(Brouwershaven)に到着した当地での留学生たちの世話長崎海軍伝習所教官務めていたカッテンディーケ海軍大佐とメーデルフォールト軍医見ることとなったオランダへ留学した15氏名職業修学内容内田恒次郎 軍艦操練所軍艦乗組 船具運用砲術専攻 榎本釜次郎 軍艦操練所軍艦乗組 船具運用砲術機関専攻 澤太郎左衛門 軍艦操練所軍艦奉行支配 船具運用砲術鉄砲火薬専攻 赤松大三郎 外国奉行支配役並出役 船具運用砲術造船専攻 田口俊平 外国奉行支配調役並出役 船具砲術測量専攻 津田真一郎 洋書調所教授出役 国際法財政学統計学専攻 西周助 洋書調所教授出役 国際法財政学統計学専攻 古川庄八 - 水夫習得 山下岩吉 - 上等水夫習得 中島兼吉 - 大砲鋳物師習得 大野弥三郎 - 測量機械習得 上田寅吉 船大工 船大工習得 林研海 医師 医学専攻 伊東玄伯 医師 医学専攻 大川喜太郎(病死) - 鍛工習得

※この「発注」の解説は、「開陽丸」の解説の一部です。
「発注」を含む「開陽丸」の記事については、「開陽丸」の概要を参照ください。


発注

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 14:16 UTC 版)

ハウス・オブ・カード 野望の階段」の記事における「発注」の解説

ネットフリックス合衆国2700万人ユーザー視聴傾向分析から本作ヒット確信し1億ドル出資して2シーズン26エピソード発注した。 『ソーシャル・ネットワーク』(監督デヴィッド・フィンチャー)は多くの視聴者ストリーミング中断させず観ているケヴィン・スペイシー出演している映画はよく観られている1990年イギリスのテレビドラマ野望階段』はよく観られている

※この「発注」の解説は、「ハウス・オブ・カード 野望の階段」の解説の一部です。
「発注」を含む「ハウス・オブ・カード 野望の階段」の記事については、「ハウス・オブ・カード 野望の階段」の概要を参照ください。


発注

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/01 08:51 UTC 版)

MiG-29K (航空機)」の記事における「発注」の解説

2004年12機のMiG-29K «9.41»と4機のMiG-29KUB «9.47»発注したのが最初で2009年11月から納入開始され2012年には全ての納入完了する。この納入に先立ち同年9月アドミラル・クズネツォフへでの試験実施された。 2010年2月より運用開始され同年3月15ドル当の契約を結び、29機のMiG-29K «9.41»追加購入されることになった2011年にMiG-29KUBが墜落したことでロシア同型機飛行停止インド航空機信頼性影を落としているとし追加MiG-29K注文調査結果が出るまで注文停止していたが、ロシアは、後でヒューマンエラー墜落引き起こしたことを発表し飛行停止となる必要はないとした。 2011年8月ミグ総合ディレクターのセルゲイ・コロトコフは、2004年契約した16機のう最後の5機について年末まで納入し29機のMiG-29K第二バッチ納入2012年開始する発表した2012年11月インド海軍のための試験完了した2015年には建造中の「ヴィクラント」の搭載機についてMiG-29K «9.41»選定されたことが報じられた。 2017年2月13日追加発注分を含めた全機納入完了したことが報告された。

※この「発注」の解説は、「MiG-29K (航空機)」の解説の一部です。
「発注」を含む「MiG-29K (航空機)」の記事については、「MiG-29K (航空機)」の概要を参照ください。


発注


発注

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/23 16:21 UTC 版)

新型コロナウイルス接触確認アプリ」の記事における「発注」の解説

開発工程管理業務維持は、パーソルプロセス&テクノロジー随意契約の3億9000万円受注し同社から8416万円日本マイクロソフトPMO支援技術支援)、9333万円FIXERクラウド監視)、1億9093万円エムティーアイ運用保守開発カスタマーサポート)の3社に再委託、さらにエムティーアイから3788万円イー・ガーディアン405万円でディザイアードに再々委託された。パーソルからの再委託契約金額94%の費用達しており、厚労省再委託比率を「原則2分の1未満」とする規定に反していた。濃厚接触通知APIオープンソース実装には他にCode for Japanの「まもりあいJAPAN」もあったが、オープンソースであるCOVID-19RadarをCOCOAベースとした。プログラム自体は、日本マイクロソフト社員メインとした民間IT技術者有志結成したオープンソースコミュニティーCOVID-19 Radar Japan」が開発しパーソルプロセス&テクノロジー引き継いで維持調整行っている。また開発者個人ブログにて明記されている。6月15日Microsoft開発する報道されマイクロソフトはこの報道否定したが、実際には複数社員COVID-19 Radar JapanとしてCOCOAベースアプリの開発行いマイクロソフト自身COVID-19 Radar Japan支援し、また厚労省アプリ発注先であるパーソル下請けとして技術支援をしていたことが判明している。 なお、パーソルプロセス&テクノロジー同社社員が「Microsoft MVP アワード」にて「Microsoft MVP アワード Microsoft Azure 部門」を2年連続受賞FIXERも「マイクロソフトジャパンパートナーオブザイヤー2019」にて「Financial Servicesアワード最優秀賞2年連続受賞するなどマイクロソフト関係が深いパートナー企業である。

※この「発注」の解説は、「新型コロナウイルス接触確認アプリ」の解説の一部です。
「発注」を含む「新型コロナウイルス接触確認アプリ」の記事については、「新型コロナウイルス接触確認アプリ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「発注」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

発注

出典:『Wiktionary』 (2021/10/20 09:26 UTC 版)

名詞

はっちゅう

  1. 注文を出すこと。

動詞

活用

サ行変格活用
発注-する

対義語


「発注」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「発注」に関係したコラム

  • FXの口座明細の証拠金や維持率とは

    FX(外国為替証拠金取引)の口座明細には、証拠金や維持率のような専門用語が使われています。ここでは、それらの用語の意味や計算方法について解説します。建玉可能金額(たてぎょくかのうきんがく)新規に建玉(...

  • CFDの取引をデモ口座で体験するには

    CFDの取引をデモ口座で体験するには、デモ口座を提供しているCFD業者に登録する必要があります。ここでは、GCIフィナンシャルの提供するデモ口座を使ってCFDの取引を体験してみます。GCIフィナンシャ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

発注のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



発注のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの注文 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヴォーリャ (戦艦) (改訂履歴)、216型潜水艦 (改訂履歴)、A26型潜水艦 (改訂履歴)、COMAC C919 (改訂履歴)、ハヴォック級駆逐艦 (改訂履歴)、G-1級潜水艦 (改訂履歴)、空飛ぶクルマ (改訂履歴)、会計ソフトウェア (改訂履歴)、開陽丸 (改訂履歴)、ハウス・オブ・カード 野望の階段 (改訂履歴)、MiG-29K (航空機) (改訂履歴)、ネットジェッツ (改訂履歴)、新型コロナウイルス接触確認アプリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの発注 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS