南北朝時代_(日本)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 南北朝時代_(日本)の意味・解説 

南北朝時代 (日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/29 05:01 UTC 版)

南北朝時代(なんぼくちょう じだい)は、日本の歴史区分の一つ。建武の新政の崩壊を受けて足利尊氏が新たに光明天皇北朝側)を擁立したのに対抗して京都を脱出した後醍醐天皇南朝側)が吉野行宮に遷った1336年延元元年/建武3年)から、南朝第4代の後亀山天皇が北朝第6代の後小松天皇譲位するかたちで両朝が合一を見た1392年元中9年/明徳3年)までの、56年間をいう。また両朝の並立はひとえに後醍醐天皇の皇位に対する執念が生み出したものであることから、彼を中心に歴史が動いた南北朝時代の序章とでもいうべき1331年(元弘元年)の元弘の乱から建武新政の終焉に至る5年間もまたこの時代に含めるのが一般的である。




[ヘルプ]
  1. ^ のちには大和国賀名生・摂津国住吉・山城国男山八幡・河内国金剛寺などを転々とする
  2. ^ 後醍醐天皇の記録としての在位期間は文保2年(1318年)2月26日 - 延元4年(1339年)8月15日
  3. ^ 実際には国衙領はわずかしかなかった


「南北朝時代 (日本)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「南北朝時代_(日本)」の関連用語

南北朝時代_(日本)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

コモンセージ

アピストグラマ・アガシジィ ブルー

縫製シート

ラッパモク

そろばん玉石

VIERA®ケータイ P905iTV

フレンチロースト

MARTY





南北朝時代_(日本)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの南北朝時代 (日本) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS