惣とは?

そう【×惣】

室町時代農村自治組織名主の中から選ばれた乙名(おとな)・年寄沙汰人(さたにん)などを中心に寄合によって掟(おきて)を定め入会地(いりあいち)・灌漑(かんがい)用水などの共同管理年貢納入の請け負いを行った。惣村(そうそん)。惣中


そう【×惣】

人名用漢字] [音]ソウ(漢)

全部をまとめる。すべる。すべて。「惣菜(そうざい)・惣領

[補説] 「総」と通用

名のりのぶ・ふさ・おさむ・みち


そう【総・綜・惣】

1 〔名〕

すべてのもの。あらゆるもの。全体。→そうに(総━)。

玉葉治承五年(1181)二月八日「以越中平朝臣盛俊、宜丹波国庄園下司

源平盛衰記14C前)三五「汝は大勢の川を渡(わたさ)ん時、総(ソウ)を力にして渡るべし」

② (惣) 南北朝以後農民村落共通の利益を守るために名主層から選ばれた乙名(長)・年寄中心として結合した村落共同体寄合をひらき、村の掟をつくり、入会地灌漑用水管理自衛犯罪防止などを行ない違反者には制裁加えた。近世には、幕府大名による農民統制組織へと変質した。惣村惣中

菅浦文書貞和二年(1346)九月近江菅浦惣村置文「惣のしゅんしをととめらるべく候。よんて所のおきふみの状如件」

上の衣(きぬ)。

大乗院寺社雑事記寛正六年(1465)一二月二五日総一日野借用、遣之了」

2 (総) 上総国下総国の略。

3 〔接頭〕 漢語名詞の上に付いて、すべおさめる、すべてその状態にある、また、そのすべてを含む意などを表わす。「総大将」「総収入」など。


読み方:ソウsou

中世自治的な村組織。


読み方:ソウsou

所在 京都府宮津市


読み方:ソウsou

所在 岡山県真庭市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

惣村

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/12 12:05 UTC 版)

惣村(そうそん)は、中世日本における百姓自治的・地縁的結合による共同組織(村落形態)を指す。(そう)ともいう。


  1. ^ 『耕地と集落の歴史 - 香取社領村落の中世と近世』文雅堂銀行研究社、1969年3月。


「惣村」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 19:24 UTC 版)

発音

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「惣」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

惣のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



惣のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの惣村 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS