称光天皇とは?

しょうこう てんのう しようくわうてんわう 【称光天皇】 ○

1401~1428第一一代天皇在位14121428)。名は実仁(みひと)。後小松天皇皇子

称光天皇

読み方しょうこうてんのう

百一天皇後小松天皇第一皇子、母は日野資国の娘光範門院資子。名は躬仁、のち実仁。後小松天皇より受禅し、仏法厚く帰依した。在位中は父院の院政が続いた。正長元年1428崩御28才。

稱光天皇 深草北陵
(しょうこうてんのう ふかくさのきたのみささぎ)

御陵写真 陵印
代   数 :第101
天 皇 名 :稱光天皇
しょうこうてんのう
御   父 後小松天皇
御   母 光範門院藤原資子
御 陵 名 深草北陵
ふかくさのきたのみささぎ
陵   形 方形
合   葬 後深草天皇合葬
所 在 地 京都府京都市伏見区深草坊町
交通機関等 京阪藤森下車  東へ1km
陵印保管場所 桃山陵墓監区事務所

称光天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/08 22:16 UTC 版)

称光天皇(しょうこうてんのう、1401年5月12日応永8年3月29日[1]) - 1428年8月30日正長元年7月20日)は、室町時代の第101代天皇(在位: 1412年10月5日応永19年8月29日) - 1428年8月30日正長元年7月20日)。ははじめ躬仁(みひと)、のち実仁(みひと)に改めた。




出典

  1. ^ a b c d e 伊藤喜良 著『人物叢書‐足利義持』吉川弘文館、2008年、p.59
  2. ^ 伊藤喜良 著『人物叢書‐足利義持』吉川弘文館、2008年、p.24
  3. ^ 吉田・220 頁
  4. ^ a b c 伊藤喜良 著『人物叢書‐足利義持』吉川弘文館、2008年、p.168
  5. ^ 吉田・220 頁
  6. ^ 吉田・220頁
  7. ^ 吉田・220 頁
  8. ^ 『本朝皇胤紹運録』『薩戒記』
  9. ^ 吉田・221 頁
  10. ^ a b c 伊藤喜良 著『人物叢書‐足利義持』吉川弘文館、2008年、p.169
  11. ^ 吉田・220頁
  12. ^ 伊藤喜良 著『人物叢書‐足利義持』吉川弘文館、2008年、pp.170-171
  13. ^ 吉田・248 頁
  14. ^ 吉田・248 頁
  15. ^ 伊藤喜良 著『人物叢書‐足利義持』吉川弘文館、2008年、p.177
  16. ^ 吉田・249頁
  17. ^ 伊藤喜良 著『人物叢書‐足利義持』吉川弘文館、2008年、p.171
  18. ^ a b c 伊藤喜良 著『人物叢書‐足利義持』吉川弘文館、2008年、p.172
  19. ^ a b 伊藤喜良 著『人物叢書‐足利義持』吉川弘文館、2008年、p.173
  20. ^ a b 伊藤喜良 著『人物叢書‐足利義持』吉川弘文館、2008年、p.174
  21. ^ 吉田・248-249頁
  22. ^ 「後花園天皇」『朝日日本歴史人物事典』
  23. ^ 伊藤喜良 著『人物叢書‐足利義持』吉川弘文館、2008年、p.167
  24. ^ 看聞日記』応永23年6月19日条
  25. ^ 看聞日記』応永25年7月14日条から19日条
  26. ^ 吉田・248-249頁

註釈

  1. ^ 当時の公家の日記には「禁裏御不予」(天皇の病気)の記載が多く見られる。
  2. ^ 天皇が琵琶法師を内裏に招いて平家物語を聞こうとしたのであるが、上皇が天皇の行為を前例がないと反対した事から始まり、天皇も上皇が仙洞で先例が無いことをたびたび行ない、下劣な身分を昇殿させていると反論し、「院中において先例なき題目(事柄)はことごとく停止せらるべきなり」と使者の万里小路時房を怒鳴りつけ、さらに「帝位についているが、一事も院(上皇)の御心に叶わず、ことに禁中が窮迫して致し方ない上は、在位に全く執心しません。国の事はしかるべき様に御計らい下さい。我が身においては、天皇の位を辞し申します」と書面を上皇に送付した。(『薩戒記』)
  3. ^ 天皇が重篤から回復した後、天皇に貞成が呪詛した事が病気の原因であると讒訴した者があり、これが原因で天皇と貞成が対立したためともされる。なお、讒言した者は南朝・大覚寺統関係者でのちに処罰された(『看聞日記』)
  4. ^ 御葬送路のため五条河原に浮き橋を渡すと云々、これ入道内相府(義持)の命と云々。


「称光天皇」の続きの解説一覧



称光天皇と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「称光天皇」の関連用語

称光天皇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



称光天皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
宮内庁宮内庁
Copyright © 2019 Imperial Household Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの称光天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS