正親町天皇とは?

おおぎまち‐てんのう〔おほぎまちテンワウ〕【正親町天皇】

[1517~1593]第106天皇在位1557~1586。後奈良天皇の第2皇子。名は方仁(みちひと)。弘治3年(1557)践祚(せんそ)。毛利元就(もうりもとなり)父子献上金で、永禄3年(1560)になって即位。のち、織田信長豊臣秀吉援助を受けて、皇室の諸儀式回復努力


正親町天皇

読み方おおぎまちてんのう

第百六代天皇後奈良天皇第一皇子、母は万里小路賢房の娘吉徳門院栄子。名は方仁。毛利元就援助即位礼挙行織豊政権最盛期に、皇室権威維持に努めた。また三条西公条・実和歌古典指導を受け、和歌御会等の開催にも積極的であった。文禄2年(1593)崩御77才。

正親町天皇 深草北陵
(おおぎまちてんのう ふかくさのきたのみささぎ)

御陵写真 陵印
代   数 :第106
天 皇 名 :正親町天皇
おおぎまちてんのう
御   父 後奈良天皇
御   母 贈皇太后榮子
御 陵 名 深草北陵
ふかくさのきたのみささぎ
陵   形 方形
合   葬 後深草天皇合葬
所 在 地 京都府京都市伏見区深草坊町
交通機関等 京阪藤森下車  東へ1km
陵印保管場所 桃山陵墓監区事務所

正親町天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/22 05:20 UTC 版)

正親町天皇(おおぎまちてんのう、1517年6月18日永正14年5月29日〉 - 1593年2月6日文禄2年1月5日〉)は、日本の第106代天皇(在位:1557年11月17日弘治3年10月27日〉 - 1586年12月17日天正14年11月7日〉)。方仁(みちひと)。




注釈

  1. ^ 毛利元就は即位料・御服費用として総額2,059貫400文を進献し[2]、正親町天皇は、元就に褒美として従四位下陸奥守毛利氏の祖先・大江広元が陸奥守だった)という官位を授け[3]、皇室の紋章であるの模様を毛利家の家紋に付け足すことを許可した[4]。また後年、元就後裔の毛利元徳を藩主とする長州藩が帝国政府を樹立した後の明治41年(1908年)、この功績により元就に正一位が贈位された。

出典

  1. ^ シロニー, p.137(第4章「非力で女性的な天皇像」、9「ソフトで柔弱な君主たち」).
  2. ^ 宮本義己「戦国大名毛利氏の和平政策―芸・雲和平の成立をめぐって―」『日本歴史』367号、1978年。
  3. ^ 三卿伝編纂所編、渡辺世祐監修『毛利元就卿伝』(マツノ書店1984年)394頁
  4. ^ シロニー, p.137 さらに同書は以下を出典としている。
    永井路子ほか「武家政権はなぜ天皇を立て続けたのか」『月刊現代』2月号、1992年、 278頁。
  5. ^ シロニー, p.147(第4章「非力で女性的な天皇像」、10「非力な天皇の秘めたる強さ」、「ふたりの元首―信長と正親町天皇」)
  6. ^ 今谷明『信長と天皇―中世的権威に挑む覇王』講談社〈講談社現代新書〉、1992年。/〈講談社学術文庫〉、2002年。
  7. ^ シロニー, p.146(第4章10「ふたりの元首―信長と正親町天皇」)
  8. ^ 田中義成『足利時代史』明治書院、1923年。
    松本清張、今谷明「天皇になろうとした男、足利義満」『朝日ジャーナル』3月15日号、1991年。
    Akira Imatani & Kozo Yamamura, 'Not for Lack of Will or Wile: Yoshimitsu's Failure to Supplant the Imperial Lineage' Journal of Japanese Studies, vol.18, No.1 (Winter 1992), pp. 45-78.
    Bob T. Wakabayashi, 'In Name Only: Imperial Sovereignty in Early Modern Japan', Journal of Japanese Studies, vol.17, No.1 (Winter 1991), p.38.
  9. ^ 豊臣秀次宛「二十五箇条の覚書」(前田尊経閣文庫蔵)


「正親町天皇」の続きの解説一覧



正親町天皇と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「正親町天皇」の関連用語

正親町天皇のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



正親町天皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2021 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
宮内庁宮内庁
Copyright © 2021 Imperial Household Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの正親町天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS