顕如とは?

けんにょ 【顕如】 ○

1543~1592安土桃山時代浄土真宗の僧。本願寺一一世。諱(いみな)は光佐石山本願寺生まれ一二歳で住持となる。1570年より織田信長10年わたって戦ったが、勅命によって和議し、紀伊に移った。やがて大坂戻り豊臣秀吉から寄進された京都堀川の地に移り本願寺、のちの西本願寺造営した。

顕如

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/07 17:36 UTC 版)

顕如(けんにょ、正字体顯如)は、戦国時代から安土桃山時代浄土真宗浄土真宗本願寺派第11世宗主、真宗大谷派第11代門首。石山本願寺住職。




注釈

  1. ^ グレゴリオ暦換算。1582年10月14日以前の暦はユリウス暦だが、本願寺派ではグレゴリオ暦で遡った生年を用いていることに準拠。
  2. ^ 庭田重親の母・祐心は、本願寺第8世・蓮如の十女。証如の父母も双方蓮如の孫であるため、顕如は三つの血統から蓮如の血を引く。
  3. ^ 如春尼の実父は三条公頼だが、本願寺との縁戚関係の構築を望む細川晴元の意向により、晴元の猶子となった。その後さらに六角定頼の猶子となっていた。また、顕如の猶父である九条尚通の義父三条西実隆(顕如には義理の外祖父に相当する)は三条家の分家の出身であり、本願寺との縁戚関係の強化を望む九条尚経の関与も指摘されている。[1]
  4. ^ 細川晴元は六角定頼の娘婿であり、両者はかつて享禄の錯乱の際に連合して山科本願寺を焼き払った。その後の政情の変化によって本願寺との和解に迫られた両者は、顕如誕生の翌年には証如に縁談を持ちかけており父親の証如を困惑させているが最終的にこれに応じた(『天文日記』天文13年7月26・30日・閏11月7日・天文15年6月22日各条)[2]
  5. ^ 斯波義銀の実弟である蜂屋謙入の誤伝とする説もある[6]
  6. ^ 蓮如十男・実悟の長子。

出典

  1. ^ a b 水野智之「足利義晴~義昭における摂関家・本願寺と将軍・大名」(初出:『織豊期研究』12号(2010年)/所収:久野雅司 編著『シリーズ・室町幕府の研究 第二巻 足利義昭』(戒光祥出版、2015年)ISBN 978-4-86403-162-2
  2. ^ 水野智之『室町時代公武関係の研究』(吉川弘文館、2005年) ISBN 978-4-642-02847-9 P253-257・320-321)
  3. ^ 太田光俊「本願寺〈門跡成〉と〈准門跡〉本願寺」永村眞 編『中世の門跡と公武権力』(戎光祥出版、2017年) ISBN 978-4-86403-251-3
  4. ^ 『完訳フロイス日本史』5 第4章「大坂城と新市街の建設について」
  5. ^ 『完訳フロイス日本史』5 第13章「薩摩国に対抗し、関白が下(しも)の地方へ向かい出発したことについて」
  6. ^ 木下聡「斯波氏の動向と系譜」(所収:木下聡 編著『シリーズ・室町幕府の研究 第一巻 管領斯波氏』(戒光祥出版、2015年)ISBN 978-4-86403-146-2
  7. ^ 鍛代敏雄「摂津中島本願寺寺内町考」(初出:『地方史研究』206号(1987年)/所収:『中世後期の寺社と経済』(思文閣出版、1999年)第二編第四章「寺内町の解体と再編」)


「顕如」の続きの解説一覧



顕如と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「顕如」の関連用語

顕如のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



顕如のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの顕如 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS