顕悟とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 顕悟の意味・解説 

顕悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/18 13:26 UTC 版)

顕悟(けんご)は、戦国時代浄土真宗の僧侶。河内願得寺2世住持。


  1. ^ 「清沢願得寺系図」による。「大谷嫡流実記」によると天文4年(1535年)生まれとなる。
  2. ^ 「清沢願得寺系図」による。「大谷嫡流実記」によると天文22年(1553年)に得度とある。
  3. ^ この合戦で戦没したという記述(願得寺境内掲示)もあるが他史料との整合性は合わない。それによれば首級は野江に晒されたが、門徒であった梶山重左衛門・岩井利右衛門・長尾甚兵衛の3人が首級を奪還し、顕如らの元へ持ち帰ったという。


「顕悟」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「顕悟」の関連用語

顕悟のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



顕悟のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの顕悟 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS